JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > JFA Youth & Development Programme(JYD) > 最新ニュース一覧 > 高校年代最高峰のリーグ戦が開幕!昨年のプレミア関東王者・横浜FCは僅差のゲームで勝利 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2021第1節
アイリスオーヤマ
トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

高校年代最高峰のリーグ戦が開幕!昨年のプレミア関東王者・横浜FCは僅差のゲームで勝利 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2021第1節

アイリスオーヤマ
トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

2021年04月05日

高校年代最高峰のリーグ戦が開幕!昨年のプレミア関東王者・横浜FCは僅差のゲームで勝利 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2021第1節

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2021が4月3日(土)、4日(日)に開幕し、保土ケ谷公園サッカー場(神奈川県)などで2日間にわたって5試合が開催されました。

ピックアップマッチ

横浜FCユース 1-0(前半1-0、後半0-0)柏レイソルU-18

前年度大会は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて開催が中止となり、プレミアリーグに所属するチームは各地域に分散してリーグ戦に参加する形式となっていました。今季からは感染対策を施した上で通常通りに全国をEAST・WESTの2地域に分け、各10チームによるホーム&アウェイ方式の2回戦総当たり制でリーグ戦を実施することとなります。

昨年、関東地域のチームに限定した開催された高円宮杯プレミアリーグ関東で優勝を果たした横浜FCユース(神奈川)にとっては、これが初めての完全な形でのプレミアリーグとなります。ただ、「特に昨年のチームで試合に出ていた選手にとって、(大会の結果は)自信になっていると感じます」と早川知伸監督が語るとおり、開幕戦ながら過度に緊張した様子は見られませんでした。

対する柏レイソルU-18(千葉)は、今年から元日本代表MF酒井直樹氏を新たに監督へ迎え、「(イタリアの強豪クラブである)インテルやラツィオなどを参考にしている」という新しい戦術へトライしています。この試合は、そうしたシーズン前に積み上げてきたものをぶつける機会となりました。

試合当初は「立ち上がりに前から行って先制する狙いでした」(DF田中隼人選手/#4)という柏がやや優勢に試合を運ぶ展開となりますが、横浜FCは昨年から経験を積んできたDF増田健昇選手(#3)と杉田隼選手(#4)を中心とした守りで粘り強く対応します。逆に柏の背後を狙うプレーも効果を発揮するようになると、前半の32分にスコアが動きます。

左サイドでボールを受けたのは、今年から10番を背負うことになり、「自覚を持ってプレーしてくれている」(早川監督)というMF山崎太新選手。「あのエリアは得意なので、持ったら仕掛けるつもりでした。『あそこで仕掛けなかったら山崎太新じゃない』くらいの気持ちです」という果敢なドリブル突破で敵陣を切り裂き、さらに正確なシュートでゴールネットを揺らしてみせました。

先制された柏は後半に入ってから攻勢を強め、MF湯之前匡央選手(#10)のシュートがゴールポストを直撃するなど、「もう時間の問題かと思っていた。いつ失点してもおかしくないシーンがいくつもあった」(横浜FC・早川監督)と相手を脅かしますが、ここでも横浜FCはセカンドボールへ素早く反応するなど、ピンチにも慌てることなく対応。攻撃的なポジションの選手を含めて「本当に全員がハードワークしてくれた」(早川監督)結果、最後まで失点は許さず。1-0で勝利を収め、大事な初戦で勝点3を獲得しました。

監督・選手コメント

早川知伸 監督(横浜FCユース)
本当に選手たちがよく頑張ってくれた試合だったと思います。昨年、高円宮杯プレミアリーグ関東で優勝することができましたが、選手たちには「あれはあくまで去年の3年生たちが為し遂げたことだ」と強調してきました。今年はまた別だと思っています。柏の酒井監督とはS級ライセンスの同期で交流があり、今回こういう形で対戦できてうれしく思いました。

MF #10 山崎太新 選手(横浜FCユース)
後半押し込まれる時間が長くなりましたが、勝ててうれしいです。冬のオフ期間では体づくりのところを意識して筋力トレーニングなどをやってきました。オフ・ザ・ボールの動きや守備でハードワークする部分なども取り組んでいますが、ゴールシーンに関しては自分の得意なプレーだったので、決められてよかったです。

酒井直樹 監督(柏レイソルU-18)
早川監督のことも横浜FCのアカデミーがずっと長い時間をかけて積み上げてきたものも本当にリスペクトしているので、今日この場で対戦できることを楽しみにしていました。試合としては、前半の途中から守備がはまらなくなってきたところでワンチャンスを決められ、ちょっと焦りが出てしまいました。今年から新しいことに挑戦していますが、選手たちは意欲的に取り組んでくれています。

DF #4 田中隼人 選手(柏レイソルU-18)
前半の最初は自分たちがボールを持ちながら、中を突いていくこともできていたと思います。ただ、まずそこで決められませんでした。だんだんと背後を突かれたり、揺さぶられることも多くなる中で失点してしまいました。監督が代わって3バックシステムに挑戦していますが、やりがいを感じています。負けてしまいましたが、今日の試合内容もマイナスに捉えてはいません。

その他の試合結果

浦和レッドダイヤモンズユース 0-4(前半0-3、後半0-1)青森山田高校
大宮アルディージャU18 0-4(前半0-3、後半0-1)流通経済大学付属柏高校
FC東京U-18 1-0(前半0-0、後半1-0)市立船橋高校
横浜F・マリノスユース 1-4(前半1-1、後半0-3)清水エスパルスユース

浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)と青森山田高校(青森)による開幕戦は、FW渡邊星来選手(#17)の2ゴールで先行した青森山田が得点を重ね、4-0の白星発進となりました。大宮アルディージャU18(埼玉)と対戦した流通経済大学付属柏高校(千葉)は、6分に先制点を奪うとその後も主導権を握り、4-0の快勝を収めました。FC東京U-18(東京)は市立船橋高校(千葉)をホームに迎えての一戦。前半は互いに無得点でしたが、後半早々にFC東京のMF安田虎士朗選手(#10)が得点を決め、これが決勝点となり、1-0でFC東京が勝点3を手にしました。横浜F・マリノスユース(神奈川)と清水エスパルスユース(静岡)の一戦は、2分に内野航太郎選手(#9)のゴールで横浜FMが先制します。しかし、清水は前半のうちに同点とすると、後半に3得点を重ね、逆転で勝利しました。

大会期間:2021年4月3日(土)~2021年12月5日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development
Technical Partner

  • PHILIPS

JFA Youth & Development
Greenproject Partner

  • 東亜道路工業株式会社
  • 株式会社フジタ

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー