JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2019 TOP > 最新ニュース一覧 > 青森山田が清水に快勝!3年ぶりの優勝に王手をかける ~高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ第16節~
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

青森山田が清水に快勝!3年ぶりの優勝に王手をかける ~高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ第16節~

トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

2019年11月25日

青森山田が清水に快勝!3年ぶりの優勝に王手をかける ~高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ第16節~

高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2019 EASTの第16節が11月23日(土)から24日(日)にかけて開催され、各地で熱戦が繰り広げられました。青森山田高校グラウンドで行われた首位・青森山田高校(青森)と4位・清水エスパルスユース(静岡)の試合は、開始早々からゴールラッシュを記録した青森山田が粘る清水を退けて4-2と快勝。リーグ制覇へ向けて「あと勝点1」(黒田剛監督)まで迫りました。

ピックアップマッチ

青森山田高校 4-2(前半3-1、後半1-1)清水エスパルスユース

「今日は本当に完敗。会場の雰囲気も含め、前半から相手に飲み込まれてしまった」。清水・平岡宏章監督が試合後に振り返ったとおり、試合は前半から青森山田のペースで進むこととなりました。開始11分に右サイドの鋭い崩しからFW田中翔太選手(#9)が先制ゴールを奪い取り、その後も統制の取れた守備で清水の攻撃を跳ね返しつつ、カウンター中心の攻撃でゲームの流れをつかみます。26分には再び右サイドをMF後藤健太選手(#11)が破っての折り返しから、MF武田英寿選手(#10)がワンタッチシュートを流し込んで、2-0。さらにその直後の27分には相手の守備の動きをよく観た武田選手がドリブルで切れ込んでミドルシュートを鮮やかに突き刺し、3-0とリードを広げました。

清水はこの状況を受け、34分に早くも2選手を交代して修正を図ります。するとアディショナルタイムにFW千葉寛汰選手(#30)がファーサイドへのハイクロスに頭で競り勝ち、1点を返します。さらにハーフタイムに指揮官から活を入れられた清水イレブンは後半の立ち上がりからアグレッシブに仕掛けていき、50分にはDF田中芳拓選手(#2)のクロスからMF青島太一選手(#11)が決めて1点差に詰め寄りました。

ただ、「あそこから崩れなかったのは、勝てなかった時期に比べて良くなってきたところ」と黒田監督が評価したように、青森山田はまずは守りを固める方向でピッチ内での意思統一を図り、清水の攻勢を食い止めます。そして83分にはセットプレーから途中出場のFW金賢祐選手(#14)が4点目を奪い取り、試合を決定付けました。

これで青森山田は残り2試合で勝点1を挙げればリーグ制覇となりましたが、黒田監督は「(2位の)柏レイソルU-18が残り2試合で10点取ることもあると思っているので」と喜びも抑え気味。「次の試合で勝点1以上を取る。それまでは絶対に気を緩めない」と、勝って兜の緒を締めました。

試合詳細はこちら

監督・選手コメント

黒田剛 監督(青森山田高校)
3-0にするまでは完璧でした。ただ、前半最後の失点は余計でしたし、後半最初の失点も問題でした。チームとしてやれなかったというより、個人の問題が大きい失点だったので、そこはあらためて注意させたいと思っています。ただ、1点差にされたあとで持ち直せたのは良かったですね。プレミアリーグで勝てなかった5試合は、アディショナルタイムでの失点が3試合もありました。そこを選手に意識した成果も出せたと思います。

MF #10 武田英寿 選手(青森山田高校)
1点目も2点目も狙っていた奪い方からのカウンターでゴールにつながったのが良かったと思います。自分の1点目のゴールは、本来はFWが入っていくポジションなのですが、自分のほうが入りやすいポイントにいたので、とっさの判断で行くことにしたのが良かったと思います。2点目はダブルタッチで相手をはがした後にコースが空いているのが見えたので(ミドルシュートを)狙いました。イメージ通りのコースに打てました。

平岡宏章 監督(清水エスパルスユース)
向こうのやりたいことを余りにも簡単にやられてしまった試合でした。市立船橋高校さんや流通経済大学付属柏高校さんと対戦したときもそうだったのですが、高体連のチームがつくるアウェイの雰囲気に飲まれてしまう選手が多くいるのは本当に大きな課題です。2点を返すまでは良かったですが、そのあとで青森山田さんが堅く来る中でこじ開けることができませんでした。

FW #30 千葉寛汰 選手(清水エスパルスユース)
入りのところから3失点してしまい、ゲームが難しくなってしまいました。(自身の得点は)相手のDFが前に強い分だけ背後に弱いというのは分かっていて、背後を取っていこうと思っていて、そこに良いボールが来てゴールになりました。プレミアリーグで最初に出始めたときは自信のないプレーをしてしまっていましたが、点を取り始めてからは自信を持ってやれています。でも、こういう厳しい試合でもっと点を取れる選手にならないといけないと思います。

その他の試合結果

浦和レッドダイヤモンズユース 1-1(前半1-1、後半0-0)流通経済大学付属柏高校
柏レイソルU-18 0-0(前半0-0、後半0-0)大宮アルディージャU18
尚志高校 1-1(前半0-0、後半1-1)ジュビロ磐田U-18
鹿島アントラーズユース 1-2(前半1-2、後半0-0)市立船橋高校

浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)と流通経済大学付属柏高校(千葉)、尚志高校(福島)とジュビロ磐田U-18(静岡)の一戦はいずれも1-1のドロー。柏レイソルU-18(千葉)と大宮アルディージャU18(埼玉)のゲームもスコアレスドローとなりました。鹿島アントラーズユース(茨城)と対戦した市立船橋高校(千葉)は、前半にMF鈴木唯人選手(#10)が2ゴールを挙げ、その後、鹿島に1点を返されるものの、2-1で2連勝を達成しました。

大会期間:2019年4月6日(土)~2019年12月8日(日)

EAST 第17節
2019年11月30日(土)
11:00 浦和レッドダイヤモンズユース vs 柏レイソルU-18(浦和駒場スタジアム)
2019年12月1日(日)
11:00 大宮アルディージャU18 vs 尚志高校(埼玉スタジアム2002 第2グラウンド)
11:00 鹿島アントラーズユース vs 青森山田高校(茨城県立カシマサッカースタジアム)
13:00 清水エスパルスユース vs ジュビロ磐田U-18(IAIスタジアム日本平)

WEST 第15節延期試合
2019年11月27日(水)
11:00 ガンバ大阪ユース vs サンフレッチェ広島F.Cユース(OFA万博フットボールセンターグラウンド)
2019年12月4日(水)
18:00 ヴィッセル神戸U-18 vs セレッソ大阪U-18(いぶきの森球技場)

WEST 第17節
2019年11月30日(土)
11:00 名古屋グランパスU-18 vs セレッソ大阪U-18(トヨタスポーツセンター(天然芝))
11:00 サンフレッチェ広島F.Cユース vs 大津高校(吉田サッカー公園 人工芝グラウンド)
2019年12月1日(日)
11:00 東福岡高校 vs アビスパ福岡U-18(東福岡高校グラウンド)
13:00 愛媛FC U-18 vs ヴィッセル神戸U-18(愛フィールド梅津寺 人工芝グラウンド)
14:00 京都サンガF.C. U-18 vs ガンバ大阪ユース(京都サンガF.C. 東城陽グラウンド)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

Twitter

  • 大会ハッシュタグ #premier18 Twitter(外部サイト)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー