JFA.jp

JFA.jp

EN

フットサル日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > フットサル 2021年 > 最新ニュース一覧 > 【Match Report】フットサル日本代表 パラグアイに1-2で敗れてグループ3位も突破

ニュース

【Match Report】フットサル日本代表 パラグアイに1-2で敗れてグループ3位も突破

2021年09月21日

【Match Report】フットサル日本代表 パラグアイに1-2で敗れてグループ3位も突破

フットサル日本代表は20日(月・祝)、FIFAフットサルワールドカップリトアニア2021のグループステージ第3戦パラグアイ戦に臨み、1-2で敗れてグループ3位となるも、ノックアウトステージ進出を決めました。

ここまでグループステージ2試合を終えて1勝1敗同士の日本とパラグアイは、得失点差で日本が上回りグループ2位につけます。引き分け以上でグループ2位以内が確定するため、「我々には、目の前の試合に勝つというメンタリティしかない」と話すブルーノ・ガルシア監督は勝点3の上積みを目指して戦いに臨みました。

この日のスターティングメンバーはGKにピレス・イゴール選手、フィールドプレイヤー(FP)に逸見勝利ラファエル選手、清水和也選手、オリベイラ・アルトゥール選手、西谷良介選手が並びました。

パラグアイボールで試合は18:00にキックオフ。この日、日本の最初のシュートは西谷選手。ショートカウンターから思い切りよくシュートを放つと、その後に清水選手も続いてシュートまで持ち込み、日本は序盤から積極的に攻撃の姿勢を見せます。すると4分、パラグアイ陣内でパスをカットしたオリベイラ選手が相手に囲まれながらもシュートを放つと、シュートコース上の清水選手が触って軌道を変えたボールはGKの股を抜いてゴールに吸い込まれます。清水選手の今大会初得点でグループステージ突破を大きく引き寄せます。

先制点を機に日本が攻勢を強めるかと思われましたが、「流れを掴めそうで掴みきれなかった(西谷選手)」と振り返るように、南米特有の試合運びの巧みさや駆け引きの上手さに、試合の主導権を握ることが出来ません。すると7分には、 ピッチ幅を目いっぱいに使った横パスでわずかに空いた中央のスペースにダイアゴナルパスを通されると、ゴール前に顔を出した#3 MARECO選手を捕まえきれずにフリーで打たれて失点。同点に追いつかれます。

その後は手の内をよく知るもの同士、お互いの良さを消し合う展開が続き、決定的な場面を作れぬまま第1ピリオドも終盤を迎えます。残り10秒を切ったところでパラグアイにカウンターを許しますが、1対1のピンチもGKピレス選手が立ちはだかって渾身のセーブを見せて事なきを得ます。

第1ピリオドはそのまま1-1で終了。日本はボールポゼッション率60%、シュート数はパラグアイの12本に対して20本と数字上では上回るものの主導権を握るには至らず、第2ピリオドを迎えます。

22分、日本は持ち前のパスワークを見せるとパラグアイの守備が清水選手に集中、フリーになった逸見選手が狙いすましたトゥーシュートを見舞うもわずかに枠を捉えません。やはり日本にとって連係力はゲームをコントロールする上では欠かせない要素です。23分にはGKピレス選手のスローを相手陣内中央で受けた星翔太選手が相手を背負った状態から得意の反転シュート、24分にはパラグアイの中途半端なクリアを拾った室田祐希選手が星翔太選手につなぐと、これをダイレクトでファーサイドに送りますが、ボールウォッチャーになった相手の背後でフリーの加藤未渚実選手のシュートはミートできずに枠を外します。その後も、日本が落ち着きを取り戻し、守備も機能し始めますが、なかなかチャンスを作ることが出来ません。パラグアイも淡白な攻撃が目立ち、互いに決定機を作れないまま淡々と時計の針が進みます。

すると33分、パラグアイゴールを狙って日本が前がかりになったところでボールを失うと、こぼれ球を拾ったSalas兄弟の弟#7 J.A.Salas選手が中央を一気に加速。左サイドを駆け上がる兄の#10 J.Salas選手へのパスには懸命に足を伸ばした八木選手のスライディングも届かず、お手本のようなカウンターを決められて逆転を許します。

その後も日本は清水選手や星翔太選手らを中心に積極的にパラグアイゴールに迫るもチャンスは活かせず、迎えた終盤、残り3分を切ったところでオリベイラ選手にGKユニフォームを着せてパワープレーに打って出ます。同点に追いつきたい日本ですが、ゴールは遠く、1-2のままタイムアップ。他会場で同時刻に行われたもう1試合でスペインがアンゴラを4-1で下したため、日本は勝点3でグループ3位が確定。各グループの3位チーム間の成績上位4チームがノックアウトステージに進出し、日本はタイ、ベトナム、セルビアとともに16強に名を連ねました。

次戦はノックアウトステージのラウンド16に臨みます。2012年大会で記録した過去最高位となるベスト16の壁を破り、「歴史を塗り替える」という目標に立ちはだかるのは、ワールドカップ優勝回数最多の5回、今大会もグループステージで全チーム中最多得点(18得点)および最小失点(2失点)を記録して勝ち上がった王者・ブラジルです。2012年大会、2008年大会でも対戦しており、またピレス選手とオリベイラ選手は祖国として、関係値の高い強国との対戦となります。

FIFAフットサルワールドカップリトアニア2021ラウンド16ブラジル戦は、場所をカウナスに移して、日本時間24日(金)午前2時キックオフ予定です。

監督コメント

ブルーノ・ガルシア 監督
試合前から話をしてきたとおり、勝つための準備をして、勝つためにプレーをしました。実力的には拮抗した展開だったと思いますが、パラグアイはワールドカップの経験値の高さが今日のような競った試合において競争力として現れており、それに対し我々は起こしてはいけないミスから2失点してしまったということで、拮抗した試合になればなるほど支払う代償の大きさというものを感じた試合になりました。次の対戦相手がブラジルということで、ご存知の通り最多優勝国であり、我々としては当面の目標だったグループステージ突破を果たしましたが、本当に歴史をかえるようなことを成し遂げたいのであれば、巨大な相手に勝つことを目指して戦っていくことになります。グループステージ突破という目標を果たした一方で、目の前の試合に勝つあるいは引き分けるという目標を達成できなかったことについては複雑な感情が交錯しています。試合後のロッカーで選手に、「我々は次の試合に向けたゼロ分、スタートラインにいる」と話し、今から最善・最高の回復をして、中2日で最大限の戦いができるように準備しようと話しました。

選手コメント

#4 FP 八木聖人 選手(名古屋オーシャンズ)
引き分け以上でグループステージ突破が確実だった中で、チームとして勝ってノックアウトステージ進出と思って臨みました。自分たちがボールを保持していましたが、なかなかうまくいかない時間が続いて、失点も防げた2失点だったので、もったいないという気持ちです。個人的には1試合目、2試合目より出場時間が伸びたので、自分が一番疲労度も低い中で、一番走って貢献したいと思っていました。ここまでいい準備をしてきて、浮き足立つこともなく、試合にしっかりと入ることはできていましたが、裏を返せばそれしかできなかったというか、最低ラインのことしかできなかった、なにか貢献することをやるというのはできなかったので、反省しています。今日の試合結果の受け止めは選手それぞれだと思いますが、星翔太選手が最後ピッチでみんなを集めて、「ノックアウトステージに行くという目標は達成したから、ここからまた次のことを考えよう」と声をかけてくれましたし、その後ロッカーで監督からも話があったので、今日はしっかりと反省して、切り替えることはできていると思います。次の試合に向けては今までと一緒で、終わった試合は反省するところはして、いい意味で忘れて、次の相手をスカウティング、分析して、勝つことだけを考えたいと思います。

#9 FP 清水和也 選手(コルドバ・パトリモニオ/スペイン)
先制点を取れたのは自分たちのプラン通りにできたと思いますが、40分を通して考えれば、セオリー通りに守れば防げた失点だったので、自分がそこに関わったからというのもあると思いますが、非常にもったいない試合にしてしまったという思いが強いです。チームを勝利に導くゴールを奪いたいと思って試合に入ったので、どんなゴールでもいいと思っていまいたし、(オリベイラ)アルトゥールのシュートに触っただけですが、チームにとってプラスな得点にはなったかなと思います。憧れてきた舞台で取った1点というのは、自分の中にずっと残るものだと思っていますが、それ以上に、ゲームにかけていた思いもあり、そこで負けてしまったという点では、ゴールを奪った嬉しさ、喜びよりも失点シーンを防げたんじゃないかという悔しい気持ちのほうが上回っています。今日の試合が終わったばかりですが、次の試合に向けた準備は始まっているので、まずはしっかりと回復して、休息をとって、次の練習に備えるところが一番大事だと感じています。セット間でエラーを修正することが必要だと思っていますし、セットを組む味方をもっと生かせるように前線で頑張りたいです。今日のことは今日中に反省して、明日以降引きずらないようにして次のブラジル戦に向けて今自分が出来ることを100%以上の力でやっていきたいです。

#14 FP 西谷良介 選手(名古屋オーシャンズ)
今日の試合、先制点が取れたことで、自分たちのリズムで主導権を握って進められそうな時間帯もあったのですが、相手も強豪国であり、ひとつのミスを見逃さないとか、最後の最後まで判断を変えてくるところがボディブローのように効いてくる感じがありました。ピンチらしいピンチも少なかっただけに悔しい結果になりました。あくまで個人的な感想ですが、スペインに比べて、裏を取ってくるタイミングなどではスペインより守備時にやりにくさを感じましたし、攻撃面でも相手の守備に対してアジャストしきれなかったなという印象です。前に行けそうなのに行けない、ボールを奪えそうで奪えない、そんな感覚は試合を通してずっと持っていました。南米らしく、最後まで駆け引きしてくるとか、雑さの中にもトライしてくる勇気のようなものに脅威を感じました。この舞台で相手に不足などあるわけもなく、ブラジルなんて言わずもがな強豪中の強豪で、そういった相手に対しては、リアクションにならず、自分からアクションを起こすことを常に心がけています。やられてからやり返すのではなく、とにかく自分たちからアクションを起こすことによって何かを生み出したり、自分たちの形を出せると思うので、そこが大事になってくると感じています。以前に比べたら、普段通りにプレーできている感覚もありますし、地に足がついている感覚があります。これまでは、試合が気付いたら終わっていたり、振り返ってあまり思い出せないことや、何をしていたんだろうと思うこともありました。5年積み重ねてきた部分として、心技体で言えば「心」というか、メンタル面で自分の成長を感じていますし、そういったところが安定したパフォーマンスに繋がっていると思います。出場時間を長くもらっている中で、そこで結果を出さなければ試合に出してもらっている意味がないので、いい感覚がつかめているものを自分のアクションに変えていきたいと思っています。

FIFA フットサルワールドカップ リトアニア2021

大会期間:2021/9/12(日)~2021/10/3(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー