JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022 TOP > 最新ニュース一覧 > 柏がFC東京との激戦を制して今季2勝目! 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022 EAST第8節

ニュース

柏がFC東京との激戦を制して今季2勝目! 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022 EAST第8節

2022年05月23日

柏がFC東京との激戦を制して今季2勝目! 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022 EAST第8節

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022 EAST第8節が5月21日(土)、22日(日)に行われ、各地で熱戦が展開されました。日立柏総合グランド(人工芝)では柏レイソルU-18(千葉)とFC東京U-18(東京)が対戦。双方の長所と狙いがぶつかり合うゲームは、激しい点の取り合いとなりました。

ピックアップマッチ

柏レイソルU-18 3-2(前半1-1、後半2-1)FC東京U-18

今季からFC東京の指揮を執る奥原崇監督は「トップチームに一番近いチームとして、そこに寄せていくのは当然のこと」と、新しい戦術、考え方にトライしています。3トップの強みを生かして前線からの連動したプレッシングでボールを奪いに行くスタイルで、後方からのビルドアップにこだわりを持つ柏に挑みました。

開始3分で生まれた先制点は、そうした「自分たちの積み上げてきたところ」(奥原監督)がよく現れたシーンで、相手GKまで戻させたボールをインターセプトしたFW熊田直紀選手(#9)が無人のゴールへ流し込む形で生まれました。

ホームの柏にとっては苦しい立ち上がりとなりましたが、川崎フロンターレU-18に5失点の大敗を喫した試合の反省を踏まえ、「下を向いても仕方ない」(DF大槻豪選手/#4)と練習に取り組んでいた選手たちは、折れることなく狙いとするサッカーを継続。痛恨のミスで失点してしまったGKタイガオリバーハーパー選手(#21)も、ボールをつなぐ姿勢を変えることなく強気のビルドアップを継続します。

それが実ったのが21分の場面でした。GKのハーパー選手が起点となるビルドアップからDF西村龍留選手(#5)が左サイドを破って、ファーサイドへクロスボール。これをFW近野伸大選手(#18)が力強く競ってヘディングで折り返すと、中に詰めていたMF大橋斗唯選手(#6)が頭で押し込み、同点ゴールが生まれました。

一方、奥原監督が「前半を終えて戻って来るときの雰囲気が今季一番悪いくらいのもので、ハーフタイムでも精神的に戻せなかった」と振り返ったFC東京は、「受けに回ってしまった」(奥原監督)点が後半の立ち上がりにも現れてしまいます。

47分、柏は大槻選手が起点となる攻撃からFW大木海世選手(#28)がシュートを放ち、そのこぼれ球をMF中村拓夢選手(#8)が冷静に蹴り込んで、逆転に成功。さらにその9分後の56分にも中村の見事なアシストからMFモハマドファルザン佐名選手(#10)が追加点を決め、3-1とリードを広げてみせました。

その後は目を覚ましたFC東京の猛反撃を受ける苦しい流れとなり、熊田選手にPKを決められて1点差にまで迫られましたが、大槻選手のガッツあふれるプレー、西村選手の体を張った猛タックル、GKハーパー選手のファインセーブなどで同点ゴールは許しません。「ここは絶対に守るという本能の部分を出してくれた」(酒井直樹監督)柏が3-2で逃げ切って、大敗のショックを振り払う勝ち点3を手に入れました。

監督・選手コメント

酒井直樹 監督(柏レイソルU-18)
立ち上がりの失点は、そういうことも起きると想定はしていました。ミスをした選手も、その後のプレーでメンタルの強さを見せてくれたと思います。一人一人が身を粉にして本気で立ち向かう、絶対にやらせないという本能をかき立てるようなゲームをやらせてもらえたと思います。FC東京さんは本当に素晴らしい選手がいるので、簡単な試合ではありませんでした。

GK #21 タイガ オリバー ハーパー 選手(柏レイソルU-18)
最初の失点は味方の足を引っ張ってしまいました。でも勝つしかないと思って、どこかでチームを救えればと思っていました。ビルドアップはまだまだ課題が多いですが、チャレンジしていこうと思っていました。同点ゴールが決まったときは、ちょっとホッとしました。(終盤のセーブは)自分の得意分野ですし、練習してきた成果を出せました。

奥原崇 監督(FC東京U-18)
柏の酒井監督とはS級(コーチ養成講習会)の同期ですし、中学1年生を指導していた時期からよく対戦もさせてもらっていて、今日もいろいろな準備をしっかりして来るだろうなと思っていました。前半の内容は過度に悲観するようなものではなかったと思うのですが、精神的に受けに回ってしまいました。終盤は気持ちの部分では出してくれていましたが、質の部分が足りませんでした。

FW #9 熊田直紀 選手(FC東京U-18)
1点目がああいう形で入ったことで、逆に気が緩んでしまったのかもしれません。攻撃も質が落ちてしまって、カウンターでも迫力が欠けていたと思います。ビルドアップはできていたのに、最後の仕掛けでボールを失ったりして、フィニッシュまでいけていませんでした。個人としては、もっと自分が中盤で起点をつくれれば良かったと思います。

その他の試合結果

横浜FCユース 1-1(前半0-0、後半1-1)前橋育英高校
桐生第一高校 2-1(前半1-1、後半1-0)青森山田高校
流通経済大学付属柏高校 0-0(前半0-0、後半0-0)JFAアカデミー福島U-18
川崎フロンターレU-18 3-1(前半3-0、後半0-1)市立船橋高校
横浜F・マリノスユース 3-2(前半2-0, 後半1-2)大宮アルディージャU18

横浜FCユース(神奈川)と前橋育英高校(群馬)は1点ずつを挙げ、引き分けました。桐生第一高校(群馬)は後半アディショナルタイムのゴールで青森山田高校(青森)を破りました。流通経済大学付属柏高校(千葉)とJFAアカデミー福島U-18(静岡)は互いにスコアレスで終わり勝ち点1を分け合いました。川崎フロンターレU-18(神奈川)は前半にMF尾川丈選手(#17)の2ゴールなど3点をリードし、市立船橋高校(千葉)に勝利しました。横浜F・マリノスユース(神奈川)と大宮アルディージャU18(埼玉)の一戦は、横浜FMがリードを守り抜き、白星を挙げました。

大会期間:2022年4月2日(土)~2022年12月4日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

大会公式Twitter

  • 大会ハッシュタグ #高円宮U18
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー