JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > JFA Youth & Development Programme(JYD) > JYDパートナー企業:モルテン株式会社 > 最新ニュース一覧 > 広島が3年ぶり5度目のWEST優勝を決める! 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021第18節

ニュース

広島が3年ぶり5度目のWEST優勝を決める! 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021第18節

2021年12月06日

広島が3年ぶり5度目のWEST優勝を決める! 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021第18節

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021WESTは、12月5日(日)に第18節を行い、セレッソ大阪U-18(大阪)とサンフレッチェ広島F.Cユース(広島)が対戦しました。

ピックアップマッチ

セレッソ大阪U-18 0-1(前半0-1、後半0-0)サンフレッチェ広島F.Cユース

リーグ開催期間が12月12日(日)まで延期された中、今節をもって全18試合を消化する広島。タイトルの可能性があった大津高校(熊本)が3日前に行われた試合で敗れたため、広島が引き分け以上でタイトルが決まる大一番となりました。MF西村岳選手(#7)が「しっかり勝ってリーグを終えようと最初から気合を入れて挑んだ」と振り返る通り、立ち上がりから勢いよく試合に入りました。

高い位置でのボール奪取が序盤から機能し、4分には左サイドでスローインを獲得。受けたMF藤野和樹選手(#8)からのボールがペナルティーエリア左のFW棚田遼選手(#10)の下にこぼれると、思い切りよく放った右足シュートがゴール右上に決まりました。

幸先の良いスタートを切ったものの、以降は「点が早く入りすぎたため、相手は慌てずにやろうとしていることをしっかりやってきた」(髙田哲也監督)ため、C大阪にボールを持たれる時間が増えました。MF北野颯太選手(#10)がカットインからゴール前にクロスボールを入れるなど、C大阪はサイドを起点にチャンスをうかがいましたが、広島は「必ず相手の流れになるだろうというのは分かっていたので、良い守備で焦れずにやっていこうと全体で共有していた」と振り返るMF光廣健利選手(#6)を中心にゴール前で仕事をさせません。37分には、ワンツーからFW木下慎之輔選手(#11)にゴール前をに抜け出されましたが、GK波多野崇史選手(#1)が足でシュートを防ぎ、1-0で前半を終えました。

後半に入ってからは、C大阪がボールを持つ時間が前半以上に増えました。「前半は外に逃げているプレーが多かったけど、後半からは中を見ることが意識できた。おかげで敵が中に絞ってくれて、外がより空くようになった」と振り返るのは、DF川合陽選手(#12)です。相手陣内に迫る回数も増えましたが、ブロックを固めて粘り強い守備を続ける広島を崩しきれず、時間が経過していきました。対する広島も、56分に藤野選手のパスからMF笠木優寿選手(#22)が連続でシュートを放つなど、カウンターから追加点を狙いましたが、試合は動かず1-0でタイムアップ。我慢強く1点を守り切った広島が、3年ぶり5度目のWEST優勝を果たしました。

監督・選手コメント

島岡健太 監督(セレッソ大阪U-18)
結果は残念ですが、「最後に決め切れば…」という場面をつくれるところまで来ていると実感した試合でした。未勝利に終わった前期と比べて明らかに変わりました。チームが前に進んでいることだと思いますが、得点を取るには細かいところや曖昧にしているところをもっとこだわらなければいけません。今日みたいに相手がゴール前に人を集め出したときにはもっと細かいところの精度や知恵が必要なので、身体の向きなどミリ単位までこだわっていきます。

DF #12 川合陽 選手(セレッソ大阪U-18)
今日は相手が引いて守ってきたので、前半は自分たちの特徴であるビルドアップからのパスサッカーが難しかったです。後半はセンターバックから運ぶプレーを意識したら、相手をはががせる回数が増えました。前半のうちに修正し、センターバックから前に預ける回数を増やしていればチャンスが増えて、点も取れていた気がします。残り1試合は、この1年やってきたことを最大限に発揮したい。個人としてチームとしてもっと成長できるように1週間準備していきたいです。

髙田哲也 監督(サンフレッチェ広島F.Cユース)
新チームが立ち上がった当初はパワーが足りずしんどかったので本当によく優勝できたなと思います。みんなが要所で身体を張ったり、良いポジションを取ったり、個人で足りないところを補ってくれました。一人一人が成長して、春先と比べて良くなっているなとはすごく感じていました。選手の層も上がってきて、最終的にはサンフレッチェらしく全員で頑張って戦えるチームになってくれました。

MF #6 光廣健利 選手(サンフレッチェ広島F.Cユース)
今年はいろいろなことがありながら成長を積み上げることができたので、チームとしても個人としてもすごくうれしいタイトルです。後半戦は試合の掴めない試合が多い中でも、今日の試合のように1点を取って無失点に抑えられた。焦れずに守備をやってこられたのが自分たちの成長です。WEST優勝というのはなかなかできないことだと思うので、これからの自信に変えたい。僕は大学に進学しますが、プロサッカー選手という目標を見失わず、またサンフレッチェ広島に帰ってきたいです。

その他の試合結果

名古屋グランパスU-18 3-1(前半1-0、後半2-1) 京都サンガF.C. U-18
ヴィッセル神戸U-18 2-2(前半0-1、後半2-1) ジュビロ磐田U-18
東福岡高校 1-1(前半0-0、後半1-1) 大津高校
サガン鳥栖U-18 1-0(前半1-0、後半0-0) ガンバ大阪ユース

名古屋グランパスU-18(愛知)は、DF葉山新之輔選手(#12)の先制点を皮切りに3点を奪って、京都サンガF.C. U-18(京都)に快勝しています。この結果、1節を残して京都のプリンスリーグ降格が決まりました。ジュビロ磐田U-18(静岡)をホームに迎えたヴィッセル神戸U-18(兵庫)は、追い掛ける展開を強いられながらも、2度追い付いて引き分けに持ち込みました。東福岡高校(福岡)と大津高校(熊本)による九州対決は、両者譲らず1-1の引き分けで勝点1を分け合う結果に。サガン鳥栖U-18(佐賀)は、DF安藤寿岐選手(#3)が決めたPKでの1点を守り切り、ガンバ大阪ユース(大阪)から白星を挙げました。

大会期間:2021年4月3日(土)~2021年12月12日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development
Technical Partner

  • PHILIPS

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)資料請求&お問合せ
  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー