JFA.jp

JFA.jp

EN
  • 伊賀フットボールクラブ くノ一
  • ヴィアティン三重
  • 鈴鹿ポイントゲッターズ
  • FC.ISE-SHIMA
  • みえ高田FC
  • 伊勢YAMATO倶楽部
  • ルートインホテルズ
  • おざき鍼灸接骨院
  • ヴィアティン三重ビーチサッカー
  • サッカーゴールショップ・Fungoal
  • ロータスクラブ 三重
  • Hibrid-Turf 住友ゴム工業(株)/(株)住ゴム産業
  • 三重県営 サンアリーナ
  • 株式会社日本グリーン
  • 株式会社アストロ(三菱ケミカルグループ)
  • 伊勢新聞
  • 株式会社エイティ-
  • ヴィアティン三重レディース
  • 株式会社 山川測量設計コンサル
  • ハヤシ住宅株式会社
  • 株式会社一十
  • エス・エヌ・ケー・テクノ株式会社
  • 新日本技研株式会社
  • 税理士法人Mパートナーズ
  • 株式会社ヨシザワ
  • (株)髙伸サービス
ホーム > 三重県サッカー協会 > 最新ニュース一覧 > 専務理事コラム「東へ西へ」 Vol.012 超大型連休・・・・・・!

ニュース

専務理事コラム「東へ西へ」 Vol.012 超大型連休・・・・・・!

2019年04月27日

専務理事コラム「東へ西へ」  Vol.012 超大型連休・・・・・・!

 

 文責 藤田一豊 三重FA専務理事 4/26(金)寄稿

  事務局への道すがら、鈴鹿方面は全国的にも有名な“早生稲”の産地です。小学校の社会の時間に学習したのですが、今の教科書は如何でしょうか?連休前に着々と苗代作りから始まり、田植えが行われています。長閑な田園風景も良いのですが、実は良く晴れた夜の風情はまた確実です。特に、月が輝くとき、静謐さと濃い藍色と月の光が実に見事です。半月から月は細っていきますが、夜毎楽しい時を演出してくれています。 

4/20(土)第1回 Mie Football Medical Conference

医科学委員会 中空先生の講演 「スポーツ外来を受診するサッカー選手の外傷、障害の特徴」

 さて、先週(4/20)は、『第1回 Mie Football Medical Conference』が、一般社団法人三重県サッカー協会医・科学委員会主催で、鈴鹿医療大学千代崎キャンパスにて開催されました。ドクターからは、日常のトレーニングや試合で良く起こる受傷について講演があり、『多職種によるメディカル連携』では、おおえのき接骨院院長の大榎良則先生から、日常の受傷に対する医師との連携や、接骨院で対応できる措置など、非常に興味深く拝聴いたしました。


医科学委員会 千賀先生の講演 「脳振盪、熱中症などへの現場対応」


医科学委員会 おおえのき整骨院院長 大榎先生の講演 「多職種によるメディカル連携」

アスレティックトレーナー イングランドでの活動経験を奥村正樹先生に御講義頂きました

委員会にお願いしていることは、最終的に「協会の登録者が受傷して通院した時、指導者に許せる範囲で情報をいただき、日常のトレーニングで生かせるリハビリを、更に、どのような状況で受傷したのか」といった双方で情報交換できる「ノート」など作成いただきたいと、些か無理な注文をしています。

大好きなサッカー怪我をして、サッカーが続けられなくなる」ことが、私にとって苦しいことです。
開催日時がシーズンに入り、指導者の出席者が少なかったのが残念でしたが、若い皆さんの参加が多く、大変逞しく感じたカンファレンスになりました。 

4/21(日)2019年度三重県サッカー選手権大会(JFA第99回天皇杯代表決定戦) 

 翌日は、「2019年度三重県サッカー選手権大会(JFA第99回天皇杯代表決定戦)」準決勝2試合の運営です。早朝より、準備に運営にと多くの皆様が参加していただきました。ピッチを除けば、良い大会となりました。県内の施設整備に向け深く反省させられました(汗) 

4/21(日)三重県サッカー協会技術委員会ベクトル合わせ前期

夜は、津市総合文化会館での「三重県サッカー協会技術委員会ベクトル合わせ前期」こちらも、130名ほどの受講者があり、今年度の技術委員会の掲げる目標を熱心に聞いていただきました。ありがとうございました。

こうして、多くの皆さんがサッカー協会への関りを深めていただいており、協会の責任も改めて「大きなものである!」という事を実感しております。

アーカイブ
三重県サッカー協会
NEWS メニュー
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー