JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > 【Match Report】U-16日本代表 第2戦トルクメニスタンに7-0で勝利

ニュース

【Match Report】U-16日本代表 第2戦トルクメニスタンに7-0で勝利

2022年10月06日

【Match Report】U-16日本代表 第2戦トルクメニスタンに7-0で勝利

ヨルダンで行われているAFC U17アジアカップ予選(FIFA U-17ワールドカップに向けたアジア1次予選)に参加しているU-16日本代表は5日(水)、第2戦のU-16トルクメニスタン代表戦に挑みました。

試合前のアップから良い雰囲気を作って試合に入ると、序盤からチャンスを作ります。立ち上がり6分にはMF杉浦駿吾選手(名古屋グランパスU-18)が早くも決定機を迎えますが惜しくも相手GKに防がれます。10分には右サイドの連携からチャンスを作ると、最後はFW徳田誉選手(鹿島アントラーズユース)のシュートが相手DFに当たってゴールに吸い込まれ日本が先制。

17分には左サイドのMF西原源樹選手(清水エスパルスユース)が得意のドリブルで左サイドを突破すると、マイナスのクロスに徳田選手が合わせて2点目。さらに前半終了間際に前線でボールを奪うと、パスを受けた徳田選手が流し込み前半だけでハットトリックを達成します。

後半も攻撃の手を緩めない日本代表は、51分に杉浦選手がドリブルで相手をかわして強烈なミドルシュートを放つとGKが弾いたところに詰めた徳田選手がこの日4点目を決めます。60分にはスローインを受けたFW木吹翔太選手(サンフレッチェ広島ユース)が個人技で2人をかわして得点。84分には交代で入ったFW名和田我空選手(神村学園高)がDFの間でパスを引き出すと、落ち着いてシュートを決めます。終了間際にも右サイドからの大きなクロスにファーサイドでフリーになった木吹選手が合わせて得点。7-0の大差で試合を終了します。

次は10月7日(金)にU-16シリア代表との試合に臨みます。

U-16日本代表選手はこちら
スケジュールはこちら

選手コメント

DF #18 土屋櫂大 選手(川崎フロンターレU-18)
今日の試合は立ち上がりから、チーム全体でコンパクトにラインを押し上げることができ、前向きの良い状態で守備ができており、しっかりリスク管理もできていたので、攻撃の時間が多く作れていたと思います。
また、前半のうちに3点を奪い、後半に向けて良い形で試合を進められたのも良かったです。
ただ後半に一瞬の隙で背後を取られて危ない場面もあったので、そこはしっかり90分間集中力を切らさず、自分が最終ラインをコントロールするつもりで今後も責任感を持ってプレーしていかないといけないと思います。
まだ残り2試合あるので、チーム全体で相手を圧倒して1次予選を突破していきたいです。

MF #7 西原源樹 選手(清水エスパルスユース)
今日の試合は、全員モチベーションが高く、試合前のアップから集中して試合に臨むことができていました。自分は得点を奪うことを意識してプレーしました。得点を決めることはできませんでしたが、ドリブルの仕掛けで得点につながるチャンスを作ることができました。決定機が何回もあったので、次の試合では得点を決められるようにしたいです。

MF #21 川合徳孟 選手(ジュビロ磐田U-18)
今日の試合はフィリピン代表戦から中1日で、後半から出場しましたが、課題が多く残る試合でした。
8月のウズベキスタン遠征での課題でもあった大きい海外の選手相手の守備の強度の部分に関し、奪われた後の即時奪回の意識は大きく変わったものの、実際にボールを奪い切るような守備ができませんでした。ここは今後の課題でもあるので試行錯誤して改善していきたいと思います。
攻撃の部分では、フリーな位置に動いて縦パスをつけたり、自分の得意な所でもあるドリブルで運んでチャンスメイクだったりができました。ただ、ラストパスや裏へのパスの精度が低いのでそういう所にもこだわっていきたいと思います。
チームとして、残り2試合一丸となって全勝していきたいと思います!

FW #15 徳田誉 選手(鹿島アントラーズユース)
今日のトルクメニスタン戦ではアップからいい雰囲気で準備できて試合にも良い形で入ることができました。
チームは初戦のフィリピン戦からメンバーを入れ替え、初戦に出場したメンバーとの勝負でもあると言われていたので、たくさんゴールを奪って無失点で締めくくることができ、とても良かったと感じています。
個人のところでは、ゴールを狙ってプレーすることをいつも以上に意識してプレーし、早い時間帯に良いゴールを決めることができ、その後も得点を積み重ねることに繋がりました。この2試合で全員が出場し、2連勝を飾ることができ、とてもいい流れですが、残り2試合すごく強い相手との試合になるのでより気持ちを引き締めて4連勝できるよう、まずは次のシリア戦に全力を出せるように良い準備をしていきたいと思います。

フルマッチ

YouTube(Jordan Football):Japan vs Turkmenistan | AFC U17 Asia cup Qualifiers 2023

AFC U17アジアカップ2023予選

大会期間:2022年10月1日(土)~2022年10月9日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー