JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > JFA Youth & Development Programme(JYD) > 最新ニュース一覧 > 今週末は5試合を開催!優勝争いを左右する一戦も 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021
トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

今週末は5試合を開催!優勝争いを左右する一戦も 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021

トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

2021年11月12日

今週末は5試合を開催!優勝争いを左右する一戦も 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021は、11月13日(土)と14日(日)に延期となっていた5試合を開催します。

EAST

4位の柏レイソルU-18(千葉)は、5位の大宮アルディージャU18(埼玉)と対戦します。第6節以降、8戦負けなしを続けていた柏でしたが、先週の横浜F・マリノスユース(神奈川)では試合終了間際に手痛い失点を許し、2-3で敗戦。仕切り直しとなる今節は、DF田中隼人選手(#4)を中心に無失点に抑え、勝機を広げたいところです。一方の大宮にとっては、柏との勝点差4を縮めるチャンス。MF梅澤大輝選手(#7)を起点にチャンスを増やせるかが、勝敗の鍵を握ります。

10月以降は、1勝1分3敗と苦しい試合が続いているのが、FC東京U-18(東京)です。いずれの試合も相手を追いかける展開を強いられるため、今節こそは先制点を奪い、試合を優位に進められるか注目です。得点ランキングの5位に位置するFW野澤零温選手(#18)の活躍が待たれます。対する横浜FCユース(神奈川)も10月は1勝2敗と黒星が先行。負けた試合は複数失点を許しているため、DF杉田隼選手(#4)ら守備陣の奮闘に期待です。

清水エスパルスユース(静岡)は、横浜FMをホームに迎えます。リーグ2位の得点数を記録する清水の攻撃陣の勢いは止まらず、3試合で10得点をマーク。今節も好調を維持するFW千葉寛汰選手(#9)らが得点を重ね、翌週に控える青森山田高校(青森)との首位対決に向けて勢いを付けたいところです。対する横浜FMも前節は、MF松村晃助選手(#27)の2ゴールなどによって、3-2で勝利。今節も複数得点を奪い、今季3度目の連勝を狙います。

WEST

10月以降の7試合で2勝5敗と苦しい試合が続いているのが、6位のジュビロ磐田U-18(静岡)です。今節、ホームに迎えるサガン鳥栖U-18(佐賀)と対戦した10月17日(日)の第15節では0-7で敗れるなど守備に安定感を欠いています。リベンジを狙う今節は、DF松田和輝選手(#15)を中心に最後まで粘り強い守備を続け、無失点を狙います。対する鳥栖は、今季初の3連勝を懸けた一戦です。前節のヴィッセル神戸U-18(兵庫)戦では、FW木戸晴之輔選手(#22)がリーグ初得点を奪うなど、新戦力も台頭中。今節も勝点を積み上げられるか目が離せません。

5位のガンバ大阪ユース(大阪)は、首位のサンフレッチェ広島F.Cユース(広島)に挑みます。広島との勝点差は14ですが、消化試合が少ないG大阪が今節勝てば逆転での優勝も見えてくるため、是が非でも白星がほしい一戦です。前節、ハットトリックを達成したFW坂本一彩選手(#11)ら攻撃陣が今節も活躍なるか期待が集まります。一方の広島が狙うのは、5-1で大勝した第15節(10月16日(土))の再現です。この試合でハットトリックを達成したFW棚田遼選手(#10)が躍動できれば連勝が近づきます。打ち合いが予想される対戦を制するのは、どちらのチームになるでしょうか。

大会期間:2021年4月3日(土)~2021年12月5日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development
Technical Partner

  • PHILIPS

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)資料請求&お問合せ
  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー