JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > JFA Youth & Development Programme(JYD) > 最新ニュース一覧 > 両者譲らず、勝点1を分け合う磐田と鳥栖 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021第6節
トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

両者譲らず、勝点1を分け合う磐田と鳥栖 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021第6節

トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

2021年11月15日

両者譲らず、勝点1を分け合う磐田と鳥栖 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021第6節

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021WESTは11月13日(土)と14日(日)、延期となっていた2試合を開催しました。磐田スポーツ交流の里ゆめりあ球技場では第6節が行われ、ジュビロ磐田U-18(静岡)とサガン鳥栖U-18(佐賀)が、序盤から球際激しいタフな戦いを繰り広げました。

ピックアップマッチ

ジュビロ磐田U-18 1-1(前半1-0、後半0-1)サガン鳥栖U-18

約1カ月前の前回対戦(10月17日)では、0-7という悔しい敗戦を喫した磐田。「引きずらずに前向きな気持ちでいこう」(磐田・小林稔監督)とポジティブに準備をしてきた磐田が先制します。24分、FW上之平暉羅選手(#8)の仕掛けから得たセットプレーのチャンスで、こぼれ球をMF藤原健介選手(#13)がつなぎ、最後は1年生DF伊藤稜介選手(#22)が豪快にゴールネットに突き刺しました。先週のG大阪戦でクロスバー直撃のシュートを放っていた伊藤稜介選手は、試合前に監督から「今度は決めてこい」と背中を押されていました。

41分には磐田MF藤原選手と鳥栖MF福井太智選手(#14)のマッチアップから、福井選手がFKのチャンスを得ますが、枠を捉え切れず。さらに鳥栖は43分、福井選手のクロスボールにMF楢原慶輝選手(#8)が合わせにいきましたが、わずかに届きませんでした。

前半終了間際、押し込む磐田は、DF松田和輝選手(#15)のクロスボールにFW西村日陽選手(#10)が合わせましたが、クロスバーに跳ね返されます。さらに、ボールを奪ったFW伊藤猛志選手(#19)がロングシュートを狙いましたが、追加点は奪えず、磐田が1点リードのまま前半を折り返しました。

後半に入ると1点を追う鳥栖がギアを上げ、前掛かりに攻めに出ます。時間が過ぎていく中、キャプテンのDF安藤寿岐選手(#3)は「慌てたら1点が返せないと思っていた」と振り返り、「落ち着いて焦れないようなプレーをして」と声を掛け続けました。チャンスが訪れたのは試合終盤。89分、右CKから安藤選手がヘディングシュートでゴールネットを揺らしましたが、これはオフサイドの判定。しかし、諦めない鳥栖が執念のプレーを見せます。90+6分、鳥栖の右CKのチャンスで、MF田口涼太選手(#7)がニアサイドを狙って蹴ったボールがオウンゴールになり、土壇場で同点とします。緊迫した試合はドローに終わり、勝点1を分け合う結果となりました。

監督・選手コメント

小林稔 監督(ジュビロ磐田U-18)
タフな相手に全員でしっかりやっていこうというところで、うまく先制できました。シュートで終わらないと素早い攻撃を食らうので、シュートで終わろうと言っていたのを実行してくれました。後半は苦しい時間になんとかしのいで、最後に失点しましたが、選手たちはよくやってくれました。次につながると思います。ポジティブに捉えながらも、最後に失った勝点2を残り4試合で必ず取り返したいです。

MF #13 藤原健介 選手(ジュビロ磐田U-18)
前回対戦は試合に出てなかったのですが、0-7で負けて「借りを返さないといけない」と円陣やミーティングで話していました。そんな中、シュートも打てて、先制点も取ることができました。後半は集中力を落とさないようプレーしたのですが、最後に隙を突かれて悔しいです。自分たちのストロングは残しつつ、セットプレーや守備の部分で、球際でいけてないところを修正できればと思います。

田中智宗 監督(サガン鳥栖U-18)
前半はなかなかうまくゲームに入れず、自分たちでゲームを難しくしました。後半は、ある程度自分たちが主導権を握ることができて、最後まで頑張ってくれました。ゴールが取り消しになるなどメンタルもすごく揺さぶられるゲームでしたが、最後にゴールを取り切ることができました。追い付いたところは選手たちを褒めたいと思います。

DF #3 安藤寿岐 選手(サガン鳥栖U-18)
ハーフタイムに、走る、球際で戦う、切り替えを早くするところを改善して、自分たちのサッカーができて、なんとか追いつけたので良かったです。オフサイドになったところは、自分的にはいいタイミングで抜け出したと思ったのですが、少し出ていたみたいで悔しかったです。ヘディングでの得点は得意としているので、決めたかったです。

その他の試合結果

ガンバ大阪ユース 6-1(前半3-1、後半3-0)サンフレッチェ広島F.Cユース

暫定首位のサンフレッチェ広島F.Cユース(広島)をホームに迎えたガンバ大阪ユース(大阪)は、FW坂本一彩選手(#11)の2ゴールなどで2点をリードで試合を折り返します。後半にはMF浅野直希選手(#7)のハットトリックが生まれ、終わってみれば6-1での快勝となりました。

大会期間:2021年4月3日(土)~2021年12月5日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development
Technical Partner

  • PHILIPS

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)資料請求&お問合せ
  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー