JFA.jp

JFA.jp

EN

U-17日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-17 2020年 > 最新ニュース一覧 > U-17日本代表 U-17マレーシア代表に勝利し決勝戦へ ~JENESYS2019 青少年サッカー交流大会~

ニュース

U-17日本代表 U-17マレーシア代表に勝利し決勝戦へ ~JENESYS2019 青少年サッカー交流大会~

2020年02月29日

U-17日本代表 U-17マレーシア代表に勝利し決勝戦へ ~JENESYS2019 青少年サッカー交流大会~

鹿児島県指宿市でJENESYS2019 青少年交流大会に参加しているU-17日本代表は、2月28日(金)にグループステージ最終戦のU-17マレーシア代表との試合(40分ハーフ)に臨みました。

4-4-2のフォーメーションで戦うマレーシア代表は、球際の激しさと気持ちを全面に押し出すプレーで、日本も前線にボールを収めることができません。それでもボールを素早く動かしながら、マレーシア守備陣の隙を狙います。7分にはMF松木玖生選手が左サイドを抜け出し、角度が無い所から強烈なシュートを放ちますが、惜しくも枠を外します。その後もサイド攻撃を中心に、クロスから惜しいチャンスを何度も作りますが、得点には至らず前半を終えます。

後半も両チーム運動量を維持したまま、球際の激しい攻防が続きます。日本が立て続けにコーナーキックやフリーキックを連続で獲得すると、空中戦を得意とするチェイスアンリ選手が高い打点で合わせますが、これも枠をとらえられません。
日本はFW真家英嵩選手と、DF清水和馬選手を同時に投入すると、この2人から決勝点が生まれます。日本はスピードのあるパス回しから右サイドを崩すと、DF清水選手が精度の高いクロスを入れると、FW真家選手が下がりながらの難しいヘディングを決め、待望の先制点を奪います。試合はそのまま日本が主導権を握り終盤を迎えますが、徐々にヒートアップしたマレーシア代表のラフプレーが目立ち始め、終了間際にマレーシアの選手2人が退場するなど荒れた展開になります。そんな中でも、日本の選手達は「冷静さを失わないように」と互いに声を掛け合い、1-0で勝利しました。

翌日はU-19東ティモール代表との決勝戦に臨みます。

選手コメント

DF #16 清水和馬 選手(静岡学園高)
今日のマレーシア戦では、お互いなかなか点が入らない中で、自分の武器の一つである精度の高いクロスから決勝点をアシストすることができてよかったです。1試合目も同じ形からアシストすることができ、今回の合宿でこのレベルでも自分の武器が通用することが分かったので自チームに戻ってもこの武器をさらに磨いていきたいです。
まだ細かいパスミスや、判断の遅れなどの課題もあるので、これから改善していきたいです。明日の決勝ではこの合宿で学んだ、考えてプレーすること、全体をよく見ること、守備の時のポジショニングなどを意識してチームとしても個人としてもいい形で勝利し、優勝できたら嬉しいです。

FW #9 福田師王 選手(神村学園中)
今日のマレーシア戦では引いてくる相手に対して、どう攻略するかが難しく、前半はシュートまで持っていくことができませんでした。もっとボールの引き出し方を工夫し、たくさんボールを相手の嫌なゾーンで受けられるようにしていきたいです。
今日のような点の入らない試合で、試合を決められる選手になっていきたいです。
今回の活動で、判断の遅さなどの課題も見つかったので、日々のトレーニングから周りを見ることを意識し、改善していきたいです。

FW #11 真家英嵩 選手(柏レイソルU-18)
今日の試合は、スコアが0-0の中で途中出場という難しい状況でしたが、絶対に自分が決めて勝利するという気持ちで入りました。
右サイドの清水選手から良いクロスが上がってきて、少し遠かったですがボールの勢いを生かしてゴール隅に狙った通りに飛び、得点を決めることができたので良かったです。その後は相手のラフプレーがすごく増えていったのですが、しっかりチーム内で落ち着いてどうプレーすれば良いか等を話し合うことが出来たので良かったです。
最終戦も勝利し、優勝できるように、チーム一丸となってやっていきたいと思います。

スケジュール

2月24日(月) AM/PM トレーニング
2月25日(火) AM/PM トレーニング
2月26日(水) 7-1 第1戦 vs 鹿児島県高校選抜U-18(指宿いわさきホテルサッカー場)
2月27日(木) 2-1 第2戦 vs U-19ラオス代表(指宿いわさきホテルサッカー場)
2月28日(金) 1-0 第3戦 vs U-17マレーシア代表(指宿いわさきホテルサッカー場)
2月29日(土) 14:00 第4戦 決勝 vs U-19東ティモール代表(指宿いわさきホテルサッカー場)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

JENESYS2019 青少年サッカー交流大会 概要

日程:2月26日(水)~2月29日(土)
会場:指宿いわさきホテル サッカー場(鹿児島県指宿市)
参加チーム:ASEAN 4ヶ国(カンボジア、ラオス、マレーシア、ミャンマー)、東ティモールのU-17~U-19代表、U-17日本代表、鹿児島県高校選抜U-18、鹿児島ユナイテッドFC U-18の8チーム

U-17日本代表 今後の活動予定

5月24日(日)~5月27日(水) 国内トレーニングキャンプ(福島/Jヴィレッジ)
9月16日(水)~9月22日(火・祝) 第24回国際ユースサッカー in 新潟
10月~12月調整中 海外遠征(未定)
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー