JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 選手育成 > JFAエリートプログラム > 最新ニュース一覧 > 2018JFAエリートプログラムU-13 フューチャーキャンプ東西 全日程を終了
トヨタ
ニチバン
明治
トレセン関連事業

ニュース

2018JFAエリートプログラムU-13 フューチャーキャンプ東西 全日程を終了

トヨタ
ニチバン
明治
トレセン関連事業

2018年12月19日

2018JFAエリートプログラムU-13 フューチャーキャンプ東西 全日程を終了

トレーニングマッチ

練習試合 vs. エリートU-13

2018年12月14日(金) キックオフ時間 14:20 試合時間 20分×4本
時之栖裾野グラウンド(静岡県/裾野市)

エリートフューチャーU-13 2-3(1本目0-0、2本目0-2、3本目0-1、4本目2-0) エリートU-13

得点
2本目 3分 失点(エリートU-13)
2本目 9分 失点(エリートU-13)
3本目 12分 失点(エリートU-13)
4本目 6分 佐々木悠磨(エリートフューチャーU-13)
4本目 13分 天坂陸斗(エリートフューチャーU-13)

1本目スターティングメンバー
GK:小林将天
DF:渡部凪斗、小日山滉生、金山颯汰、吉永夢希
MF:羽根成千加、井上碧大、追川飛羽、 井手汰一
FW:渡邉大和、メイソン埜吾

2本目スターティングメンバー
GK:小林将天
DF:渡部凪斗、小日山滉生、金山颯汰、吉永夢希
MF:羽根成千加、井上碧大、追川飛羽、 井手汰一
FW:渡邉大和、メイソン埜吾

3本目スターティングメンバー
GK:齊藤貫太
DF:小杉啓太、山田煌人、衣川藍斗、勝田慎之介
MF:岩永創太、飯野珠央、奥慎之介、二村亮雅
FW:佐々木悠磨、天坂陸斗

4本目スターティングメンバー
GK:齊藤貫太
DF:小杉啓太、山田煌人、衣川藍斗、勝田慎之介
MF:岩永創太、飯野珠央、奥慎之介、二村亮雅
FW:佐々木悠磨、天坂陸斗

練習試合 vs. アカデミー福島 U-14

2018年12月15日(土) キックオフ時間 15:00 試合時間 30分×2本
うさぎ島グラウンド(静岡県/裾野市)

エリートフューチャーU-13 1-2(1本目1-1、2本目0-1) アカデミー福島 U-14

得点
1本目 15分 失点(アカデミー福島 U-14)
1本目 26分 渡邉大和(エリートフューチャーU-13)
2本目 13分 失点(アカデミー福島 U-14)

1本目スターティングメンバー
GK:齊藤貫太
DF:渡部凪斗、追川飛羽、山田煌人、小杉啓太
MF:羽根成千加、井上碧大、奥慎之介、 二村亮雅
FW:渡邉大和、佐々木悠磨

2本目スターティングメンバー
GK:小林将天
DF:勝田慎之介、衣川藍斗、金山颯汰、吉永夢希
MF:岩永創太、飯野珠央、小日山滉生、 井手汰一
FW:天坂陸斗、メイソン埜吾

マッチレポート

12月13日(木)から始まった「JFAエリートプログラムU-13フューチャーキャンプ東西」は、12月16日(日)に最終日を迎え、4日間の活動を終了しました。

2日目には、JFAエリートプログラムU-13との練習試合が行われました。試合は20分×4本のゲームで、2-3(0-0,0-2,0-1,2-0)で敗戦しました。夜のミーティングでは、エリートU-13と合同でグループワークを行い、グループ毎に試合での課題と振り返りについて発表しました。

3日目は、トレーニング後、JFAアカデミー福島U-14との練習試合を行い、1-2(1-1,0-1)で敗戦したものの、自分たちの課題を見つける貴重な経験となりました。

最終日は、午前中に紅白戦を行い、キャンプの成果を確かめました。選手たちはピッチ内外で多くの刺激を受け、充実したトレーニングキャンプを終えました。

コーチ・選手コメント

吉岡琢弥 コーチ(豊田アソシエーションフットボールクラブ)
新設された「JFAエリートU13フューチャーキャンプ東西」にアシスタントコーチとして参加させて頂きました。9月以降生まれの将来的に可能性を持った選手を招集しトレーニングを行いましたが、フューチャーの選手たちは日を追うごとに刺激され、著しく進化していく様子が見られました。自分で考え行動し、様々なことに気付き、発見し吸収する力、限られた時間で積極的に学ぼうとする謙虚さ、一つ一つの経験を肥やしに自分の成長に繋げていこうとする向上心、和泉監督の求められた全力でベストを尽くすことを一生懸命に実践する姿にはとても感動しました。フューチャーキャンプは、エリートプログラム選出された選手たちと切磋琢磨し交流や経験を共有するチャンスが与えられたことにも、現地点での立ち位置を知る事ができ、新たな目標が立てられたことは大きな意義を感じました。今回、フューチャーキャンプに選ばれた選手たちがそれぞれの所属チームに戻っても、この経験を忘れずに日常のトレーニングから高い意識を持ち、継続させ、更なる成長を遂げたとき将来の「日本代表選手」として活躍している姿を楽しみにしています。最後になりましたが、キャンプに参加させていただいて素晴らしい経験をさせていただき心から感謝申し上げます。日本のサッカーの頂点をより高くするにはそれぞれの地域のボトムアップは必要不可欠なことと強く認識しました。方々に情報を発信して地域に還元して参りたいと思います。

渡部凪斗 選手(会津サントスFCジュニアユース)
この4日間で、オフザピッチでは食事のとりかた、ピッチでは技術と判断の大切さを知りました。体を強くするために何を食べたら良いか、疲れを回復するためにどうすればいいのか、ピッチ外での知識がつきました。ピッチでは、ファーストタッチでのボールコントロールの大切さを体感しました。判断面では、状況に応じた判断を、できるだけはやく考えて、実行する重要性を学びました。自分の一番の課題はファーストタッチなので、キャンプが終わっても、練習を重ねて克服したいです。

佐々木悠磨 選手(MIRUMAE・FC・U-15)
今回のキャンプのトレーニングや試合で学んだことが2つあります。1つ目は、ボールを持っていない、オフ・ザ・ボールの動き方です。味方の状況を見て、裏に動くべきか、下がって受けるべきか、適切な判断で動き出すことが大事だと思いました。2つ目は、前線からの守備です。トレーニングや試合でのプレーで、前線から、ねばり強くボールを奪いにいくことで、攻撃のチャンスがうまれる場面が多くあったので、チームに戻っても、続けていきたいです。

小杉啓太 選手(湘南ベルマーレU-15)
フューチャーキャンプの4日間で、技術と判断の大切さを学びました。レベルの高い相手とのトレーニングやマッチでは、限られたチャンスでパスやトラップがうまくできず、ミスが増えてしまいました。特にボールを奪った後の判断ミスが多く、相手ボールになることが多くありました。ボールに囚われすぎず、周りを見て、状況に応じて判断を変える大切さを学びました。また、自分から出したパスの成功率が低かったので、動きながらのトラップやパスの精度を上げる練習を積み重ねて、自分らしいプレーをできるように頑張りたいと思います。

スケジュール

12月13日(木) PM トレーニング
12月14日(金) AM トレーニング
2-3 練習試合  vs.エリートプログラムU-13
12月15日(土) AM トレーニング
1-2 練習試合  vs.JFAアカデミー福島U-14
12月16日(日) AM トレーニング

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development
Technical Partner

  • キリンビバレッジ株式会社

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー