JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > グラスルーツ > JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度 > 特定非営利活動法人プチユナイテッドアスリートクラブ(山形県山形市)

特定非営利活動法人プチユナイテッドアスリートクラブ(山形県山形市)

賛同するテーマ

  • ずっとEnjoy
  • みんなPlay
  • だれでもJoin
  • どこにもHome
  • 社会をSupport

団体の理念・ビジョン・方針

地域住民に対して、フットサル及びスポーツ活動のため、指導・育成、指導者の養成、施設の設置・管理及び運営、スポーツ・文化に関する事業を行い、フットサルを中心とした、生涯スポーツ・生涯学習の実現、総合型スポーツクラブの発展と地域コミュニティの確立及び活性化に寄与すること、子どもの健全育成の精神に基づき、子どもの生活環境の維持の援助及び生活困窮者の子どもに対する各種援助をすることにより、社会教育の推進を図ること。

主な活動内容

〇FC puti-Unitedをはじめとするフットサルクラブの運営
 週3回活動、山形県フットサルリーグ加盟等
〇フットサルチームの育成及び運営
〇フットサル及びサッカー、スポーツ選手及び指導者の育成及び指導事業
〇スポーツイベントの開催及び運営
〇スポーツ施設の設置、管理、運営事業
〇幼稚園、保育園、小学校及び中学校等におけるフットサルスクール事業
〇スポーツを通じての地域住民等との交流事業
〇子どもの生活環境の維持に関する援助事業
〇社会教育の推進を図る活動
〇不登校、発達障害やひとり親など事情を抱える子どもたちへのスポーツ環境提供

私達のグラスルーツ宣言

〇引退なし
フットサルを生涯スポーツとして楽しめるように、幼少期は厳しさよりも楽しさを存分に体感してもらった上で、仲間の大切さや仲間とやり遂げることを体験してもらうことで、活躍する場を公平に与えます。同じ志を持つ仲間が融合することで、チーム及びクラブの総合力が上昇することを感じてもらうため、全員フットサルを目指します。

〇補欠ゼロ
フットサルを生涯スポーツとして楽しめるように、幼少期は厳しさよりも楽しさを存分に体感してもらった上で、仲間の大切さや仲間とやり遂げることを体験してもらうことで、活躍する場を公平に与えます。同じ志を持つ仲間が融合することで、チーム及びクラブの総合力が上昇することを感じてもらうため、全員フットサルを目指します。

〇障がい者サッカー
障害や個別事情にとらわれず、誰しもがスポーツに汗を流し、スポーツを楽しめる環境を提供することで、スポーツ人口の拡大や生涯スポーツの選択、仲間とエンジョイする楽しみを広げていきます。

◯施設の確保
当NPOクラブでは、2017年9月に本拠施設を購入していますが、1階部分にはトレーニングルームを設置しているほか、当クラブチームの活動拠点にもしております。当施設を本来的なクラブ活動の拠点とすることで、フットサル人口やスポーツ人口の増加に加え、更なる地域貢献に寄与する活動を展開していきます。

◯社会課題への取り組み
現代社会の喫緊の課題となっている不登校やひきこもりの根絶を目指し、関係機関や団体と連携するなどして、対象の方々により多くの声掛けをし、フットサルをはじめとしたスポーツ環境を提供するなどして、生活環境や生き方過ごし方を変化させる活動を目指します。

上記宣言を具現化するための活動内容

〇引退なし
現在、幼少期から社会人までの各カテゴリーにおけるフットサル活動を行い、トップチームは山形県フットサルリーグに加盟しており、その中に50歳を超える選手も現役で活躍し、若者を鼓舞しております。また、入会者に制限はなく、幼少期及び育成年代の活動には、保護者も交えた練習等も行い、年代的に幅広い活動を継続実施中です。アマチュアに引退はなく、厳しい競技としてのフットサルのほか、世代を越えて、みんなが一緒に楽しめるフットサルの場を提供します。

〇補欠ゼロ
週3回の練習のうち1回は、男女問わず幼少期から社会人まで全体で同一練習を行い、フットサルの楽しさを感じてもらい、特に子供たちに上の選手を見せることで憧れを持ってもらい、フットサル志向を高めた上で、勝つことだけを目標とするものではなく、「みんながいるからこそ、楽しくフットサルができる」ことを根幹として、大会等では全員出場を実現させている。また、JFA主催のファミリーフットサルにはクラブ員全員で継続して出場し、親子やクラブ員の絆を深める活動もしている。

〇障がい者サッカー
毎週2回、山形市及び米沢市において、障害や事情のある子どもたちに向けたフットサルスクールを開催し、障害や事情にとらわれずフットサルやスポーツを楽しむ環境提供を行っており、今後も継続していきます。

◯施設の確保
当クラブ施設の1階トレーニングルームにおける運動環境の提供として、スポーツ教室の開催に加え、月2回程度の足技に特化したフットサル教室開催を行い、フットサル技術の向上に寄与します。また、フットサルクラブの情報発信拠点としての確立を目指し、各情報発信やイベント開催などを行っており、今後も継続します。

◯社会課題への取り組み
NPO法人設立以前から継続して実施している不登校やひきこもり、発達障害者知的障害者等へのフットサル及びスポーツ環境の提供を継続して行います。特に、不登校やひきこもり等への対応として、これまでも継続して行っている関係機関や団体等と連携し、対象者への呼びかけを行うなどして、毎週1回開催しているフリーフットサルへの参加や誰しもが参加できるエンジョイフットサルイベントの参加などを促し、少しずつでも対象者やその家族の生活環境改善に寄与していき、不登校やひきこもりの根絶に努めていきます。

活動報告

団体ホームページはこちら

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー