JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > AFC U-19選手権 グループステージ最終戦イラク戦へ向けて~AFC U-19選手権インドネシア2018~

ニュース

AFC U-19選手権 グループステージ最終戦イラク戦へ向けて~AFC U-19選手権インドネシア2018~

2018年10月24日

AFC U-19選手権 グループステージ最終戦イラク戦へ向けて~AFC U-19選手権インドネシア2018~

22日(月)に行われたAFC U-19選手権インドネシア2018 グループステージ第二戦、U-19日本代表はU-19タイ代表との一戦を3-1で勝利し、ノックアウトステージ進出を確定させました。

一夜明けたこの日、中2日でやってくるU-19イラク代表との一戦に向けての準備が始まりました。

前日、試合に出場した選手たちはホテルの施設を利用してリカバリートレーニングを実施、出場していない選手、プレータイムの短かった選手たちはインドネシア・ボゴールの施設で午前にトレーニングを行いました。曇天にもかかわらず、立っていても汗が滲んでくるほどの暑さ。その中でも約90分間、選手たちは精力的にトレーニングを行いました。

既にノックアウトステージへの進出は決まりましたが、このイラク戦を影山監督は「まだ成長過程の我々がノックアウトステージまでにまだ成長させてもらえる機会を与えられた」とタイ戦の試合後にコメント、より良い準備、コンディションで次戦に挑めるよう、調整を進めていきます。

U-19日本代表とはまた違うフィールドで日本サッカー界を代表して世界で活躍されている方を今日は紹介します。

写真は名木利幸さん、2017年までJリーグでは100試合以上、そして国際舞台でもAFCチャンピオンズリーグやFIFAクラブワールドカップ、そしてFIFAワールドカップ2014ブラジルでも副審として活躍された方です。2018年2月からはインドネシアサッカー協会の審判ダイレクターに就任、インドネシアの審判技術の向上、審判員の育成のため、その知見と経験を伝えています。

現在インドネシアで行われているAFC U-19選手権もインドネシアサッカー協会は開催国のサッカー協会として様々な面で運営をサポートしています。名木さんも直接関わっている訳ではありませんが、様々な形で運営に携わっています。22日に行われたタイ代表との一戦は試合会場に応援に駆けつけてくれました。「何か不便なことはありませんか、困っていることはありませんか」と第一声からU-19日本代表を気遣う声が。食事面のことはだいぶ心配しており、日本食が購入できるお店を紹介してくれるなど、選手たちを心から思う姿勢が伝わってきました。国内外で応援してくださる皆さんの期待を受けて、U-19日本代表はさらなる高みを目指します。

選手コメント

DF #5 菅原由勢 選手(名古屋グランパスU-18)
2連勝して突破も決まっていますが、僕たちの目標はグループステージを突破することではないので、ここからさらに気を引き締めていかなくてはいけないと思います。チームの雰囲気は大切だと思いますし、チームを盛り上げることができるのは僕の特長だと思っているので、チームにとってプラスだと思うことはやっていきたいです。点を取った後の試合の運び方、2試合とも失点を許しているので、ピッチに立っている選手はもちろん、チームとしてももっと締めていかないと、この先の試合で厳しい状況になることもあると思うので、そういう部分は大切にしていきたいです。アジアではちょっとの気の緩みで初戦のようなことが起きてしまいます。そういうところで甘さを見せないようにしっかり戦っていきたいと思います。個人としては、攻撃ではクロスや決定的なラストパス、結果につながるプレーをしなければいけませんし、守備においては対人の守備、ゴール前の守備で失点を許さないようにしなければいけません。日本代表を背負い、ワールドカップの出場権を獲ることが目標としてありますし、この大会に優勝するという目標も掲げて戦っています。日本の皆さんを良い報せができるように頑張ります。

MF #8 藤本寛也 選手(東京ヴェルディ)
第1戦、第2戦と良い形で勝ち点を取れました。それもトレーニングから良い雰囲気でプレーできているからだと思いますし、次の試合に向けても良い雰囲気でトレーニングを積めていると思います。初戦は2点取った後のゲームコントロールがなかなかうまくいかず、改めてアジア予選は難しいと感じました。ボールにたくさん触って、チームにリズムをもたらすこと、そしてゲームコントロールはチームから求められていると思います。イラク戦、勝つことだけを考えてしっかり準備をしていきたいです。良い形で終えて、さらにその先につながるような試合をしたいです。

FW #13 原大智 選手(FC東京)
2連勝もできて、雰囲気も良く、チームとしての調子も良いと思います。この2戦でボールは支配できていなくても一発のカウンターでスピードを持って攻めてくることもある、そういう怖さを実感しました。前線でボールをキープして、攻撃の起点となること、そしてゴールを決めることをチームからは求められていると理解しています。徐々にコンディションは上がってきているので、チャンスがあれば「ゴール」という形で応えたいです。イラクも必死に来ると思いますが、自分たちも勝利にこだわって戦いたいです。ゴールを自分も求めているので、勝利に導くゴールを決めたいと思います。

スケジュール

AFC U-19選手権インドネシア2018  
10月19日(金) 5-2 グループステージ第1戦 vs.U-19朝鮮民主主義人民共和国代表
@Pakansari Stadium
10月20日(土) AM トレーニング
10月21日(日) PM トレーニング
10月22日(月) 3-1 グループステージ第2戦 vs.U-19タイ代表
@Pakansari Stadium
10月23日(火) AM トレーニング
10月24日(水) PM トレーニング
10月25日(木) 16:00 グループステージ第3戦 vs.U-19イラク代表
@Pakansari Stadium
10月26日(金) AM トレーニング
10月27日(土) PM トレーニング
10月28日(日) 19:30 準々決勝(@Gelora Bung Karno Stadium)
10月29日(月) TBC トレーニング
10月30日(火) TBC トレーニング
10月31日(水) TBC トレーニング
11月1日(木) 19:30 準決勝(@Gelora Bung Karno Stadium)
11月2日(金) TBC トレーニング
11月3日(土) TBC トレーニング
11月4日(日) 19:30 決勝(@Gelora Bung Karno Stadium)

※時間は全て現地時間となります。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

AFC U-19選手権インドネシア2018
[上位4位以内でFIFA U-20 ワールドカップ ポーランド 2019への出場権獲得]

大会期間:2018年10月18日(木)~11月4日(日)
次戦:グループステージ第3戦 10月25日(木) 16:00 (日本時間 18:00) vs イラク代表
TV放送:CSテレ朝チャンネル2で日本戦を生中継(予定)
TV放送情報はこちら
大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー