JFA.jp

JFA.jp

EN

U-18日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-18 2019年 > U-19 International Tournament "Copa del Atlantico" TOP > 最新ニュース一覧 > U-18日本代表スペイン遠征 大会初戦を勝利で飾る~U-19 International Tournament "Copa del Atlantico"~

ニュース

U-18日本代表スペイン遠征 大会初戦を勝利で飾る~U-19 International Tournament "Copa del Atlantico"~

2019年02月06日

U-18日本代表スペイン遠征 大会初戦を勝利で飾る~U-19 International Tournament

"Copa del Atlantico" 第1戦 vs. U-18カナリア諸島選抜
2019年2月5日(火) キックオフ時間16:00(現地時間) 試合時間90分(45分×2本)
Municipal de Maspalomas(スペイン・カナリア諸島)

U-18日本代表 2-1(前半2-0、後半0-1)U-18カナリア諸島選抜

得点
23分 松橋優安(U-18日本代表)
25分 小田裕太郎(U-18日本代表)
47分 失点(U-18カナリア諸島選抜)

スターティングメンバー
GK:三井大輝
DF:中村拓海、山﨑大地、馬場晴也、植松建斗
MF:小田裕太郎、松岡大起、中山陸、山本理仁、松橋優安
FW:櫻川ソロモン

サブメンバー
GK:板橋洋青
DF:西尾隆矢、井上樹
MF:岩本翔、松村優太、松本凪生
FW:藤尾翔太、染野唯月

交代
HT 三井大輝 → 板橋洋青
69分 山﨑大地 → 西尾隆矢
69分 松橋優安 → 藤尾翔太
82分 中村拓海 → 井上樹
87分 櫻川ソロモン → 染野唯月
87分 中山陸 → 松村優太

マッチレポート

スペイン・カナリア諸島で「U-19 International Tournament "Copa del Atlantico"」が開幕しました。U-18日本代表は5日(火)、初戦で地元U-18カナリア選抜と対戦し、2‐1で勝利し幸先良いスタートを切りました。

U-18カナリア選抜は、日本代表で活躍する柴崎岳選手が一昨年まで所属していたCDテネリフェやリーガ・エスパニョーラ2部のUDラス・パルマスに所属する選手中心で構成されており、過去の大会ではスペイン代表をも破ったことがある強豪チームで、毎年日本代表とは初戦で対戦し、接戦を演じています。

試合前、影山雅永監督から「スペインはテクニックが上手いイメージあるが、今日の相手は全く異なるイメージで、相当フィジカルが強い。最初のプレー含め、必ず思いきりいくこと」と背中を押された選手は立ち上がりから積極的に前線からボールを奪いにいきます。しかし、想像通り相手のフィジカルは強く、素早くサイドにボールを動かしながら、推進力を活かした相手の攻撃に試合序盤は押し込まれる展開が続きます。5分、右サイドを突破され、決定的なシュートを打たれますが、シュートは僅かに外れます。その後も、日本はショートパスからのパスミスが目立ち、ボールを簡単に奪われる場面が増えていきます。それでも日本は12分、最初のFKを得ると、クリアボールをMF小田裕太郎選手が拾いロングシュートを放ちますが、シュートはゴールラインで相手DFが辛うじてヘディングでクリア、得点はなりません。

その後も日本ではなかなか見られない激しい球際での攻防が続く中、日本は一瞬の閃きからチャンスを作ります。23分、ハーフウェーラインでボールを受けたMF山本理仁選手がふわりと前線へ絶妙なスルーパスを送ると、MF松橋優安選手が斜めに走りながら巧みにボールを収め、シュートを流し込み先制点を奪います。さらに25分、MF中山陸選手が中央でボールを上手く運び出し、前線へ見事なスルーパスを送ると、ボールを受けたMF小田裕太郎選手が、鋭いドリブルで相手を交わし、冷静にゴールを決めて追加点を奪います。その後は、粘り強く守備陣が体を張りピンチも何とか防ぎ、前半は2-0で終了します。

後半序盤、相手の猛攻撃を許します。46分、相手のロングボールを上手く相手FWがキープし、そのまま2人程入れ替わるように交わされて、1点を返されてしまいます。さらに勢いに乗った相手に49分、FKの競り合いからPKを与えてしまいます。しかし、PKを後半から出場したGK板橋洋青選手が見事にストップし、同点ゴールを許しません。その後も我慢の時間が続きます。落ち着くべき所を相手に合わせてしまい、なかなかリズムが作れません。67分には、右サイドを破られ、クロスから決定的なシュートを打たれますが、再び板橋選手が防ぎます。日本も突き放すべく、75分CKの混戦から、FW藤尾翔太選手が決定機を迎えますが、相手GKのファインセーブに合います。その後はラフプレーが目立つ展開となりましたが、日本は最後まで集中力を切らさず、時間を上手く使いながら2-1で逃げ切り、大事な初戦を飾りました。明日6日(水)は、この日U-18スペイン代表に1-3で敗戦したU-18セルビア代表と対戦します。

選手コメント

GK #12 板橋洋青 選手(サガン鳥栖U-18)
昨年に引き続き日本代表に招集されて、今回が初の海外遠征である新しいU-18日本代表に招集していただいて、嬉しく思います。今大会初戦ということで、後半45分出場して、自分は結果にこだわりたいと思ってピッチに立ちました。相手が猛攻撃をしてくるとわかっていて、1分も経たないうちに1失点してしまい、本当に力の無さが出たと思います。前半は無失点、後半は1失点これが結果だと思います。ただ、PKを何とか止めて、相手のリズムを少し抑えられたことは成果だと思います。この結果にこだわっていけるように、明日の試合から違いを見せられるようにプレーしたいです。この素晴らしい相手と対戦し、今後に活かせるように多くのことを感じたいと思います。

DF #3 山﨑大地 選手(サンフレッチェ広島ユース)
新しく立ち上がったU-18日本代表に選ばれて素直に嬉しく思います。招集されて満足するのではなく、結果を求めてやっていきたいと思っています。両足ロングボールが正確に蹴れる、自分の長所はどんどん発揮していこうと試合前から意識していました。その中で蹴るだけでなく、持ち運んで縦パスを入れることを積極的にチャレンジしようと思いました。特に今日2点目で、FW櫻川ソロモン選手がDFの背後を取ることによって、MF中山陸選手がフリーになることはわかっていて、そこをずっと狙っていたので、得点に繋がり良かったです。しかしセンターバックとして、後半立ち上がりの失点は防ぎたかったです。個人もそうですし、チームとしても厳しい時間帯があったので、修正して、次の試合に挑みたいと思います。チームのコンセプトである、走る、コミュニケーション、切り替えは徹底していきたいです。常に喋り続けてチームをまとめていきたいです。残りセルビア、スペイン、両チームを倒して優勝を狙っていきたいです。決して簡単な試合にはならないと思いますが、チーム一丸となって戦いに挑みたいです。

DF #4 馬場晴也 選手(東京ヴェルディユース)
今回U-18日本代表に招集されて、大変嬉しく思います。本日の試合は、トレーニング時間が少ない中、前半は良い形で攻撃ができていたと思います。後半は立ち上がりから前に力をもってくる相手に対して、受け身となり主導権を握れず、ピンチを迎える場面が多かったです。既にプロリーグで戦っている選手が多い、セルビアやスペインに対して自分は何が通用し、何が通用しないのかを身をもって感じたいです。連戦ですが集中力を切らさず勝利に貢献したいです。そしてこの大会を優勝という最高の形で終え、自分のチームの成長に繋げたいです。

MF #8 小田裕太郎 選手(ヴィッセル神戸U-18)
立ち上げのU-18日本代表活動に呼ばれて嬉しいですし、同時に自分を思い切りアピールしてどんどんチャレンジしていきたいと思いました。本日のU-18カナリア選抜との試合では、勝利できたのは良かったですが、後半の入りの部分など課題も出ました。個人的にはゴールに向かっていく味方との連携を試合が進むに連れて徐々に良くなっていけたことは収穫です。しかし、もっとゴールに貪欲になって2点、3点取ってチームを楽にさせてあげないといけないと感じました。この遠征では欧州の素晴らしいチームと試合できる良い機会なので、自分の力を発揮して通用したこと、しなかったことを明確にしたいです。あと2試合、得点に絡むプレーを積極的にしてチームの勝利に貢献したいと思います。

MF #20 中山陸 選手(ヴァンフォーレ甲府)
今回新しく立ち上がったU-18日本代表のメンバーに選ばれてとても嬉しく感じています。今日の試合では、1アシストという結果は残せましたが、全体的にはミスもあり修正するところもたくさんありました。日本ではなかなか対戦できない相手とプレーして、非常にタフな相手で刺激的でした。今回の遠征では、チームコンセプトである素早い切り替え、どこよりも走る、コミュニケーション、という3つをさらに高める遠征にしていきたいと思います。また、明日の試合では、今日の反省点を修正できるよう、早く疲労をとって、いいイメージを持ってプレーしたいと思います。

スケジュール

U-19 International Tournament "Copa del Atlantico"
2月5日(火) 2-1 第1戦 vs U-18カナリア諸島選抜(Municipal de Maspalomas)
2月6日(水) 16:00 第2戦 vs U-18セルビア代表(Anex Gran Canaria Stadium)
2月7日(木) TBC トレーニング
2月8日(金) 18:30 第3戦 vs U-18スペイン代表(Anex Gran Canaria Stadium)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

U-19 International Tournament "Copa del Atlantico"

日程:2019/2/5(火)~2019/2/8(金)
会場:Municipal de Maspalomas、Anex Gran Canaria Stadium

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー