JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2019 TOP > 最新ニュース一覧 > 優勝が決まった名古屋、気持ちを緩めず連勝を11に伸ばす ~高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ第17節~
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

優勝が決まった名古屋、気持ちを緩めず連勝を11に伸ばす ~高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ第17節~

トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

2019年12月02日

優勝が決まった名古屋、気持ちを緩めず連勝を11に伸ばす ~高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ第17節~

高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグWESTは11月30日(土)と12月1日(日)に第17節を行い、名古屋グランパスU-18(愛知)とセレッソ大阪U-18(大阪)が対戦しました。

ピックアップマッチ

名古屋グランパスU-18 3-1(前半2-0、後半1-1)セレッソ大阪U-18

残り2試合を残して、名古屋のWEST優勝が決定。消化試合になってもおかしくない一戦でしたが、「WESTの優勝はプレミアリーグ全体の2位が確定しだだけという位置づけ。タイトルを取るというのは、ファイナルで勝つことだと認識していた」(古賀聡監督)と、日本一を目指す名古屋にモチベーションの低下は見られません。

序盤のペースを握りながら、MF桃李理永選手(#7)が「ボールを握る時間が多かったけど、ゴール前での技術が足りていなかった」と振り返る通り、フィニッシュまで持ち込めなかったC大阪に対し、名古屋はカウンターで対抗。FW光田脩人選手(#18)と竹内翠寿選手(#17)が果敢に相手DFの背後を飛び出し、チャンスをうかがいました。23分にはMF田邉光平選手(#10)のスルーパスをゴール前で受けた光田選手が落ち着いて決めて、名古屋が先制に成功。前半終了間際の42分には左サイドから中へとカットインしたMF甲田英將選手(#28)のミドルシュートがクロスバーに当たりながら、ゴールネットに吸い込まれました。

「古賀監督からは組織が上手く行かない時は、個の力が重要になると言われてきた。相手にボールを持たれる中で、FWの二人が個人で打開して点を取れたのはチームとして大きかった」。FW榊原杏太選手(#28)がそう振り返る名古屋でしたが、後半は攻勢を強めたC大阪に決定機を与える場面が増加。60分には自陣からの組み立てを奪われ、途中出場のFW藤尾翔太選手(#9)に1点を返されます。しかし、失点後に再び攻撃のギアを入れると、75分には右サイドから榊原選手が送った低いクロスを田邊選手が頭で合わせて、再びリードは2点差に。リーグ最多得点を奪う攻撃力によって、3-1で勝利した名古屋が、連勝を11に伸ばしました。

監督・選手コメント

古賀聡 監督(名古屋グランパスU-18)
今季は、1試合1試合勝ち続ける中で自信を深めたことで、自分たちが積み上げてきたものが確信へと変わり、よりアグレッシブさを増して戦えるようになりました。また、後期はけが人が出ても代わって入った選手が自分の良さを出し、勝利に貢献してくれました。今日の試合も甲田英將や光田脩人が個々の特徴を発揮しながら仕掛けてくれました。まだ攻撃の厚みを加えられたシーンは少なく、粘り強く守りながらのシチュエーションになったのですが、田邉光平と牛澤健(DF #3)を中心に、今何が必要かを話し合いながら戦えました。

FW #8 榊原杏太 選手(名古屋グランパスU-18)
優勝が決まった直後の試合で気持ち的に難しさはありました。また、得点源の村上千歩(FW #11)がいない中、どういった戦いをすれば良いか考えながら試合に入りました。1試合通じては上手く行かず、セレッソに流れを持っていかれる時間帯もありましたが、何とか勝てて良かったです。プレミアリーグファイナルで対戦する青森山田には、清水エスパルスジュニアユース時代にチームメートだった神田悠成(DF #3)がいるので対戦が楽しみです。中学時代は試合に出られていなかった二人で、日本一を争うのは感慨深いです。

DF #33 西尾隆矢 選手(セレッソ大阪U-18)
前節は試合の立ち上がりが良くなかったので課題として捉えていました。反省を踏まえて、今日は立ち上がりから前から行こうと話していたのですが、自分たちのミスで失点し、ずるずる下がってしまいました。課題を修正できていなかったのが、今日一番の反省点で、スイッチが入るまでに時間がかかりました。崖っぷちにいるのは変わりませんが、まだ僕らは2試合残っているので、しっかり改善してしっかり勝点を取りたいです。

MF #7 桃李理永 選手(セレッソ大阪U-18)
後半は藤尾翔太が前線に入り、時間が作れるようになったおかげで余裕を持ってボールを運べるようになったのですが、相手も全力で守ってきました。他と違ってゴール前を固めてくる名古屋を崩せず、改めて今の課題が露呈しました。ボールをつなぎながらも、厳しい順位にいるので最後まで戦おうと意識していましたが、自分たちのミスや最後のクオリティーが相手より落ちてしまったのが悔やまれます。残り2試合で残留しなければいけない状況なので、泥臭いプレーや気持ちのこもったプレーを増やし、チーム一丸となって戦いたいです。

その他の試合結果

サンフレッチェ広島F.Cユース 3-2(前半2-1、後半1-1)大津高校
東福岡高校 2-3(前半0-0、後半2-3)アビスパ福岡U-18
愛媛FC U-18 4-1(前半2-1、後半2-0)ヴィッセル神戸U-18
京都サンガF.C. U-18 2-1(前半1-1、後半1-0)ガンバ大阪ユース

ホームに大津高校(熊本)を迎えたサンフレッチェ広島F.Cユース(広島)は、FW棚田颯選手(#9)の2ゴールにより、3-2で勝利。東福岡高校(福岡)とアビスパ福岡U-18(福岡)の福岡ダービーは、FW石井稜真選手(#9)の2ゴールなどで東福岡を振り切ったアビスパが勝点3を手にしました。愛媛FC U-18(愛媛)はFW上岡陸選手(#11)の先制点を皮切りに4ゴール。ヴィッセル神戸U-18(兵庫)を下して、今季初の連勝を達成しました。ガンバ大阪ユース(大阪)と対戦した京都サンガF.C. U-18(京都)は、MF中野桂太選手(#15)のゴールで先制に成功。一度は同点に追いつかれましたが、81分にMF中野瑠馬選手(#14)が勝ち越し点を奪い、白星を手にしました。 

大会期間:2019年4月6日(土)~2019年12月8日(日)

EAST 第18節
2019年12月8日(日)
13:00 柏レイソルU-18 vs 流通経済大学付属柏高校(三協フロンテア柏スタジアム)
13:00 市立船橋高校 vs 青森山田高校(船橋市法典公園(グラスポ) 球技場)
13:00 清水エスパルスユース vs 大宮アルディージャU18(清水ナショナルトレーニングセンター(J-STEP))
13:00 ジュビロ磐田U-18 vs 鹿島アントラーズユース(竜洋スポーツ公園サッカー場)
13:00 尚志高校 vs 浦和レッドダイヤモンズユース(郡山市営西部サッカー場)

WEST 第15節延期試合
2019年12月4日(水)
18:00 ヴィッセル神戸U-18 vs セレッソ大阪U-18(いぶきの森球技場)

WEST 第18節
2019年12月8日(日)
13:00 ガンバ大阪ユース vs 名古屋グランパスU-18(OFA万博フットボールセンターグラウンド)
13:00 セレッソ大阪U-18 vs 愛媛FC U-18(セレッソ大阪舞洲グラウンド)
13:00 ヴィッセル神戸U-18 vs 東福岡高校(いぶきの森球技場)
13:00 アビスパ福岡U-18 vs サンフレッチェ広島F.Cユース(福岡フットボールセンター 人工芝A)
13:00 大津高校 vs 京都サンガF.C. U-18(大津町運動公園球技場)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

Twitter

  • 大会ハッシュタグ #premier18 Twitter(外部サイト)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー