JFA.jp

JFA.jp

EN

U-21日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2023年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-23フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-21 2022年 > 国際親善試合 TOP > 最新ニュース一覧 > U-21日本代表 スペイン戦を翌日に控えて公式練習を実施

ニュース

U-21日本代表 スペイン戦を翌日に控えて公式練習を実施

2022年11月18日

U-21日本代表 スペイン戦を翌日に控えて公式練習を実施

U-21日本代表は17日(木)、U-21スペイン代表との国際親善試合を翌日に控え、試合会場のEstadio La Cartujaで1時間の公式練習を行いました。

19時開始の公式練習から遡ること数時間、UAE/ドバイでは兄貴分であるSAMURAI BLUE(日本代表)がFIFAワールドカップカタール2022開幕前、最後の強化試合となるカナダ戦に臨んでいました。U-21日本代表はこの試合をインターネット経由で視聴、応援していましたが、結果はあいにく逆転を喫して1-2と敗戦。今年3月のチーム立ち上げ以来、「SAMURAI BLUE経由パリオリンピック」を掲げているU-21世代からは、すでにSAMURAI BLUEに定着していた久保建英選手以外に選出されることはありませんでした。

4年後の自分に重ねて意識を高めた選手たちは、与えられた1時間のピッチ上での練習時間を無駄にすることのないよう、ロッカー付近で事前に体を動かし、ピッチ入り直後からは出力最大でトレーニングに励みました。前日にすでに同会場でトレーニングを行っているため、芝生や地面の感触、距離の感覚、音の反響などはすでに体験済みで、その上で実戦形式のトレーニングメニューを消化しながら試合に向けて仕上げていきます。11対11を終えると事前のミーティングでもトピックとなったコーナーキックとフリーキックに時間を割き、立ち位置や走り込むスペース、狙うフィニッシュの形などを攻守に細かく全員で共有しました。

大岩剛監督は練習後に全員を集めると、「23人全員に果たすべき役割があって、そこの頑張りが自分に、そしてチームに返ってくる」と話し、相手役として攻める・守る選手たちがトレーニングの質を高めていることを話しました。「今回のワールドカップには選ばれずに悔しい思いだろうが、4年後はみんなが主役になっていないといけない。4年なんてあっという間だぞ」と続け、「明日戦うスペインは同じ年代。4年後のワールドカップで勝たなければいけない相手」と、同世代のライバルを相手に「経験しに来たんじゃないぞ。勝つんだ」と発破をかけてトレーニングを終えました。

U-21日本代表対U-21スペイン代表は、18日(金)現地時間20時(日本時間翌朝4時)キックオフ予定です。

選手コメント

DF #2 半田陸 選手(モンテディオ山形)
シーズンが終わって少し休みを挟んでからまた厳しいトレーニングを積んできたので、身体はだいぶ動いています。リーグから切れ目なく代表チームの活動が続くのはモチベーションになりましたし、心も体もリラックスしてからまたトレーニングをしてきて、ここまで良い準備ができていると思います。千葉での2日間のトレーニングでは紅白戦をやったり、セットプレーを含めて選手それぞれが自分の役割をしっかりと理解できていますし、その中で個々が自身の特長を出せていて、1回の練習、1回の遠征で細かい部分までしっかりと積み上げられていると感じています。スペイン、ポルトガルには、自分が所属しているJ2リーグでは対戦できないようなウィング、サイドバックの選手がいるので、そうした選手と対峙するのはすごく楽しみですし、そこで自分がどれだけ通用するのか、できるのかにチャレンジするのも楽しみです。(9月の)イタリア戦は、うまくいかないときに試合の中ですぐに修正はできませんでしたが、そこは学んだものもあるので、明日の試合でもやられる時間や場面があってもすぐにその直後の対応から変えていけるようにしたいです。

MF #18 斉藤光毅 選手(スパルタ・ロッテルダム/オランダ)
スペインもポルトガルも“強豪国”と言われていますが、そういった先入観は持たずに、純粋に自分たちのサッカーができればいいと思っています。リスペクトし過ぎる必要はまったくないと思いますし、自分たちのほうがレベルは上という気持ちで挑まないといけないと思います。前回の遠征で、イタリア戦の前半で少しうまくいかない部分が見えてきましたが、スピードや力強さに対する慣れも出てきて、これから更に積み上げていければこれまで以上のパフォーマンスを出すことができると思うので、もっともっと積み上げていきたいです。個人的には、ここのところゴールを奪えていないので、点をとりたいです。

FW #9 藤尾翔太 選手(徳島ヴォルティス)
J2リーグのシーズンが早めに終わって、そこから自チームでトレーニングを積んできました。
代表チームで集まって、強度が上がる環境で数日経っているので、試合を控えて仕上がってきている実感があります。
前回の欧州遠征でも、試合の中でゴールを決めるチャンスは必ず来ますし、イタリア戦ではそのチャンスを生かして得点できました。今回の2試合でもチャンスをものしてゴールを奪いたいです。
このチームが立ち上がった時から継続して取り組んできたプレッシングやポジショニングをこの活動を通じて熟成させていければと思います。

国際親善試合

2022年11月18日(金) 20:00 キックオフ予定(日本時間 11月19日(土) 4:00)vs U-21スペイン代表
会場:Estadio La Cartuja(スペイン/セビージャ)

2022年11月22日(火) 19:15 キックオフ予定(日本時間 11月23日(水) 4:15)vs U-21ポルトガル代表
会場:Estádio Municipal de Portimão(ポルトガル/ポルティマン)

大会情報はこちら

アーカイブ
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー