JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

ホーム > SAMURAI BLUE > 最新ニュース一覧 > 【Match Report】SAMURAI BLUE、鎌田選手、三笘選手のゴールでアメリカ代表に快勝

ニュース

【Match Report】SAMURAI BLUE、鎌田選手、三笘選手のゴールでアメリカ代表に快勝

2022年09月24日

【Match Report】SAMURAI BLUE、鎌田選手、三笘選手のゴールでアメリカ代表に快勝

ドイツに遠征中のSAMURAI BLUE(日本代表)は9月23日(金)、デュッセルドルフでキリンチャレンジカップ2022第1戦のアメリカ代表戦を行い、鎌田大地選手と後半途中出場の三笘薫選手がゴールを挙げて2-0と勝利を収めました。

11月のFIFAワールドカップへ向けて、同じくワールドカップへ出場するアメリカを相手に、日本代表には攻守に収穫の多い試合となりました。

この試合では、アジア最終予選(Road to Qatar)の途中から続けていた4-3-3から、それ以前に多く採用していた4-2-3-1の布陣に変更。1トップに前田大然選手(セルティック)、トップ下に鎌田大地選手(アイントラハト・フランクフルト)、左右のサイドに久保建英選手(レアル・ソシエダ)と伊東純也選手(スタッド・ランス)を配し、ボランチには守田英正選手(スポルティングCP)と遠藤航選手(VfBシュツットガルト)の組み合わせを起用しました。最終ラインには、負傷で暫く戦列を離れていた酒井宏樹選手(浦和レッズ)と冨安健洋選手(アーセナル)も復帰して、吉田麻也選手(シャルケ04)と左サイドバックの中山雄太選手(ハダースフィールド・タウンFC)とともに守備を固め、GKには権田修一選手(清水エスパルス)が入りました。

選手たちは所属クラブで見せている好調ぶりを代表チームでも披露。試合開始から前田選手をスイッチ役に相手に激しいプレスをかけて追い込み、ボールを獲得すると素早く攻撃に転じて相手ゴールに迫る形を幾度となく作りました。

前半10分過ぎには久保選手のパスに鎌田選手がシュートを打ち、15分過ぎには酒井選手の鋭いアーリークロスに前田選手がヘディングで狙い、日本がペースを握ります。

25分の先制ゴールも高い位置でボールを奪ってからの速攻で、守田選手からペナルティエリアでパスを受けた鎌田選手が右足でゴールネットを揺らしました。一度はオフサイドのコールがありましたが、VARでの確認でゴールが認められました。

日本は33分には久保選手がFKで直接ゴールを狙いましたが、相手GKに阻止されました。

本大会でウェールズ、イングランド、イランと対戦するアメリカは前半開始早々にワイドな展開から右サイドバックのセルジーニョ・デスト選手が攻め上がってクロスを送り、ヘスス・フェレイラ選手がヘディングで狙う場面を作り、日本の先制直後には左サイドからのし仕掛けでCKの機会を作りましたが、GK権田選手がキャッチして相手にシュートを打たせません。

1-0リードで迎えた後半、日本は伊藤洋輝選手(VfBシュツットガルト)をセンターバックに入れて冨安選手を右サイドバックにシフト。前田選手に変えて町野修斗選手(湘南ベルマーレ)、権田選手に代えてGKシュミット・ダニエル選手(シントトロイデンVV)を送り出して新たな布陣をチェックします。

アメリカも4人の選手交代で4バックから3バックへ形を変えて、反撃を試み、ボールを持って攻める時間ができるようになります。

しかし、日本はこれにも徐々に対応。再び日本がボールを保持して攻撃を仕掛ける展開になり、65分過ぎに久保選手のパスに鎌田選手が右足でシュートを放つ場面を作ります。

68分には久保選手に代えて三笘薫選手(ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC)、伊東選手に代えて堂安律選手(SCフライブルク)を投入。入ったばかりの2人は直後に相手ゴールを脅かす決定機を作ります。

76分には堂安選手が中山選手のクロスから強烈なシュートを放ち、その3分後には左サイドから三笘選手が中山選手と絡んで鎌田選手のシュート場面を演出します。

アメリカもブレンデン・アーロンソン選手が中央をすり抜けてペナルティエリア外から右足を振る場面を作りましたが、枠を捉えることができず、攻撃は単発に終わります。

日本は86分に鎌田選手に代えて原口元気選手(1.FCウニオン・ベルリン)を送り込むと、3バックに変更。リードを守りながら攻め手を探ると、88分に追加点が生まれます。

三笘選手が左サイドから中にドリブルで切り込み、相手DF2人をかわして右足を振り抜き、ゴール右隅にチーム2点目をマーク。日本はそのまま2-0で試合を終えました。

27日(火)には同じデュッセルドルフ・アレーナでの第2戦で、ワールドカップにも出場するエクアドル代表と対戦します。

監督・選手コメント

森保一 SAMURAI BLUE(日本代表)監督
4-2-3-1のシステムでいかに個の良さを出すかを考えて、遠藤選手、守田選手、鎌田選手を起用しましたが、個々の良さを出せる中盤になったと思います。2列目との関係でも状況によってサイドの久保選手や伊東選手とポジションを入れ替わりながら攻撃の起点になって、守備でも献身的にそれぞれがチームの勝利に貢献してくれました。チームとして選手たちが奪いどころをよく判断してくれて、ボールを奪う機会が多かったと思いますが、どこでボールを奪うか詰めていくことで、より選手たちの守備と攻撃の良さが出ると思っています。前田選手が、スプリント能力を生かして前線でボールを追い、良いスイッチ役となってほかの選手が連係連動しやすくなってボールを奪えたところもありました。
後半からは冨安選手を右サイドバックにしましたが、このチームの戦いの幅を広げ、いろいろな可能性を探る狙いがありましたし、終盤の3バックへの変更も勝つための交代オプションと考えてのものでした。
相手が後半3バックに変更したときに、少し後手を踏んだところがあったので、そこは素早く対応できるようにしなくてはならないと思っています。ただ今日は、選手たちの対応力を公式戦で生かすために、良いトレーニングになると考えて動くのを少し待ったのですが、選手たちがビッチ内で問題なく修正してくれました。
前半にあった相手のクロスからのチャンスを決められていたら、もっと厳しい展開になっていたかもしれません。より完璧に相手を上回れるようにしたいですし、「あれを決められていたら、どうなっていたかわからない」ということが1つでも減るように、次の試合とワールドカップへ向けて、さらにクオリティを上げていけるようにしたいと思っています。

DF #16 冨安健洋 選手(アーセナル/イングランド)
途中から右サイドバックをやりましたが、試合前から言われていました。アーセナルでやっていますが、代表チームと全く同じ役割ではないので、探り探りやった感じです。自分としてはセンターバックでもサイドバックでも与えられたところでしっかりチームに貢献するだけです。後ろはゼロで抑えられましたし、大きなピンチもなく勝てたので良かったと思いますが、後半少しはまらない時間帯もあって、まだまだ改善できると思います。ある程度僕たちのやり方、進むべき方向性が少しずつ見えてきているかなと思っていますが、仕留めるところ、確率の高い道を選択することは求めたい。それができるクオリティのある選手が前にいるので、僕は後ろでしっかり守りたいと思っています。

DF #22 吉田麻也 選手(シャルケ04/ドイツ)
結果がついてきたのは良かったですが、この時期はいかに内容を固められているかがすごく大事です。今日はそこでできた部分が多かった。ただ、なぜできたかを明確にして、それを次のゲームでも意図的に出していけるように、勝っている時こそ、しっかり分析して話し合って突き詰め、さらに磨き上げてカタール大会を迎えられるようにしたいと思います。本戦を意識しながら目の前の相手に勝たなくてはならないのですが、そこでどれくらい「仮想」できるか。簡単ではないですが、「ドイツならもっと間に付けて来る」「ピッチが良ければ相手がもう少し動いてくる」と、今日はイメージしながらやれたのは良かったと思っています。あとは、プランA、B、Cを臨機応変に使い分けて、相手が3バックにした、ボランチが落ちてたというときにどう対応するか、準備しておくことが大事になると思っています。終盤の3バックは、「試合の流れで変化をつけたいときにちゃんと変えられるのか、試した方がいい」と監督とも話していて、それを今日試しました。

MF/FW #13 守田英正 選手(スポルティングCP/ポルトガル)
遠藤選手とのボランチはやりやすさを感じていますし、今日も良かったと思います。遠藤選手が6番のようなポジションを取っているときは前を向きやすいですし、僕が締めたり、互いにうまく補完しながら無意識のレベルでできているかと思います。チームとして前半はすごく良かったのですが、後半相手が後ろ3枚に変更してきて、僕らが少し整理するのが遅れました。いい奪い方はできたものの、すこし無駄追いしてしまったり、どこで獲りに行くかというスイッチがまだ整備しきれていないところがあると思うので、そこを今回の活動でしっかり決めなければいけないなと思っています。

MF/FW #15 鎌田大地 選手(アイントラハト・フランクフルト/ドイツ)
後半相手がフォーメーションを変えても、誰がどこに行くかは分かっていましたし、チームとしてしっかりできていたと思います。プレスについても狙いどころも決まっていましたし、みんなある程度理解してできていました。4-2-3-1でのトップ下でのプレーは、僕個人としては間違いなく良いオプションの一つです。ドイツやスペインはもっとクオリティがあって、最適な戦い方を探すのは監督ですが、いいオプションをたくさん用意することが僕たち選手にできることだと思います。本大会前にはリーグが終わってから時間がないことは選手が一番理解していているので、この2試合はすごく大事だとみんな分かっています。

MF/FW #25 前田大然 選手(セルティック/スコットランド)
トップ下に入った鎌田選手と距離感もよく、2トップみたいな感じでうまくやれていたかと思います。今日は特に距離感がよかったので、ボールが出て前に付けて攻撃できた要因になっていたと思います。自分でゴールを獲れていませんが、チームとしてはうまく機能していたと思いますし、ワールドカップではどうしてもこういう戦いになると思うので、良いシミュレーションになったと思います。ピッチコンディションの影響か相手はミスが多かったのですが、ワールドカップでこういうサッカーができれば理想かなと思います。

グレッグ・バーハルター アメリカ代表監督
ワールドカップに向けて良いテスト、良い経験になりました。結果は、我々にはまだやるべきことがあるということです。日本は素晴らしい試合をしましたし、そこは彼らを褒めるべきです。90分を通して我々は苦労させられましたが、それに対応するだけのものがなかった。どういうわけか、エネルギーやフレッシュさを欠いて、下がってしまって試合を難しくしてしまいました。後半は少しよくなりましたが、特に前半はボールを持つ自信がなくて、すぐにロストしていました。もっとパーソナリティを出してリラックスしたなかでインテンシティを持ったプレーが必要でした。

2022年9月23日(金) 14:25キックオフ予定(日本時間 21:25)vs アメリカ代表
会場:デュッセルドルフ(ドイツ)/デュッセルドルフ・アレーナ
大会情報はこちら

2022年9月27日(火) 13:55キックオフ予定(日本時間 20:55)vs エクアドル代表
会場:デュッセルドルフ(ドイツ)/デュッセルドルフ・アレーナ
大会情報はこちら

OFFICIAL PARTNER
KIRIN
OFFICIAL SUPPLIER
adidas
SUPPORTING COMPANIES
  • 朝日新聞
  • SAISON CARD
  • 大東建託
  • Family Mart
  • JAPAN AIRLINES
  • au
  • Mizuho
  • MS&AD
  • Toyo Tire Corporation
アーカイブ
  • #つな超えキャンペーン

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー