JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > JFA Youth & Development Programme(JYD) > 事業紹介:トレセン関連事業 [技術関連事業] > 最新ニュース一覧 > 今年度最初のエリートプログラムU-13フューチャーが静岡県時之栖でスタート
トヨタ
ニチバン
モルテン
トレセン関連事業

ニュース

今年度最初のエリートプログラムU-13フューチャーが静岡県時之栖でスタート

トヨタ
ニチバン
モルテン
トレセン関連事業

2021年10月28日

今年度最初のエリートプログラムU-13フューチャーが静岡県時之栖でスタート

10月27日(水)より、今年度のエリートプログラムフューチャーとしては最初のキャンプとなる、エリートプログラムU-13フューチャーが静岡県の時之栖でスタートしました。

2003年からスタートしたエリートプログラムは、将来の日本代表を育成する場として大きな役割を担って活動しています。

「個の育成」を目標とし、「選手の自立」を促す働きかけも行っています。今回のキャンプでは、感染拡大予防対策としてPCR検査で参加者全員の陰性を確認し、活動中もより安全で安心な環境作りを徹底しています。

5日間のキャンプのなかで、トレーニング、ミーティング、グループディスカッションなど様々なプログラムが予定されており、今回のキャンプには、全国から選ばれた9月生まれ以降のU-13年代22名の選手が集まりました。

初日のトレーニングでは、はじめは多くの選手に緊張がみられましたが、徐々に自分らしいプレーも随所にみせるようになりました。トレーニング後はミーティングを行い、帯同トレーナーの金山将大氏から障害予防やリカバリーなどに関するレクチャーが行われました。

キャンプは10/31(日)まで予定されており、この後もトレーニング、紅白戦、練習試合、オフザピッチプログラムなど様々な側面から選手に刺激が与えられます。

監督・選手コメント

西川誠太 監督(公益財団法人日本サッカー協会)
全国から集まった22名の選手たちと無事に初日を迎えることができました。最初のトレーニングから大きな声をかけてコミュニケーションを取ろうとする彼らを見て、5日間のキャンプを終えた時の彼らの姿が今から楽しみです。一人一人の良さを存分に発揮できるような雰囲気を大切にしながら、この5日間で自分を知り、仲間の良さを知り、サッカーの理解が少しでも深まるよう、スタッフ全員で協力しながらやっていこうと思います。5日間で上手くするというよりは、今後どのようにしていけば自分を高められるのかに気づいて帰ってもらいたいと思います。快く送り出してくださった保護者や所属クラブ関係者の皆様、受け入れ体制を整えてくださった時之栖の皆様に感謝申し上げます。

川口心大朗 選手(ブレイズ熊本)
コロナ禍の中、このような形でエリートプログラムが行われることに感謝しています。このキャンプでは、自分自身の目標に向けて取り組みたいことが2つあります。1つ目は、周りの選手たちの良いところや、凄いところ、オフザピッチの過ごし方などを自チームに持ち帰り、チームで共有することです。2つ目は、自分の力がどれだけ通用するのかを確かめることです。このレベルが高い場で自分の長所がどれだけ通用するのか、そして改善点などを見つけ出す、そんなキャンプにしたいです。
初日の練習では、プレー1つ1つの強度が非常に高く、少し苦戦しましたが、少しずつコーチングもできるようになり、チームにも馴染め、楽しかったです。このキャンプをただの経験で終わらせるのではなく、自分のレベルアップ、チームのレベルアップに上手く活用していきたいと思います。後4日全力で自分のプレーを発揮して、楽しみたいです。

小林正史 選手(カマタマーレ讃岐U-15)
まず、コロナ禍でこの機会を与えていただいたことやこの舞台に立つまでに指導してくださったコーチ方への感謝の気持ちをこの期間中、忘れないようにしたいです。
1日目はPCR検査をして、無事陰性だったので、安心して生活できました。初めて会う人がほとんどで、コミュニケーションを取るのが大変でしたが、これから徐々に覚えて、みんなといい関係を築いていきたいと思います。
プレーでは、参加選手の止めて蹴ることの上手さに驚きました。自分も頑張らないと、と思いました。そのほかにも、驚かされる事がたくさんあると思いますので、どんどん盗んで自分のものにしていきたいです。
このキャンプでは、監督も言っていたように、失敗を恐れずに思い切ってどんどんチャレンジしていきたいです。

藤澤珀人 選手(那賀川中)
この、コロナ禍で時之栖という素晴らしい場所で素晴らしい仲間と出来る事を誇りに思います。このキャンプの目的は自分の持ち味を出して何度もチャレンジして名前を覚えてもらいたいです。他の選手の上手いところをチームに持ち帰り、自分で吸収できたらいいと思っています。あと4日頑張りたいです。

スケジュール

10月27日(水) PM 集合/PCR検査/トレーニング
10月28日(木) AM/PM トレーニング
10月29日(金) AM トレーニング(紅白戦)
PM ミーティング
10月30日(土) AM/PM トレーニング
10月31日(日) AM トレーニングマッチ/解散

※全選手は集合・解散時に、全スタッフは集合時にPCR検査を実施します。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※今後の行政判断次第では急遽開催を取りやめる可能性もございます。

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development
Technical Partner

  • PHILIPS

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)資料請求&お問合せ
  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー