JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 選手育成 > JFAエリートプログラム > 最新ニュース一覧 > キヤノン ガールズ・キャンプ JFAエリートプログラム女子U-13トレーニングキャンプがJ-GREEN堺でスタート
トヨタ
ニチバン
明治
トレセン関連事業

ニュース

キヤノン ガールズ・キャンプ JFAエリートプログラム女子U-13トレーニングキャンプがJ-GREEN堺でスタート

トヨタ
ニチバン
明治
トレセン関連事業

2019年05月10日

キヤノン ガールズ・キャンプ JFAエリートプログラム女子U-13トレーニングキャンプがJ-GREEN堺でスタート

キヤノン ガールズ・キャンプ JFAエリートプログラム女子U-13 トレーニングキャンプが5月9日(木)、大阪・J-GREEN堺でスタートしました。キヤノン株式会社による支援を受けて今年で6回目を迎えたこのキャンプに全国9地域から選出された57名の未来のなでしこたちが集合しました。
初日は午後からフィジカル測定、体幹トレーニングを行い、最後に3つのグル-プにてわかれてミニゲームを実施。夕食後は江口トレーナーによる「セルフケア」についてのレクチャー、フィジカルプロジェクトメンバーの関氏から午後に実施したフィジカル測定のフィードバックやその結果の活用方法等のレクチャーも行われました。
キャンプは5月12日(日)まで続きます。

コーチ・選手コメント

三輪由衣 コーチ(日本サッカー協会 ナショナルトレセンコーチ 関西担当/JFAアカデミー堺)
全国各地から集まった選手たちに、大部チーフより「観て、感じて、行動する」、「失敗を恐れず積極的に行動する」ことを約束事として伝えられました。やや緊張しつつも真剣な眼差しを向ける選手一人一人が、今回のキャンプへの決意を新たに活動がスタートしました。オンザピッチではフィジカル測定をグループごとにゲームを行いました。フィジカル測定では自分の持っている力を最大限発揮しようと一生懸命取り組んでいました。ゲームでは果敢にゴールへ向かう積極的なプレーが多くみられました。初めて一緒にプレーする仲間が多い中、お互いの特徴を理解しようと積極的にコミュニケーションをとる姿が印象的でした。オフザピッチのレクチャーでは、現時点での自分の長所・短所を知り、「今自分にできることが何か」具体的に考えて行動することが今後の成長につながることをより深く理解しました。明日以降の活動でも多くの気づきと学びを得て少しでも成長できるよう、選手たちと共に一生懸命取り組んでいきたいと思います。

FP 設楽藍生 選手(Kurobe FOOTBALL CLUB)
今日は初めて他の県の人たちといっしょにトレーニングをしました。最初に会ったときはとても緊張していたけど、いろいろ話していくうちに仲の良い人ができました。フィジカル測定をして私は持久力があまりないことがわかりました。そのためにたくさん走って体力をつけないといけないということがわかりました。40メートル走はできていたけど、もっとのばせるようにトレーニングをしていきます。レクチャーでは食事もサッカーに関わりがあると言われました。自分は体力がないので、ご飯をたくさん食べてしっかり最後まで走れるようにしたいです。まだキャンプは始まったばかりなのでなれていないこともありますが、明日からは自分の力を十分に発揮して、この4日間キャンプを悔いのないようにがんばります。

FP 南釉乃 選手(浦和レッズレディースジュニアユース)
GREEN堺について最初のレクチャーでコーチからの話を聞いたとき、私の心にぐさっと何かがささりました。そして「韓国に行きたい、韓国遠征のメンバーに選ばれたい」という気持ちがさらに高まりました。ピッチに移動してグループごとに自己紹介をしましたが、「仲良くなって、このチームで4日間がんばりたい。みんなにも負けたくない」と思いました。フィジカル測定ときは1番目だったので、足が震えてしましたが、チームの中でもなるべく1番をいつも目指したいと思います。そして、測定でわかった自分の長所を活かし、短所も直していきたいです。明日も1番を目指してアピールをしたいと思います。チーム全員の名前も覚えて明日のトレーニングに臨みたいです。

FP 本多優良 選手(クラブフィールズ・リンダ)
私は声を出してリーダーシップを出して、今までの練習や学んできたことを生かして4日目のゲームで発揮することが目標です。今日はトレーニングでパスのときにまわりを見ながらボールを受けることや足でステップを踏んですぐにボールがきても対応できるようなことを意識しながらやりました。フィジカル測定では試合中の時にどんな場面でやるのかを頭の中で思い浮かべながらやりました。最後にやったゲームでは自分がこの4日間で目標にしていた「声をだす」を意識しました。ディフェンスをやっていて1つだけ思ったことがありました。それは声をだすとみんなに伝わって、伝わったことでそれによって行動(動く)ということを思いました。だから明日は声を出して、みんなに試合中に自分が思っていることと、自分が伝えたいことはすべて伝えるつもりでがんばります。この4日間いろいろなことに意識を高めてやりたいと思います。

スケジュール

5月9日(木) PM フィジカル測定/トレーニング/レクチャー
5月10日(金) AM トレーニング
PM トレーニング/レクチャー/ミーティング
5月11日(土) AM トレーニング
PM トレーニング/レクチャー/ミーティング
5月12日(日) AM トレーニングマッチ 

特別協賛

キヤノン株式会社

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development
Technical Partner

  • キリンビバレッジ株式会社

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー