JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > ユニバーシアード日本女子代表 初戦でコロンビア代表に大勝 第29回ユニバーシアード競技大会(2017/台北)

ニュース

ユニバーシアード日本女子代表 初戦でコロンビア代表に大勝 第29回ユニバーシアード競技大会(2017/台北)

2017年08月21日

ユニバーシアード日本女子代表 初戦でコロンビア代表に大勝 第29回ユニバーシアード競技大会(2017/台北)

第29回ユニバーシアード競技大会(2017/台北) vs ユニバーシアードコロンビア女子代表
2017年8月20日(日) キックオフ時間19:30 試合時間90分(45分ハーフ)
Chang Gung University Stadium(チャイニーズ・タイペイ/桃園市)

ユニバーシアード日本女子代表 14-0(前半3-0、後半11-0)ユニバーシアードコロンビア女子代表

得点
5分 大竹麻友(ユニバーシアード日本女子代表)
16分 熊谷汐華(ユニバーシアード日本女子代表)
27分 堀江美月(ユニバーシアード日本女子代表)
48分 大竹麻友(ユニバーシアード日本女子代表)
50分 堀江美月(ユニバーシアード日本女子代表)
52分 大竹麻友(ユニバーシアード日本女子代表)
54分 三浦紗津紀(ユニバーシアード日本女子代表)
56分 中村みづき(ユニバーシアード日本女子代表)
67分 松原有沙(ユニバーシアード日本女子代表)
78分 河野朱里(ユニバーシアード日本女子代表)
79分 河野朱里(ユニバーシアード日本女子代表)
81分 平國瑞希(ユニバーシアード日本女子代表)
89分 オウンゴール(ユニバーシアード日本女子代表)
90+5分 河野朱里(ユニバーシアード日本女子代表)

スターティングメンバー
GK:森田有加里
DF:山川夏輝、山田優衣、奥川千沙、松永早姫
MF:熊谷汐華、中村みづき、梅津美絵、龍沙也加
FW:大竹麻友、堀江美月

サブメンバー
GK:木付優衣
DF:三浦紗津紀、松原有沙、工藤真子
MF:瀧澤莉央、水谷有希、平國瑞希、山口千尋
FW:河野朱里

交代
HT 奥川千沙 → 三浦紗津紀
59分 中村みづき → 松原有沙
59分 大竹麻友 → 河野朱里
59分 熊谷汐華 → 平國瑞希

マッチレポート

ユニバーシアード日本女子代表は8月20日(日)、第29回ユニバーシアード競技大会(2017/台北)予選リーグ初戦、コロンビア女子代表戦を迎えました。

試合前、望月聡監督からは「勝負事は最初が肝心」「勢い・迫力」を全面的に出して行こうと選手に伝えピッチに送り出しました。

初戦ということもあり、緊張からボールが足につかない場面が多く、中々リズムをつかめずにいましたが、開始5分に得たCKから大竹麻友が合わせ先制します。

その後も積極的に攻め込みますがなかなか追加点を奪うことができません。するとカウンターからヒヤッとする場面も作られますが、この日センターバックを務めた奥川千沙・山田優衣の冷静な対処で事なきを得ます。

幾度もチャンスを作り2点を追加したもののシュート精度を欠き前半は3-0で折り返します。

後半に入ると動きに連動性がでて、選手同士の距離感も良くなり、攻撃にリズムができました。

すると48分に、この日先制点を挙げた大竹が、左サイドを突破した熊谷汐華からのクロスを頭で合わせ追加点を挙げます。するとエンジンがかかった日本代表はここから立て続けに得点を奪い、終わってみれば14-0で初戦を白星で飾ることができました。

次戦は予選グループ1位を懸けて、22日(火)ブラジル代表戦に臨みます。

監督・選手コメント

望月聡 監督
初戦となるコロンビア戦は、①試合に勝つこと、②観ている人が心を動かされるような一生懸命なプレーをすること、をチーム目標として戦いました。高い位置から積極的にボールを奪いに行き、またボールを奪われた瞬間から、速い切り替えの守備が行えたので、試合が始まった直後から試合終了まで、多くのシュートチャンスと、14得点を奪える一方的な展開となりました。ブラジル戦に向けて、良いところの継続と、修正しなければならない部分の確認と、準備をして次の試合に挑みます。

DF #2 松永早姫 選手(日本体育大学)
ついにコロンビアとの初戦を迎えました。チームとして今までやって来た事を発揮することや、迫力、勢いを持って挑むことを掲げ試合に臨みました。個人としては課題や反省点が残りました。与えられたチャンスの中で存分に自分の持ち味を出せるよう、これからも準備していきます。スタンドにはたくさんの方が日本の応援に来てくれました。日の丸を背負って世界と戦う事の誇りや責任を改めて実感しています。ユニバーシアードという貴重な経験をさせて頂いてることに感謝の気持ちを強く持ち、残りの試合や生活の中で多くのことを学びたいと思います。たくさんの声援ありがとうございました。

DF #6 山川夏輝 選手(日本体育大)
今日は初戦ということで緊張もありましたが、まず勝つことが出来て良いスタートがきれました。多くの日本の応援の声が力になりました。チームで、大量得点を狙って挑みました。しかし、前半良い形でゴール前までいくことが出来ましたが、決めきることが出来なかったのが課題として出ました。ゴール前の精度を全体であげていきたいと思います。個人では、積極的に攻守においてプレー出来ました。持ち味を出しチームの勝利に貢献したいと思います。まだまだ試合は続くので気を抜かず、チーム全員で最後まで戦い、金メダルを日本に持って帰ります。応援よろしくお願いします。

FW #11 大竹麻友 選手(帝京平成大学)
今日は待ちに待った初戦でした。ブラジルがコロンビアに17-0と圧勝していたこともあり、私達もたくさん得点することを目標に臨みました。前半はなかなか得点出来ず、得点という面ですごく苦しい試合となりました。しかし後半は少しずつ点も入り、14-0と目標としてた18点は取ることはできなかったのですが、勝つことができました。明後日のブラジル戦は、チーム全員で必ず勝って一位突破できるよう頑張ります!

FW #20 堀江美月 選手(静岡産業大学)
大会初日、コロンビア戦を終えました。代表戦とはこんな良い雰囲気の中で試合をすることができるのかと、まずここに立てていることに感謝の気持ちを感じました。大量得点で勝てましたが決めるとこを決めれず、個人的にも決定力不足が目立ち悔しい想いでいっぱいです。ですが、今日勝ったことで2位以内も決定し、ブラジル戦に向け、また気持ちを入れ替えて勝ちにいきます! 沢山の声援を聞き日本の暖かさを感じれた試合でした!

スケジュール

第29回ユニバーシアード競技大会(2017/台北)
8月20日(日) 14-0 vs コロンビア(Chang Gung University Stadium)
8月21日(月) TBC トレーニング
8月22日(火) 19:30 vs ブラジル(Chang Gung University Stadium)
8月23日(水) TBC トレーニング
8月24日(木) TBC 順位決定戦
8月25日(金) TBC トレーニング
8月26日(土) TBC 順位決定戦
8月27日(日) TBC トレーニング
8月28日(月) TBC 順位決定戦

※時間はすべて現地時間
※スケジュールや会場は変更になる場合がございます

第29回ユニバーシアード競技大会(2017/台北)

2017/8/18(金)~2017/8/29(火)
大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー