JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > JFA Youth & Development Programme(JYD) > JYDパートナー企業:モルテン株式会社 > 最新ニュース一覧 > 3回戦進出チームが決定!なでしこ1部上位チームは好発進 皇后杯 JFA 第43回全日本女子サッカー選手権大会

ニュース

3回戦進出チームが決定!なでしこ1部上位チームは好発進 皇后杯 JFA 第43回全日本女子サッカー選手権大会

2021年12月06日

3回戦進出チームが決定!なでしこ1部上位チームは好発進 皇后杯 JFA 第43回全日本女子サッカー選手権大会

皇后杯 JFA 第43回全日本女子サッカー選手権大会は、12月5日(日)に2回戦の4試合を実施しました。日東シンコースタジアム丸岡(丸岡スポーツランド)サッカー場では、2021プレナスなでしこ1部リーグ同士の対戦、そしてなでしこ1部優勝チームの皇后杯初戦が行われました。

ピックアップマッチ1

ニッパツ横浜FCシーガルズ 0-1(前半0-0、後半0-1) オルカ鴨川FC

なでしこ1部で6位のニッパツ横浜FCシーガルズ(なでしこ1部/神奈川)と、同9位のオルカ鴨川FC(なでしこ1部/千葉)の対戦は、なでしこ1部同士の意地がぶつかり合う90分となりました。

今季の両チームの対戦成績はシーガルズの2戦2勝。勝ち越したシーガルズがオルカを押し込む展開で進みます。右サイドから高村ちさと選手が積極的にチャンスメイクし、左サイドからは今季限りでの引退を表明した小原由梨愛選手が攻め込み、1回戦で4得点を決めた平川杏奈選手がフィニッシュに関わります。しかしオルカのセンターバック鶴見綾香選手がシュートシーンで相手に自由を与えず、38分には小原選手から小林ひなた選手にボールが渡り、小林選手が放ったシュートはオルカGK暁清流選手がキャッチ。主導権を握ったシーガルズですが、スコアを動かせないまま後半に入りました。

後半は途中出場したオルカの深澤里沙選手が前線でパワフルにボールを追うと、それに呼応して吉良知夏選手もギアを上げます。しかしシーガルズもセンターバックの吉田凪沙選手が的確なカバーリングで対抗。決勝ゴールは球際が激しさを増した86分に生まれました。相手のパスをカットしたオルカの浦島里紗選手が、右足でロングシュートを放つと、これがゴール左に吸い込まれてオルカが先制。それから後半アディショナルタイム2分も経過し、試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、3回戦進出を決めたオルカ選手たちは劇的な勝利に喜びを爆発させました。

ピックアップマッチ2

伊賀FCくノ一三重 4-0(前半3-0、後半1-0) 筑波大学

なでしこ1部を圧倒的な強さで制した伊賀FCくノ一三重(なでしこ1部/三重)と、それに挑戦した筑波大学(関東/茨城)の対戦は、実力で勝るくノ一が終始リードするものの、筑波大も持ち味を発揮した試合となりました。

なでしこ1部ベストイレブンに6人が名を列ねたくノ一は、立ち上がりからゴールを狙い、なでしこ1部で最優秀選手賞の杉田亜未選手が左サイドで攻撃を組み立てます。すると2分と17分にセットプレーから森仁美選手、西川明花選手がゴールイン。2-0と早くも筑波大を引き離しました。

筑波大は最前線の千葉玲海菜選手にボールを集めますが、厳しいプレスにあってくノ一ゴールに近づけません。前半は森選手のゴールによって、もう1点を加えたくノ一が3-0として後半に入りました。

前半で14本のシュートを放ったくノ一ですが、後半はややスローダウン。シュートは放ちますが、その精度を欠きます。筑波大はセンターバック蓮輪真琴選手のフォローとGK清村珠幸選手の好セーブで士気を上げ、時間が経過してもコミュニケーションを切らすことなくくノ一の攻撃を凌ぎました。

するとくノ一は、後半から出場した常田菜那選手に続き、その双子の姉・常田麻友選手をピッチに投入します。二人は主に右サイドで前への推進力を発揮。くノ一が次に得点を挙げたのは、後半アディショナルタイムでした。なでしこ1部の得点王・西川選手がクロスボールに合わせて、この日2得点目のゴールで4-0とし、筑波大の挑戦を退けました。

敗退となった筑波大は、約3週間後に開幕する第30回全日本大学女子サッカー選手権大会に向けて再び走り出し、皇后杯初戦突破のくノ一はさらなる高みを目指します。

選手コメント

MF #16 小須田璃菜 選手(ニッパツ横浜FCシーガルズ)
立ち上がりから自分たちのペースで進められましたが、相手のワンチャンスでやられてしまい、残念な形で終わってしまいました。オルカには今季2勝していますが手強い相手で、ニッパツの特長であるサイド攻撃はできましたが、最後の質が物足りなかったと思います。来季もさらにシーガルズらしいサッカーを見せられるよう、続けていければなと思います。

MF #7 浦島里紗 選手(オルカ鴨川FC)
今季なでしこ1部で勝てなかった相手なので、3度目の正直という気持ちでした。押し込まれる時間が長くてチャンスも少ない中でしたが、ゴールシーンはボールを持った時にスペースがあって、前に運ぶとGKが高い位置にいたのでシュートを打ち、その瞬間に入ると思いました。次の静岡SSUアスレジーナは戦ったことがない相手ですが、構えず自分たちから仕掛ける試合をしたいです。

MF #5 西川明花 選手(伊賀FCくノ一三重)
初戦なので勝つことが何よりも大事でしたが、自分たちのミスも多かったです。なでしこ1部では得点王を取れたのは、みんなのパスのおかげです。まずはチームが勝つことが大事ですが、次戦以降も勝利のために得点を取りにいきたいと思います。自分たちは前に行くサッカーなので、次の福岡J・アンクラス戦も貪欲に飛び出していってしっかり勝ち切りたいです。

FW #10 千葉玲海菜 選手(筑波大学)
格上相手にも自分たちが準備してきたことを発揮しようと試合に入りました。でも立ち上がりで失点したのが痛かったです。流れの中ではそんなにやられた印象はありませんが、これも大学生となでしこ1部優勝チームとの差かなと思います。今季の始めに女子インカレ優勝という目標を立てたので、その開幕までの準備期間でブラッシュアップしていきたいです。

開催期間:2021年11月27日(土)~2022年2月27日(日)
【1回戦】11月27日(土)、28日(日)
【2回戦】12月4日(土)、5日(日)

【3回戦】12月11日(土)、12日(日)
【4回戦】12月25日(土)
【準々決勝】12月29日(水)
【準決勝】2022年1月5日(水)
【決勝】2022年2月27日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development
Technical Partner

  • PHILIPS

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)資料請求&お問合せ
  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー