JFA.jp

JFA.jp

EN

U-17日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-17 2020年 > 最新ニュース一覧 > U-17日本代表 U-19ラオス代表との第2戦に2-1で勝利 ~JENESYS2019 青少年サッカー交流大会~

ニュース

U-17日本代表 U-19ラオス代表との第2戦に2-1で勝利 ~JENESYS2019 青少年サッカー交流大会~

2020年02月28日

U-17日本代表 U-19ラオス代表との第2戦に2-1で勝利 ~JENESYS2019 青少年サッカー交流大会~

JENESYS2019 青少年交流大会 vs. U-19ラオス代表
2020年2月27日(木) キックオフ時間14:00 試合時間80分(40分×2本)
指宿いわさきホテル

U-17日本代表 2-1(前半1-1、後半1-0)U-19ラオス代表

得点
17分 豊田晃大(U-17日本代表)
23分 失点(U-19ラオス代表)
55分 豊田晃大(U-17日本代表)

スターティングメンバー
GK:黒川雷平
DF:松木玖生、工藤孝太、チェイスアンリ、屋敷優成
MF:清水和馬、豊田晃大、藤原健介、青木俊輔
FW:真家英嵩、東廉

サブメンバー
GK:高橋一平
DF:諏訪間幸成、波本頼、松田隼風
MF:安田虎士朗
FW:勝島新之助、福田師王

交代
HT 青木俊輔 → 安田虎士朗
HT 松木玖生 → 松田隼風
51分 東廉 → 勝島新之助
60分 清水和馬 → 福田師王

マッチレポート

鹿児島県指宿市でJENESYS2019 青少年サッカー交流大会に参加しているU-17日本代表は、2月27日(木)にグループステージ第2戦目のU-19ラオス代表との試合を戦いました。
最終日まで4連戦というハードなスケジュールも考慮し、前日の鹿児島県選抜戦から先発を7名入れ替えて試合に臨みます。

ラオス代表は5-4-1のフォーメーションで、自陣にブロックを作り守備を固めます。日本は圧倒的にボールを保持しながらも、なかなか相手ゴールに迫ることが出来ない展開が続きます。
試合を動かしたのは、この日キャプテンマークを巻いたMF豊田晃大選手でした。前半17分、相手DFラインの前でボールを受け素早くターンすると、遠い位置から相手ゴールキーパーの頭上を超える鮮やかなループシュートを決め、日本が先制します。
何とかラオスの固い守備を破った日本でしたが、すぐにラオスも反撃に出ます。カウンターからドリブルで切り込まれると、DFが寄せることができないままミドルシュートを決められ、早くも同点に追いつかれ前半を終了します。

後半に入り、日本はボールを保持し相手を揺さぶりながらゴールを目指しますが、相手の固い守備を崩すことができず、ペナルティエリアに侵入することができないまま試合が進みます。
拮抗した状況で勝負を決めたのはセットプレーでした。後半15分、コーナーキックにキャプテンの豊田選手がヘディングで合わせ、この日2得点目。ようやく2-1とリード奪います。
その後も、日本が大きな展開から相手の守備を揺さぶり、何度か決定機を作りますが得点には至らず。試合はそのまま終了、2-1で第2戦に勝利し、1試合を残しながらグループステージ首位が決定しました。

U-17日本代表は28日(金)にグループステージ第3戦となるU-17マレーシア代表戦に臨みます。

選手コメント

DF #14 チェイスアンリ 選手(尚志高) 
代表チームでプレーするのは初めてなので、緊張と嬉しい気持ちを感じながらプレーしました。今日の試合はフル出場しましたが、自分はまだこのチームのレベルには達していないと感じ、より努力をしてレベルアップしたいと感じています。残り2試合も勝利し、チャンピオンになりたいです。

MF #6 豊田晃大 選手(名古屋グランパスU-18) 
今回U-17日本代表に選出して頂いたこととても嬉しく思います。
今日のラオス戦ではキャプテンを務め、引いて守る相手に対し攻撃のクオリティや質が求められる試合でした。またアジア独特の戦い方の中、チームをどのようにまとめるかも試される試合でした。最後の崩しきる精度や技術、パターンがないという課題が浮き彫りになったと共に、ヨーロッパの代表チームとは違うアジアのサッカーの難しさを感じさせられた試合でした。幸いにもあと2試合あります。結果だけでなく内容にもこだわり、チームとして成長出来るよう、そして優勝して終われるよう、チームを引っ張って行きたいです。

MF #7 松木玖生 選手(青森山田高)
まずはこの代表に選出されたことを嬉しく思います。U-19ラオス代表との試合では、相手が5バックという慣れない状況で前半は全くと言っていいほど自分達のやるべきサッカーが出来ていませんでした。前半のうちに失点してしまったことは課題でもあります。後半はシュートチャンスがあまりない中、セットプレーで得点することができたのはひとつの収穫だと思います。アジアのチームと対戦し、やり辛さはありましたが勝ちきれたことは良かったです。残りの2試合は、チーム全体で勝ちたい気持ちを全面に出しながら戦いたいと思います。個人としてはもっと成長出来るように情報量を増やしながらチームに貢献できるプレーをしていきたいです。

スケジュール

2月24日(月) AM/PM トレーニング
2月25日(火) AM/PM トレーニング
2月26日(水) 7-1 第1戦 vs 鹿児島県高校選抜U-18(指宿いわさきホテルサッカー場)
2月27日(木) 2-1 第2戦 vs U-19ラオス代表(指宿いわさきホテルサッカー場)
2月28日(金) 14:00 第3戦 vs U-17マレーシア代表(指宿いわさきホテルサッカー場)
2月29日(土) 10:30または14:00 第4戦 順位決定戦(指宿いわさきホテルサッカー場)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

JENESYS2019 青少年サッカー交流大会 概要

日程:2月26日(水)~2月29日(土)
会場:指宿いわさきホテル サッカー場(鹿児島県指宿市)
参加チーム:ASEAN 4ヶ国(カンボジア、ラオス、マレーシア、ミャンマー)、東ティモールのU-17~U-19代表、U-17日本代表、鹿児島県高校選抜U-18、鹿児島ユナイテッドFC U-18の8チーム

U-17日本代表 今後の活動予定

5月24日(日)~5月27日(水) 国内トレーニングキャンプ(福島/Jヴィレッジ)
9月16日(水)~9月22日(火・祝) 第24回国際ユースサッカー in 新潟
10月~12月調整中 海外遠征(未定)
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー