JFA.jp

JFA.jp

EN
天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会
天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会
2022/5/21(土)~2022/10/16(日)

チーム紹介

同志社大学(16年ぶり10回目)

同志社大学

チームからのコメント

同志社大学体育会サッカー部は、チームスローガンに「共創」を掲げて活動しています。「共創」には組織に関わるメンバー全員が共に学生スポーツ界をけん引する強い組織をつくり上げていくという強い思いが込められています。サッカーのスタイルとしては「ACT as DUSC」。同志社らしさを体現するべく、攻守においてToughをベースにAggressiveでCollectiveなフットボールを表現します。今までにない同志社をつくり上げるべく、天皇杯を戦います。

チーム紹介

今季は攻守でアグレッシブなサッカーを志向し、チーム力が向上している。京都府予選の準決勝では、前回京都府代表だったおこしやす京都ACに、PK戦の末、競り勝った。決勝では京都産業大学を破り、16年ぶりに天皇杯出場をつかんだ。
前線から相手ボールに厳しく体を寄せ、鋭い速攻を見せる。MF中里圭佑は豊富な運動量で中盤の要を担う。サイドのMF国府田駿は足元の技術が高い。ルーキーのGK波多野崇史はU―19日本代表候補にも選ばれた逸材だ。FW東駿は体格を生かしたヘディングが強みで、「チーム一丸となって戦うところに自分たちの強さがある」と強調する。
関西学生リーグで昇降格を繰り返した時期もあったが、昨季は1部で5位に入って復活を印象づけた。京都サンガF.C.でもプレーした大学OBの望月慎之監督は「久々の全国大会で同志社の名前をアピールしたい」と語る。

(京都新聞)

選手一覧

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

twitter

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー