JFA.jp

JFA.jp

EN

JFAチャレンジゲーム

導入したいチーム

「JFA公認D級ライセンス」以上を保有している人が検定員となればどなたでも申請できます。
申請書に必要事項を記入し、日本サッカー協会へFAXします。
その後に日本サッカー協会が検定団体として認定しますので、是非検定団体にお申し込みください。

 

導入したいチーム

書類送付先
検定団体申込書
検定アイテム申込書
オープン検定開催情報
検定合格者報告書
ステージ20検定申込
JFAチャレンジゲーム担当へメールまたはFaxでお送りください。
E-Mail:challengegame@jfa.or.jp
Fax:043-271-1511

「めざせファンタジスタ!」を利用した検定に伴う金銭徴収について

公益財団法人日本サッカー協会は、JFAチャレンジゲーム「めざせファンタジスタ!」を利用して検定を実施する場合、営利を目的に金銭を徴収する行為を禁止しています。
理由は次の通りです。

1)本来の目的は選手の技術向上であり、団体等の利益を上げることを目的としたものではないため
2)できるだけ多くの人が手軽に検定できるように、金銭的な負担を必要最小限に抑えたいため
3)本検定を利用した悪徳行為を防止するため

非営利目的で、必要経費を個人負担とする場合は、次のことを遵守して下さい。

11 (営利目的での金銭徴収の禁止〕
11-1 検定団体は、本検定に参加する受検者に対し、営利目的で金銭を徴収してはならない。
11-2 検定団体が、本検定に参加する受検者に対し、非営利目的で金銭を徴収する場合、検定団体は次のことを遵守しなければならない。
1) 金銭徴収の内容・方法等を検定団体申請書に記載する。
2) 受検者への徴収額は、合格バッジ費用(バッジ代×個数)相当とする。ただし、オープン検定を有料で実施する場合は、次の「12〔オープン検定の設定〕」の定めに従うものとする。
3) 本検定を第三者の有料の事業や催し等との合同またはその一部として実施してはならない。

12 〔オープン検定の設定〕
12-1 オープン検定を有料で実施する場合、受検者が支払う1日の料金は200円(税込)を上限とする。ただし、受検者が1日のうちに複数のステージを受検し、複数のバッジを獲得した場合は、「獲得したバッジ数」×100円×2倍の金額(税込)を1日の上限とすることができる。
12-2 1日のオープン検定において、受検者が1ステージの同じ種目を最低3回挑戦できるようにする。
12-3 1日のオープン検定において、受検者が複数のステージを受検できるようにすることが望ましい。
12-4 オープン検定において、本検定以外のプログラム等を加え、12-1を超える料金を設定することはできない。ただし、都道府県協会ならびに日本協会が承認した連盟等が設定する場合はその限りではない。
13 〔協賛等の禁止〕
13-1 検定団体は、本検定に対し、協賛等のスポンサーを募ることならびに設定することはできない。ただし、日本協会および都道府県協会、ならびに日本協会が承認した連盟等についてはその限りではない。

めざせファンタジスタ!」運用ルールから抜粋
その他の詳細は“「めざせファンタジスタ!」運用ルール”をご覧下さい。

多くの子供達が大きな負担なく検定にチャレンジし、技術を向上させて欲しいと心から願っています。
何卒ご理解・ご協力の程、よろしくお願い致します。

以 上

プライバシーポリシー 
お問い合わせ / よくある質問

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー