JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > SAMURAI BLUE > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE サウジアラビアでの初練習を実施

ニュース

SAMURAI BLUE サウジアラビアでの初練習を実施

2021年10月05日

SAMURAI BLUE サウジアラビアでの初練習を実施

10月4日(月)、アジア最終予選(Road to Qatar)サウジアラビア代表戦を控えるSAMURAI BLUEはサウジアラビア/ジッダに入ってから初めてピッチでのトレーニングに励みました。この日は日本から出発したJリーグ所属の5選手が到着し、合計17人の選手たちで始動しました。

トレーニング開始時刻は18時30分。気温30℃、湿度78%とやや蒸し暑さの残る中、森保一監督から「全員がまだ揃っていないけれど、それぞれがコンディションを上げて、当たり前のことを当たり前にやり、いい形で積み上げてみんなで共有していこう」と選手たちを鼓舞してから始まりました。
まだ全選手が合流していない中でも選手たちは各々が前月の活動に引き続き気持ちを熱く、精力的に取り組みました。

トレーニングの冒頭は全員でストレッチ、ジョギングから軽くステップを繰り返すウォームアップを行い、ここでこの日の昼に合流したばかりの長友佑都選手、酒井宏樹選手、大迫勇也選手、板倉滉選手、権田修一選手、谷晃生選手ら6選手は早めに切り上げ、コンディションを整えます。その後、ピッチに残った選手たちでボール回し、パス&コントロールを行い、サウジアラビアの空気を肌で感じながら汗を流します。そして最後にポゼッショントレーニングを行い、この日のトレーニングを締めくくりました。

チームは5日、6日とトレーニングを積み、7日のサウジアラビア代表との大一番に臨みます。

選手コメント

DF 冨安健洋 選手(アーセナル/イングランド)
この2試合で決まるといってもいいくらい大事な2試合になります。
直接対決に勝利すること自体が6ポイント分の意味を持つので、サウジアラビア戦、オーストラリア戦を勝つことでそれぞれが6ポイント分の価値があるということをしっかり胸に刻んで常に忘れずにやれたらと思います。
代表とクラブ、異なるチームでプレーすることになるので頭の切り替えは必要になります。いろいろなものが変わると思いますが、サッカーはサッカー、相手より走る、球際で負けないという部分はどのチームでも変わらないので、まずはそういう部分をしっかりとやることが重要になってくると思います。

MF 遠藤航 選手(VfBシュツットガルト/ドイツ)
この2試合が大事ということはみんな分かっています。
チームとしてこの難しい2戦をいかに勝ちに持っていけるか、という部分にトライしていきたいと思っています。
基本的な守備の部分はこれまでと同じようにやりつつ、攻撃にいかに加わっていくか、その回数を増やしていくかというのは相手がサウジアラビアでも他のチームでもチャレンジしたいところです。相手がどこでも、攻撃に関わっていくプレーはやり続けたいです。

MF 浅野拓磨 選手(VfLボーフム/ドイツ)
前回の最終予選のときと、今のこの状況とでは明らかに自分の立ち位置にも違いがあると感じています。
前回は、日本代表にかかるプレッシャーや責任、誇りというものを先輩たちに持ってもらって、自分は自分のプレーにだけ集中させてもらって、チームに勢いをもたらすことができていたのかもしれません。
そして4年が経って年下の選手たちがチームに加わってきたときに、前回感じなかったようなものが感じられる年齢になり、経験をしてきたと感じています。
ピッチに入ったときにいろいろなものを背負ったり、感じたりすることも大事だと思いますが、まずはピッチで、全力でプレーすることを意識しています。それが無意識にできたとき、自分のプレーが発揮できていると感じています。そうしたプレーをピッチで出すことが、日本代表にも良いものをもたらすと思っています。

MF 田中碧 選手(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)
小さい頃から目指してきた場所で嬉しい気持ちはありますが、試合に出て勝利に貢献することが一番の目標です。試合まで時間は短いですが、自分らしさを出していければと思いますし、素晴らしい先輩方がたくさんいるので、いろいろなものを吸収していきたいです。
自分がどこでボールを受けて、チームをどう前進させるかというゲームを作る部分、またゲームの流れを作る部分を出せればと思っています。クラブを移って、今まで意識していなかったことを細かく求められることがあるので、そこへの意識の向け方は今までと違いますし、そういう細かい部分も表現できればと思っています。
勝つことが一番ですし、勝たないと何も繋がらないと思っているので、そこに対して自分がピッチで勝利に貢献できればと思っています。

アジア最終予選(Road to Qatar)

2021年10月7日(木) 20:00 キックオフ(日本時間 10月8日(金)2:00)vs サウジアラビア代表
会場:ジッダ(サウジアラビア)/King Abdullah Sports City

大会情報はこちら

OFFICIAL PARTNER
KIRIN
OFFICIAL SUPPLIER
adidas
SUPPORTING COMPANIES
  • 朝日新聞
  • SAISON CARD
  • 大東建託
  • Family Mart
  • JAPAN AIRLINES
  • au
  • Mizuho
  • MS&AD
  • Toyo Tire Corporation
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー