JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 選手育成 > JFAエリートプログラム > 最新ニュース一覧 > 2019JFAエリートプログラムU-14フューチャーキャンプ前期 充実のキャンプを終了
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
トレセン関連事業

ニュース

2019JFAエリートプログラムU-14フューチャーキャンプ前期 充実のキャンプを終了

トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
トレセン関連事業

2019年06月25日

2019JFAエリートプログラムU-14フューチャーキャンプ前期 充実のキャンプを終了

練習試合 vs. エリートプログラム U-14

2019年6月20日(木) キックオフ時間15:30 試合時間80分(40分ハーフ)
福島県双葉郡 / J-VILLAGE No.1

エリート U-14 フューチャー 0-6(前半0-3、後半0-3)エリート U-14

得点
22分 馬目隼乃介(エリート U-14)
26分 畑遼河(エリート U-14)
39分 畑遼河(エリート U-14)
52分 高山駿斗(エリート U-14)
65分 オウンゴール
70分 千葉大舞(エリート U-14)

1本目スターティングメンバー
GK:植野麟兵
DF:新保柊祐、石山青空、池戸柊宇、石山青空、十河快斗
MF:吉田柚輝、末永透瑛、道白優斗、吉永夢希
FW:板倉幹汰

2本目スターティングメンバー
GK:沖野嘉紘
DF:高橋蓮、高山大輝、渡部凪人、橋本昂晴
MF:遠野翔一、村本柊生、平澤諒珂、芝田玲、飯野珠央
FW:北島郁哉

練習試合 vs. いわきFC U-15

2019年6月22日(土) キックオフ時間14:50 試合時間60分(30分×2本)
福島県双葉郡 / J-VILLAGE No.1

エリート U-14 フューチャー 14-0(前半10-0、後半4-0)いわきFC U-15

得点
1分 北島郁哉(フューチャーU14)
2分 末永透瑛(フューチャーU14)
5分 吉永夢希(フューチャーU14)
10分 吉永夢希(フューチャーU14)
11分 板倉幹汰(フューチャーU14)
12分 北島郁哉(フューチャーU14)
25分 板倉幹汰(フューチャーU14)
26分 吉永夢希(フューチャーU14)
27分 板倉幹汰(フューチャーU14)
29分 北島郁哉(フューチャーU14)
41分 高橋蓮(フューチャーU14)
46分 飯野珠央(フューチャーU14)
47分 飯野珠央(フューチャーU14)
56分 遠野翔一(フューチャーU14)

1本目メンバー
GK:植野麟兵
DF:橋本昂晴、池戸柊宇、石山青空、新保柊祐
MF:遠藤楓仁、渡部凪人、末永透瑛
FW:吉永夢希、北島郁哉、板倉幹汰

2本目メンバー
GK:沖野嘉紘
DF:十河快斗、吉田柚輝、芝田玲、遠野翔一
MF:平澤諒珂、高山大輝、道白優斗
FW:村本柊生、高橋蓮、飯野珠央

レポート

6月19日(水)から始まった2019JFAエリートプログラムU-14 フューチャーキャンプは、6月23日(日)に最終日を迎え、5日間の活動を終了しました。

活動期間中、U-14フューチャーキャンプのチームは、エリートプログラムU-14チームと、いわきFC U-14とトレーニングマッチを実施しました。
結果は1勝1敗と悔しい結果となりました。

オフ・ザ・ピッチでは、毎晩ミーティングを実施し、トレーニングマッチの映像を見ながら課題を捉え、選手同士お互いに発表を行いました。3日目には、U-17・U-15日本代表の森山佳郎監督によるレクチャーを聞いて、選手たちは多くの刺激を受けていました。

最終日には午前中に紅白戦を実施し、キャンプの成果を確かめ、充実のキャンプを締めくくりました。

コーチ・選手コメント

手嶋俊介 コーチ(ギラヴァンツ北九州)
「2019JFAエリートプログラムU-14 フューチャーキャンプ」にアシスタントコーチとして参加させて頂きました。
5日間のキャンプを終え、選手たちのトレーニングへの取り組む意識・姿勢が高く、初日から積み上げてきたものが日に日にピッチ内外で大きな変化として見られました。それは選手たちの素直さ、真面目さの賜物だと思います。しかしながら最初の3日間はコミュニケーションが中々取れずに自分の特徴を出せずにいた選手が多かったです。
しかし森山監督のレクチャーなど色々な刺激を受け、コミュニケーションがだんだん増え、最終的に活気溢れる雰囲気でキャンプを終える事が出来ました。これからも目標を持ち、今まで関わってくれている方々への感謝の気持ちを忘れずに、ここでの経験を日常に活かしてエリートそして日本代表へと飛躍して欲しいと思います。今回スタッフとして参加させていただき、僕自身も日常に活かしていきたいと思います。本当にありがとうございました。

GK #21 植野麟兵 選手(セレッソ大阪 和歌山U-15)
今回が初めてのキャンプ参加でとても緊張していましたが、初めて会った人とコミュニケーションをうまくとれました。サッカーの面でも、細かいプレーについても多く話し合うことができました。プレー面では、細かい技術やコーチングなどを教わって、キャンプ中でとても成長できたと実感しています。自分のチームでも、今回のキャンプで教わったことを活かして、さらに成長したいと思います。

FP #7 橋本昂晴 選手(いわきFC U-15)
この5日間を通じて、ボールを受ける前に周りを見て、素早い状況判断をすることが大切だと感じました。そして今何をすべきかを常に意識してプレーすることができました。味方がボールを持った時に、どのタイミングでどう動けば相手が嫌がるのか、考えて実行することもできました。所属チームに戻って、今回学んだことを意識して練習に臨み、相手が嫌がるプレーをしていきたいです。

FP #16 石山青空 選手(アルビレックス新潟U-15)
僕は今回フューチャーキャンプの一員として、初めてエリートプログラムに参加しました。初日は知らない人ばかりでしたが、練習が始まると周りの選手たちが明るく、とてもコミュニケーションを取りやすい雰囲気でした。練習の最後にはゲームをしましたが、自分の長所をアピールできたと思うので、残りの期間中も力を発揮できるよう頑張りたいと思います。このフューチャーキャンプでの経験を今後のサッカー人生に活かしていきたいと思います。

スケジュール

6月19日(水) PM トレーニング
6月20日(木) AM トレーニング
0-6 練習試合 vs. JFAエリートプログラムU-14
6月21日(金) AM/PM トレーニング
6月22日(土) AM トレーニング
14-0 練習試合 vs. いわきFC U-15
6月23日(日) AM トレーニング

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development
Technical Partner

  • キリンビバレッジ株式会社

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー