JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > SAMURAI BLUE > 国際親善試合 [6/12] TOP > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE 午前、午後と2度のトレーニングを実施

ニュース

SAMURAI BLUE 午前、午後と2度のトレーニングを実施

2018年06月05日

SAMURAI BLUE 午前、午後と2度のトレーニングを実施

SAMURAI BLUEのオーストリア・ゼーフェルトでのトレーニングも3日目を迎えました。この日は午前、午後と2度のトレーニングを行いました。

午前はフィジカルコンディションの向上を図り、様々な種類のフィジカルメニューに取り組みました。ただ走るだけというメニューは少なく、スピードの変化、ジャンプやサイドステップなどの異なる運動が加わったもの、そしてボールコントロールまで行うものなど多岐にわたるメニューを、選手たちはお互いに声をかけ合いながら取り組みました。

午後は戦術トレーニングが主となり、攻撃時にボールの運び方、複数の選手が崩しに関与し、相手の守備をどうやって攻略していくのかの意思疎通、ビジョンの共有を図りました。

アルプス山脈の山間に位置するゼーフェルト。山の天気の変わりやすいという言葉通り、午前は雲ひとつ無い快晴の中で行ったものの、午後は一転、曇天からトレーニング終盤には土砂降りの雨に降られるという激しい気候変化の中、タフなトレーニングとなりました。

それでも選手たちは意欲的にトレーニングに取り組み、トレーニング後はロッカールーム、ホテルへの移動の際もそれぞれがトレーニングで見つかった課題について、話し合い、チーム作りに取り組む姿勢が見られました。チームは6日(水)までゼーフェルトでトレーニングを行い、7日(木)にスイスへ移動。8日(金)に、スイス代表との国際親善試合に臨みます。

選手コメント

GK #1 川島永嗣 選手(FCメス)
ワールドカップ初戦まで時間が限られている中で、一番大切なのは選手全員が共通意識を持つことだと思ってます。コンビネーションを含めて、ちょっとした所が試合に出てくると思うので細部を詰めていきたいと思います。今自分達が置かれている状況を考えると、もうやるしかないですし、残された準備期間の中でやれる事を全てやりきりたいと思います。突き詰める部分が結果に繋がると思います。自分は23人のメンバーに選ばれましたが、決して23人だけで戦ってきた訳ではありません。今も(浅野)拓磨と(井手口)陽介が一緒に来てくれていますし、ここまで日本代表として戦ってきた選手もいます。自分たちだけここまで来られた訳ではなく、いろんな選手の想いもあった中での23人だと思っていますので、一人ひとりがそういう想いを感じながら戦って行ければと思います。日本代表が同グループ内で格下と思われている事に対しては、自分達にとっては関係ないと思います。周りからポジティブに見られない事も理解できますが、自分たちがピッチで何を示すかが重要ですし、またそういった前評判を自分達で覆していくしかないと感じています。

FP #19 酒井宏樹 選手(オリンピック・マルセイユ)
トレーニングでは戦術に重点を置いて取り組んでいます。フォーメーションを3バック、4バック、5バックと色々なバリエーションを試しつつ、選手一人一人が頭を使いながら、集中していますし、ポジティブな雰囲気でトレーニングができています。自分のコンディションは上がっていますし、後はコロンビア戦に向けて状態をマックスに整えていきたいと思っています。自身にとっては2度目のワールドカップになりますが大会が終わった後に「良い大会だった」と、思えるようにしたいです。とにかく結果が出るように、どんな状況でも、どんな内容でもしっかり勝ち点を取れるようなチームになっていけるようにしたいと思います。

FP #9 岡崎慎司 選手(レスター・シティー)
チームとしてはトレーニングの内容も雰囲気もすごくいい状態ですが、自分はかなり呼吸も上がっていますし、早く慣れないといけない中で手応えは感じています。自分にとっては3度目のワールドカップとなります。前回のワールドカップでの悔しさを含めて、今まで世界的な大会で世界を驚かせるには至っていないですし、最近は日本の皆さんの期待に応えられていない試合も続いています。もっと希望とか、勇気を与えられるような試合をしたいと思います。その為には結果が出さないといけないとも感じています。大事な場面での得点は自分に求められていること。また、チームが窮地に陥った時に、自分の経験値を活かしたプレーでチームを助けられるよう、準備を続けたいと思います。

午前練習

岡崎慎司 選手(レスター・シティー/イングランド)インタビュー

午後練習

  • 川島永嗣 選手(FCメス/フランス)インタビュー

  • 酒井宏樹 選手(オリンピック・マルセイユ/フランス)インタビュー

スケジュール

6月3日(日) PM トレーニング
6月4日(月) PM トレーニング
6月5日(火) PM トレーニング
6月6日(水) PM トレーニング
6月7日(木) PM 公式練習
6月8日(金) 19:00 国際親善試合 vs スイス代表(Stadium Cornaredo)
6月9日(土) PM トレーニング
6月10日(日) PM トレーニング
6月11日(月) PM 公式練習
6月12日(火) 15:05 国際親善試合 vs パラグアイ代表(Tivoli Stadion)
6月13日(水) AM トレーニング
6月14日(木) PM トレーニング
6月15日(金) PM トレーニング
6月16日(土) PM トレーニング
6月17日(日) AM トレーニング
6月18日(月) PM 公式会見・公式練習
2018 FIFA World Cup Russia
6月19日(火) 15:00 第1戦 vs コロンビア代表(Mordovia Arena)
6月20日(水) PM トレーニング
6月21日(木) PM トレーニング
6月22日(金) AM トレーニング
6月23日(土) PM 公式会見・公式練習
6月24日(日) 20:00 第2戦 vs セネガル代表(Ekaterinburg Arena)
6月25日(月) PM トレーニング
6月26日(火) AM トレーニング
6月27日(水) PM 公式会見・公式練習
6月28日(木) 17:00 第3戦 vs ポーランド代表(Volgograd Arena)

※時間はすべて現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

2018FIFAワールドカップロシア

大会期間:2018年6月14日(木)~2018年7月15日(日)
グループステージ
第1戦 6月19日(火) 21:00[日本時間] vs コロンビア代表
第2戦 6月25日(月) 0:00[日本時間] vs セネガル代表
第3戦 6月28日(木) 23:00[日本時間] vs ポーランド代表

大会情報はこちら

 

夢を力に2018

アーカイブ
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー