JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー

ニュース

なでしこジャパン ベルギーと引き分ける

2017年06月14日

なでしこジャパン ベルギーと引き分ける

国際親善試合 vs ベルギー女子代表
2017年6月13日(火) キックオフ20:00(現地時間)試合時間90分(45分ハーフ)
Stadium Den Dreef Leuven@(ベルギー/ルーヴェン)

ベルギー女子代表 1-1(前半0-0、後半1-1)日本女子代表

得点
69分 菅澤優衣香
72分 失点

スターティングメンバー
GK:山根恵里奈
DF:市瀬菜々、熊谷紗希(C)、高木ひかり
MF:阪口夢穂、中里優、杉田亜未、長谷川唯、中島依美
FW:田中美南、横山久美

サブメンバー
GK:山下杏也加
DF:鮫島彩、中村楓、佐々木繭、大矢歩
MF:猶本光、隅田凜
FW:菅澤優衣香、籾木結花、上野真実

交代
46分 市瀬菜々 → 鮫島彩
46分 田中美南 → 菅澤優衣香
46分 杉田亜未 → 佐々木繭
67分 横山久美 → 籾木結花
74分 中島依美 → 大矢歩
90+1分 中里優 → 猶本光

マッチレポート

なでしこジャパン(日本女子代表)は6月13日(火)、国際親善試合でベルギー女子代表と対戦し、1-1で引き分けました。

ベルギーのルーヴェンで行われたこの試合、高倉麻子監督は就任後初めて3バックを採用。GKに山根恵里奈、ディフェンスラインは左から市瀬菜々、熊谷紗希、高木ひかり、中盤の底に阪口夢穂、中里優、左右に杉田亜未、中島依美、トップ下に長谷川唯、2トップに田中美南と横山久美の各選手を配置したフォーメーションで臨みました。

日本は開始早々から相手ゴールに迫る攻撃を見せます。8分にFW横山選手が放ったボレーシュートはクロスバーを直撃し、惜しくも得点にはなりません。さらに直後には横山選手からゴール前のFW田中選手にボールが渡りますがシュートには至らず。その後も右サイドのMF中島選手やトップ下のMF長谷川選手が仕掛け、チャンスを演出しますが得点にはならず、前半を0-0で折り返します。

後半からはDF鮫島彩選手、MF佐々木繭選手、FW菅澤優衣香選手が入り、得点に繋がる攻撃の形を作ろうと試みます。そして69分、日本は左サイドのペナルティエリア手前のフリーキックから、相手のクリアミスに反応した菅澤選手が左足を振り抜き、待望の先制点を得ました。しかし直後の72分、ベルギーに右サイドのクロスから頭で決められ、同点に追いつかれます。日本は勝ち越しとなる2点目を狙いますが、ベルギーも日本ゴールに迫り、両者譲らず1-1で試合は終了しました。

試合詳細はこちら

なでしこジャパンはオランダ・ベルギー遠征を1勝1分で終えました。このあと、7月末にアメリカに遠征し、4ヶ国対抗大会の「Tournament of Nations」に参加します。この大会でブラジル、オーストラリア、アメリカと対戦し、さらなるチーム強化を図ります。

監督・選手コメント

高倉麻子 監督
思うように攻撃のテンポが上がらず、前半はもったいなかったです。オランダ戦のあと、選手たちは(新しいフォーメーションにも)前向きに取り組んでくれて、経験を積んでもう一段階上にいけると思いましたが、そう簡単にはいかなかったです。引き分けという経験、そしてこういうゲームにしないということを全員で共有できたことが収穫です。(また次の代表活動まで)プレーの質を上げるということを、選手たちには自覚を持ってやってほしいと思います。

MF#17 長谷川唯 選手(日テレ・ベレーザ)
悔しかった部分が大きいです。先制点が取れたので、失点は絶対ゼロでいかなければならなかったです。今日はトップ下でプレーしましたが、間で良いパスを引き出す、出しやすい動きをするのは得意なプレーだと思っているので、普段一緒にプレーしている阪口選手や中里選手から上手く縦パスを受けることはできました。日本に帰ってからのなでしこリーグでは、もっと強引に仕掛けるところやシュートまでの強さを身につけたいと思います。

DF #4 熊谷紗希 選手(オリンピック・リヨン/フランス)
(この結果は)悔しいです。前半、得点できなかったことが痛かったです。チームとして(トレーニングや試合の)回数を重ねて、ようやくお互いの活かし方を理解できることが増えてきました。次の大会に向けて、またもう一つ上のレベルに上げて集まりたいと思います。

FW #13 菅澤優衣香 選手(浦和レッズレディース)
(得点シーンは)相手のボールが自分のところに落ちてきたので思いっきり足を振りました。決められるチャンスを、もっとしっかり決め切るようになりたいと思います。

スケジュール

6月5日(月) TBC トレーニング
6月6日(火) AM/PM トレーニング
6月7日(水) AM/PM トレーニング
6月8日(木) AM/PM トレーニング
6月9日(金) 1-0 国際親善試合 vs オランダ女子代表
(Rat Verlegh Stadion)
6月10日(土) AM トレーニング
6月11日(日) AM/PM トレーニング
6月12日(月) AM/PM トレーニング
6月13日(火) 1-1 国際親善試合 vs ベルギー女子代表
(Stadium Den Dreef Leuven)

※時間は全て現地時間です。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー