JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > SAMURAI BLUE > 最新ニュース一覧 > 日本代表、イトゥに戻り調整

ニュース

日本代表、イトゥに戻り調整

2014年06月16日

日本代表、イトゥに戻り調整

2014 FIFAワールドカップのグループステージ初戦のコートジボワール戦から一夜明けた現地時間6月15日、日本代表チームは試合会場のレシフェから、サンパウロ州イトゥ市のチーム本拠地に空路で戻り、当地で午後、練習を行いました。
日本の初秋を思わせるような涼しい気候のなかで、昨日の試合に出たメンバーはランニングなどのトレーニングでリカバリーに努め、試合に出ていなかったメンバーはボールを使ったトレーニングに取り組み、約1時間半、汗を流しました。
チームは次のCグループ第2戦であるギリシャ戦を19日にナタルで戦う予定で、17日までイトゥのチーム本拠地で調整を行います。

コメント

DF 森重真人 選手(FC東京)
前線からプレスをかけて奪ってショートカウンターというのが理想でしたが、なかなかプレスがかからず、後ろにずるずる下がってしまい、大迫選手と本田選手が孤立してしまいました。そこをどうやって相手を嵌めるのか、試合の中でうまく修正できなかった。前半消極的だったというのは感じていましたが、前半を終えて守り切るという選択肢は自分たちにはありませんでした。いままでやってきた『積極的に前から』というのをチームとして選んだので、それがうまくいかなかっただけなのかと思います。個人的には、もっともっと勇気をもってチャレンジすることは必要で、それができれば必ず勝利に近づけると思っています。

DF 長友佑都 選手(インテル・ミラノ/イタリア)
昨日の試合は、相手がかなり研究してきたと思います。相手のサイドバックがあれほど高い位置をとるのはあまり見たことがなくて、常に数的不利の状況でサイドで守らなければいけない状況で、かなり難しい対応でした。香川選手も頑張って守備してくれていましたが、僕らの強みは、いかに真司の攻撃の時間を増やせるかだと思うので、こんなに難しい試合はなかなかありません。(初戦負けるとステージ突破率が下がるという)データは僕にはまったく関係ない。むしろそのデータを覆す方が、僕の中でエネルギーが出てきます。覆してやろうという気持ちが今、強くあります。

FW 香川真司 選手(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
夕べは寝つきがよくありませんでした。自分たちのサッカーができなかったというのが率直にあって、また個人的にも何もできなかったと感じました。悔しいという感情しか湧かなかったです。相手も予想以上に強くて隙はあまりなかったのですが、それ以前に、僕たちがミスで自滅したり、攻撃でも『絶対できる、隙がある』と信じていましたが、どうしても動きが硬かったり、トライできなかった。ワールドカップの雰囲気もそうですし、それを含めて自分の力を出せなかったのが、自分の実力。ただ、このまま終わるわけにはいきません。この4年間、この大会のためにみんな頑張ってきました。まだ(グループステージの)リーグ戦ですから、必ずしもこれで敗退ではありません。絶対できると信じています。

GK 川島永嗣 選手(スタンダール・リエージュ/ベルギー)
1点獲ったことでメンタル的にも守らなくてはいけないというのはあったと思います。でも、結果的にその1点を自分たちで守りきっていれば、話は全く違うわけです。初戦で難しい試合で、自分たちの良さを出さなくてはいけないという気持ちもありました。コートジボワールは個の能力がある中で組織的にやってきました。自分たちもやろうとしていることが常にできるわけではないので、結果にこだわるところはこだわらなくてはいけない。自分たち自身をコントロールできませんでした。(次の試合へ)一番大事なのは危機感を持つことだと思います。守備は守備だけでなく、攻撃で良いテンポを作れていれば、ゲームをうまくコントロール出来ると思います。全体を見ていかなくてはいけません。

JFA-TV

 

  • 森重真人 選手インタビュー

  • 権田修一 選手インタビュー

  • 香川真司 選手インタビュー

  • 長友佑都 選手インタビュー

スケジュール

6月14日(土)2014FIFAワールドカップブラジル
1-2 vs コートジボワール代表
(Arena Pernambuco)
[LIVE]
NHK総合 6/15(日)9:00~(12:00)
[録画]
NHK BS-1 6/15(日) 19:00~20:54
NHK BS-1 6/20(金) 4:00~5:55
NHK BS-1 6/28(土) 17:00~18:55
6月19日(木) 19:00
日本時間
6/20(金)7:00
vs ギリシャ代表
(Estadio das Dunas)
[LIVE]
NHK BS-1 6/20(金) 6:00~9:10
日本テレビ系列 6/20(金) 5:50~9:15
[録画]
NHK BS-1 6/20(金) 20:00~21:55
NHK BS-1 6/28(土) 19:00~20:55
6月24日(火) 16:00
日本時間
6/25(水)5:00
vs コロンビア代表
(Arena Pantanal)
[LIVE]
テレビ朝日系列 6/25(水) 4:40~7:20
[録画]
NHK総合 6/25(水) 9:05~11:00
NHK BS-1 6/25(水) 20:00~21:55
NHK BS-1 6/28(土) 21:00~22:55

※テレビ放送時間は日本時間

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー