JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > SAMURAI BLUE > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE森保監督、タジキスタン代表戦で勝利とチーム力アップを目指す

ニュース

SAMURAI BLUE森保監督、タジキスタン代表戦で勝利とチーム力アップを目指す

2021年06月07日

SAMURAI BLUE森保監督、タジキスタン代表戦で勝利とチーム力アップを目指す

SAMURAI BLUE(日本代表)の森保一監督は6月6日(日)、FIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選第7戦のタジキスタン代表戦(大阪・パナソニックスタジアム吹田)を翌日に控えてオンラインで公式会見に臨み、「勝負にこだわると同時にチームの底上げをしたい」と語りました。

先月28日のミャンマー戦での勝利で最終予選進出を決めた日本は、6月に入って同時期に活動している東京オリンピックを目指すU-24代表へ、OA(オーバーエイジ)の3選手と若手が合流し、チームの顔ぶれが変わりました。

森保監督は、「経験の浅い選手たちにはできるだけチャンスとなる機会を与えたい。個々がどれだけできるか、試合の中で見たい」と話し、9月からの最終予選を念頭に「公式戦の舞台で、チームのコンセプトがより浸透していくように、勝利とチームの経験値を上げていきたい」と語りました。

日本はグループFで6戦全勝に加えて無失点をキープしており、森保監督は、「全勝無失点で2次予選を終えて最終予選へつなげたい」と、これまでと変わらず、勝利にこだわる姿勢も見せています。

SAMURAI BLUEはこの日、試合会場で公式練習に臨み、左足に違和感を覚えたFW大迫勇也選手(ヴェルダー・ブレーメン)を除く選手たちがピッチに姿を見せて、ランニングなどでウォーミングアップ。冒頭15分以降を非公開にして戦術の確認を行いました。また、FWオナイウ阿道選手(横浜F・マリノス)が追加招集されました。

「前のポジションはどこでもできる」と話すFW古橋亨梧選手(ヴィッセル神戸)は、「相手の嫌がるプレーをして、チャンスにしっかり決めたい」と意気込んでいます。

タジキスタンは3月のF組の対戦でモンゴルに3-0と勝利して、現在3勝1分2敗の勝点10で2位。日本戦の後には、コロナ禍の影響を受けて大阪で集中開催されることになったF組の残り試合でミャンマーとの対戦(15日)を残しています。
今回の予選で2位を維持して2次予選8グループ中で上位4チームに入れば最終予選に進出し、かつ、予選を兼ねているAFCアジアカップ2023の出場権を獲得できます。それを逃しても、3位チームや4位の上位4チームに入れば、アジアカップ3次予選へ進むことができます。3日にチームを率いて来日したタジキスタンのウスモン・トシェフ監督は、「この2試合は我々にとって非常に重要だ」と述べています。

両者の前回の対戦は2019年10月の2次予選で、日本がタジキスタンのドゥシャンベに乗り込み、MF南野拓実選手(サウサンプトン)の2得点とFW浅野拓磨選手の追加点で3-0の勝利を収めています。

タジキスタンは、ブルガリアでプレーするMFパルビズジョン・ウマルボエフ選手やDFアフタム・ナザロフ選手らが今回も健在ですが、顔ぶれは半数以上が入れ替わり、2019年のFIFA U-17ワールドカップに出場した若手らアンダーカテゴリーからの選手も多く含まれています。また、今年に入って行った親善試合4試合では、5月にはイラクと0-0、タイとは2-2で引き分けました。

森保監督は、「前回と比べて戦術の幅が広がった印象がある。固い守備からの鋭いカウンターアタックは洗練されている」と分析を披露し、警戒を怠っていません。

DF昌子源選手(G大阪)は、「アピールはもちろんだが、前提として勝たないとならない。勝利を目指してやっていく」と力強く語りました。
3月の韓国代表との国際親善試合で、代表戦初出場で初ゴールを決めたDF山根視来選手(川崎フロンターレ)は、「自分のプレーを表現することと、チームの約束事をしっかり徹底できることを見せたい」と話しています。

なお、FIFAランキングではタジキスタンは121位、日本は28位です。

試合は新型コロナウィルス感染対策のため、無観客で開催されます。

監督・選手コメント

森保一 SAMURAI BLUE(日本代表)監督
明日の試合では公式戦の舞台でチームのコンセプトがより浸透していくように、勝利を目指し、チームの経験値を上げていきたいと考えています。個の力を発揮することプラス、組織の力で戦うチームコンセプトを、よりレベルアップさせたい。6月のシリーズでは常連組がOA(オーバーエイジ)やU-24代表の活動でいませんが、チーム力を上げるチャンスです。選手たちにはレベルアップできるチャンスとして、積極的にトライしてほしい。誰が出ても誰と組んでもチーム力と個の良さを発揮できることは、(なにかあっても)チーム力を落とさずに勝っていく、ベースになります。センターバックの選手には守備の選手として相手の攻撃を個で止める、チームで連携連動して止める、攻撃の起点になる3つを期待していますが、優先順位でいえば、「個で止めること」を一番に求めたいと思います。
タジキスタンは、3月から今回の6月シリーズへ向けて対外試合を行っていて、いい準備をしてきていると思います。若い選手が多く入ってきている印象ですが、明日の試合には前回我々との対戦に出ていた選手が中心になるのではと予想しています。前回、彼らはホームでアグレッシブに勝つ姿勢を見せていました。明日はいい守備からいい攻撃と、勝点1できれば3を獲る戦いをしてくると思っています。
我々はワールドカップへ向かう道の途中にありますが、全勝無失点で2次予選を終えて最終予選へつなげ、その中でセルビアとの親善試合を含めて、勝負にこだわると同時にチームの底上げをしたいと考えています。
応援してくれている方々に喜んでもらい、笑顔になってもらうためにも、勝負にこだわることを忘れずに、個の良さと組織的にチームとして戦う姿勢を見せたいですし、勝って元気や勇気、励ましのメッセージを届けたいと思います。

DF 昌子源 選手(G大阪)
昨日のU-24 代表の(ガーナ戦)ではOAの3人は素晴らしかったですし、センターバックの二人は単純なミスも少なくて、経験からくる落ち着きもありました。僕にはライバルですが、まだまだ学ぶことがたくさんあって、吉田選手のチームに安定感や落ち着きをもたらすところは、僕も見習いたいと思いました。最近は国内組、海外組と分けられる風潮がありますが、海外にいるから必ずしも上達するわけではありません。国内組の質を高めることは必要ですが、そこまで低いとも思っていません。海外でもJリーグでもずっと試合に出ることが大事なことです。僕は対戦相手のタイプによって自分の引き出しを開けていければと思っています。どこにいても、日本代表としてしっかりやっていく必要があると思っています。現在無失点が続いていますが、それは自分が試合に出たら常に意識しているところです。今回もしっかり締めたいと思います。

DF 山根視来 選手(川崎フロンターレ)
代表での強度にも慣れてきて、個人的にはいい感じてきているのではないかと思います。次の試合で出場したら、まずは自分のプレーを表現することと、チームの約束事をしっかり徹底できることを見せなくてはいけないと思っています。無失点というのはサッカーで大事なもの。それが続いているので、ここで切らすわけにはいきません。自分は所属チームでやってきたことが評価されてきたと思うので、そこをしっかり出したいですし、その中で代表の基準を出していかなければならないと思っています。代表のDFとしては1人守れることが大前提です。自分は海外の速い、強い相手に1人で守れることを伸ばしていく必要がありますが、(体格のある相手に)正面からぶつかっても勝てないので、トラップする瞬間やインタセプトで前に入ることは常に意識はしている部分です。

DF 佐々木翔 選手(サンフレッチェ広島)
タジキスタン戦は自分たちが各々の良さを出して結果を出すのが一番で、まず無失点で得点を多く取って勝つことが大事なのは間違いない。そこは目指しながらやっていきます。チャンスをもらえたら結果を出したいですし、代表で誰が残っていけるかも分からないので、そこは僕の中でも非常に重要なところです。自分の良さを出して、もっと攻撃でもプラスアルファをどんどん出していかなければと思っています。3月の韓国戦はある程度手ごたえがありましたが、もっとやれたと感じるところもあったので、よりアグレッシブにプレーしたいと思っています。チームとしては、この6月シリーズで1試合1試合結果を出しながらチームとしての成熟度をあげていくことがテーマになると思っています。

MF 古橋亨梧 選手(ヴィッセル神戸)
先日のU-24代表との試合ではチームとして意地を見せられて良かったです。ただ、自分は45分の出場でもっとできると思いますし、もっと自分にプレッシャーをかけて自分らしいプレーをしないといけないと感じました。与えられた時間を大切にしないといけないし、短い時間でも1回はチャンスが来ると思うので、そのチャンスで決められるようにしたい。代表に生き残るために今年は数字をより意識してやっています。代表ではボールの要求などまだまだなので、もっと要求していきたいと思います。

ウスモン・トシェフ タジキスタン代表監督
これから先を考えて親善試合を多くやってきましたが、公式戦とプレッシャーのない親善試合は違いますし、チームはU-17やU-19から昇格させた若手が多い編成です。ただ、精神性や士気は高いので、明日の試合へ問題はありません。日本は経験値の高い選手が揃っていてクレバーなチームです。我々の選手たちがどう戦うか、興味深いところです。2位獲得へ理論的な可能性かもしれませんが、まだチャンスはあります。この2試合はとても重要です。しっかり準備して戦いたいと思います。

FIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023予選

2021年6月7日(月) 19:30 キックオフ(予定)vs タジキスタン代表
会場:大阪/パナソニック スタジアム 吹田

大会情報はこちら

OFFICIAL PARTNER
KIRIN
OFFICIAL SUPPLIER
adidas
SUPPORTING COMPANY
  • 朝日新聞
  • SAISON CARD
  • 大東建託
  • Family Mart
  • JAPAN AIRLINES
  • au
  • Mizuho
  • MS&AD
  • Toyo Tire Corporation
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー