JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 第15回 全日本大学フットサル大会 TOP > 最新ニュース一覧 > 多摩大と桐蔭横浜大の決勝進出が決定 第15回全日本大学フットサル大会
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

多摩大と桐蔭横浜大の決勝進出が決定 第15回全日本大学フットサル大会

トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

2019年08月25日

多摩大と桐蔭横浜大の決勝進出が決定 第15回全日本大学フットサル大会

岸和田市総合体育館で行われている第15回全日本大学フットサル大会は、24日(土)に大会2日目を迎えました。準々決勝の4試合と準決勝の2試合が行われ、決勝に進出するチームが決まりました。

10時よりピッチAで行われた準々決勝では、多摩大学体育会フットサル部(関東1/東京)と北九州市立大学フットサル部シュティアドール(九州1/福岡)が対戦しました。東京都大会、関東大会を優勝して2大会ぶりに全国大会に乗り込んできた多摩大は、2分に南雲颯太選手のゴールで先制。その後もコンスタントに得点を重ね、南雲選手が計4ゴールを記録した多摩大は、8-2で勝利してベスト4進出を決めました。

同じ時間にピッチBで行われた試合では、3大会ぶりに出場した神戸大学フットサル部フォルサゲレイラ(関西/兵庫)が北海道大学エスペランサ(北海道)と対戦しました。序盤からボールを保持して攻め立てた神戸大でしたが、得点を挙げられません。逆に北海道大は少ないチャンスをものにして、中川颯人選手が先制点を挙げます。前半のうちに神戸大は逆転しましたが、3-3で迎えた38分にCKから夘都木滉太選手がゴールを決めると、これが決勝点となり、北海道大が準決勝に進出しました。

12時からの試合でも、関東と関西の明暗が分かれます。桐蔭横浜大学フットサル部(関東2/神奈川)は、愛知学院大学アートフットサルクラブ(東海/愛知)と対戦し、現役Fリーガーの堤優太選手の2ゴールの活躍もあり、5-3で勝利しました。一方、東北大学フットサル部ディーグッチ(東北/宮城)と対戦した大阪成蹊大学フットサル部(開催地/大阪)は、2-1でリードしたまま試合終盤を迎えましたが、試合時間残り1分51秒で追いつかれ、PK戦に入りました。PK戦は7人目で決着がつき、PKスコア6-5で東北大が4強入りを果たしています。

8/24(土) 大会2日目 準々決勝ダイジェスト

準決勝の第1試合では、多摩大と北海道大が激突。多摩大は10分に右サイドから松山尚輝選手がゴールを決めると、すぐに木村芳之選手も続き、2点リードで前半を折り返します。後半にも多摩大は、丸田健太郎選手が見事な個人技からゴールを決めるなど得点を重ねていき5-3で勝利を収め、同校初となる決勝進出を決めました。

準決勝の第2試合では、桐蔭横浜大が開始5分で3点をリードする有利な展開となります。しかし、ここから東北大も反撃を見せ、4点を奪って試合をひっくり返しました。ここで桐蔭横浜大は堤選手が存在感を示し、同点ゴールを決め、前半を4-4で折り返します。点の取り合いは後半も続きます。22分に新藤貴輝選手のゴールで再びリードした桐蔭横浜大は、29分にも根本佑選手のミドルシュートで2点差をつけました。その後、北畠寛之選手にハットトリックとなる3点目を決められましたが、三原秀太選手のループシュートで7-5とした桐蔭横浜大が、初出場ながら決勝に勝ち進みました。

8/24(土) 大会2日目 準決勝ダイジェスト

この結果、大会最終日となる25日(日)は、3位決定戦が北海道大対東北大、そして決勝が多摩大対桐蔭横浜大というカードが決定しています。前回大会に続き、関東勢の対決となった全日本大学フットサル大会。どちらが優勝しても、初優勝。果たして令和最初の大学フットサル王者に輝くのは、どちらになるでしょうか。

監督・選手コメント

柴沼真 監督(大阪成蹊大学フットサル部)
選手たちには、「相手は1試合を終えてアクセルを踏んだ状態でくる。私たちはここからアクセルを踏むんだ」と伝えて、集中することが必要と伝えました。ただ最初に失点をしたことを含めて、自分たちのペースに持っていくまで時間がかかりました。その差は出たかなと思います。良い選手がそろっていただけに、申し訳ないです。関東の2校は経験値が高く、チームのつくり方にも差があると改めて感じました。

菅原健太 選手(桐蔭横浜大学フットサル部)
昨年、この大会の時期に大阪遠征を組んで、この大会を観戦したんです。それが今年は初出場で決勝まで進めたので驚いています。初戦(準々決勝)は、僕も含めて、みんな動きが硬かったですね。準決勝に勝つことができましたが、東北大は強かったですし、最初に3点を取ることができたのは良かったです。これまで多摩大には一度も勝つことができていないので、明日の決勝戦では何がなんでも勝ちたいですし、何度も対戦しているので難しさはありますが、戦うしかありませんね。

夘都木滉太 選手(北海道大学エスペランサ)
大会が始まる前から、自分たちの技術やフィジカルは、全国レベルではないのではないかと思っていました。そこで頑張って守備をして、少ないチャンスで勝ちに行く戦い方を貫こうと決めました。準々決勝の神戸大戦は、それで勝つことができました。準決勝の多摩大は自分たちよりも技術的に格上でした。相手にゴール前でプレーさせない守備はできましたし、点差をつけられても諦めず残り10分でプレスをかけてできたのは良かったです。このチームの最高成績が4位なので、それを越えられるように努力したので、3位で終わらせたいと思います。

東山亮介 選手(神戸大学フットサル部フォルサゲレイラ)
全国大会に久しぶりに出ることができて、みんな緊張から動きが硬かったです。先制点を入れられても逆転しましたし、後半はリラックスして入ることができました。でも、そこからまた失点を重ねてしまい、チームとしてもこれまでやってきた戦い方とは違う戦い方になり、良い形でプレーできませんでした。僕らは初戦で、相手は1試合戦っていたことで勢いもあったと思います。その難しさは感じました。

第15回 全日本大学フットサル大会

大会期間:2019/08/23(金)~2019/08/25(日)
会場:大阪府/岸和田市総合体育館

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー