JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18 サッカーリーグ2020 TOP > プレミアリーグ2020関東 TOP > 最新ニュース一覧 > プレミア創設期を戦ったOBからのメッセージ、荒野拓馬選手(北海道コンサドーレ札幌) 野津田岳人選手(サンフレッチェ広島)から出場選手へ

ニュース

プレミア創設期を戦ったOBからのメッセージ、荒野拓馬選手(北海道コンサドーレ札幌) 野津田岳人選手(サンフレッチェ広島)から出場選手へ

2020年11月06日

プレミア創設期を戦ったOBからのメッセージ、荒野拓馬選手(北海道コンサドーレ札幌) 野津田岳人選手(サンフレッチェ広島)から出場選手へ

新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグは、今年で10周年を迎える年でもありました。残念ながら発行には至りませんでしたが、実は大会のプログラム用に、日本サッカー界の第一線を走る4人の先輩たちが、10周年という記念の大会を戦う選手たちに激励のメッセージを寄せてくれていました。今回は2回に分けて、取材時の内容のまま公開します。
後編はこちら

インタビュー日:2020年3月
――――――――――――――――――――――――――――――
荒野 拓馬
ARANO Takuma
北海道コンサドーレ札幌
コンサドーレ札幌U-18出身

将来は、Jリーグの舞台でともに戦いましょう

プレミアリーグは、リーグ戦方式で年間を通してしのぎを削る大会です。しかもクラブユースと高体連のチームが出場しますから、この世代で本当に一番強いチームが決まるわけです。幼少期から常に、とにかく強い相手と戦いたいと思いながらサッカーをプレーしてきた僕にとっては、ものすごくモチベーションが上がる大会でしたし、2011年からこの大会がスタートすると知ったときはとても興奮したことを覚えています。
年間を通して戦うということは、調子が良いときもあれば、そうではないときもある。その中でいかに勝点を積み重ねていくか。対戦チームのスカウティングもしますし、累積警告などもある。アウェイゲームの難しさも学ぶことができましたから、高校生の時点でこのような大会を経験させてもらえたことは本当に貴重でしたし、この大会があったからこそ、今でもプロの世界でがんばることができていると言っても過言ではないと思っています。
第1回大会ではチャンピオンシップで敗れてしまい悔しい思いもしましたが、自分たちよりももっと強いチームがあると肌で知れたことは、その後もサッカーをがんばる原動力にもなりました。10周年を迎える今年も、様々なプレースタイルのチームが登場するでしょうし、多くのサッカー関係者が一人ひとりのプレーに注目するはずです。そのような大会でプレーができることは本当に刺激的なこと。選手たちには元気に楽しく戦い抜いてほしいと願っています。そして、将来は、Jリーグの舞台でともに戦いましょう。

■プロフィール■

1993年4月20日生まれ、北海道出身。3年生で迎えたプレミア初年度は10番を背負ってEAST制覇の原動力となった。プレーエリアの広さとハードなボール奪取が魅力の攻撃的ボランチ。

インタビュー日:2020年3月
――――――――――――――――――――――――――――――
野津田 岳人
NOTSUDA Gakuto
サンフレッチェ広島
サンフレッチェ広島F.Cユース出身

仲間との絆を深められたり、個人として成長できる舞台

僕が高校2年のときにプレミアリーグが始まりました。それまでは中国地方の相手としか対戦できなかったけれど、西日本の強いチームとホーム&アウェイのリーグ戦を戦えるようになりました。とてもやりがいのある大会でしたし、すごく楽しかったです。
週末に大事な試合がある状況で、試合に向けて過ごす1週間の準備から学べたこともすごく多くて、リーグ戦を戦いながらチームが成長していくことも感じられました。本当に楽しかった思い出がたくさんありますし、2年続けて出場したチャンピオンシップは今でもよく覚えています。大舞台でプレーできたことも優勝の喜びを分かち合えたことも自分の財産になっていますし、広島ユースの歴史に名を刻めたこともすごく誇らしい。当時のチームはすごく一体感があって、試合に出ている選手も出ていない選手もチームのためにやるという気持ちを持っていました。たまたまチャンピオンシップで得点を取った僕が2年続けてMVPをもらえましたけれど、それはラッキーだっただけで、チームのためにという気持ちの強さはどこにも負けないチームだったし、どんどん仲間との絆が深まっていった大会だったと思います。
プレミアリーグはU-18年代のトップリーグなので、ピッチに立てる幸せをかみしめて思い切り楽しんでほしいです。レベルが高いので悔しい思いもすると思うけれど、だからこそ仲間との絆を深められたり個人として成長できる舞台だと思うので、本当に1試合1試合を大事にして戦ってほしいです。

■プロフィール■

1994年6月6日生まれ、広島県出身。左足から繰り出す強烈なシュートを武器に、チャンピオンシップ2連覇を果たした広島ユースの中心を担った。ボランチもできる攻撃的プレーヤー。

2011年 高円宮杯U-18サッカーリーグ チャンピオンシップ 試合結果はこちら

高円宮杯U-18サッカーリーグ2012 チャンピオンシップ 試合結果はこちら


大会期間:2020年9月5日(土)~2020年12月6日(日)

大会情報はこちら
高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグ 大会公式Twitter(外部サイト)

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

大会公式Twitter

  • 大会ハッシュタグ #高円宮U18
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー