JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > SAMURAI BLUE > キリンチャレンジカップ2015 [6/11] TOP > 最新ニュース一覧 > イラク戦がワールドカップのスタート、ハリルホジッチ監督 ~キリンチャレンジカップ2015イラク戦へ~

ニュース

イラク戦がワールドカップのスタート、ハリルホジッチ監督 ~キリンチャレンジカップ2015イラク戦へ~

2015年06月11日

イラク戦がワールドカップのスタート、ハリルホジッチ監督 ~キリンチャレンジカップ2015イラク戦へ~

SAMURAI BLUE(日本代表)のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は6月10日、翌日行われるキリンチャレンジカップ2015イラク戦へ向けて横浜市の日産スタジアムで会見に臨み、2018 FIFAワールドカップアジア2次予選開始前最後の国際親善試合の重要性を強調。「ワールドカップは明日始まる」と意気込みを語りました。

試合会場での最終調整を前に行われた記者会見で、ハリルホジッチ監督は、「ワールドカップへは4年で(本大会グループステージの)3試合の準備をする。イラク戦で準備をしてシンガポール戦で良い結果を出したい」と話しました。

チームは欧州でシーズンを終えた海外クラブ所属選手が各自の帰国に合わせて今月初めから順次集合して調整を開始。8日からはJリーグ所属選手も合流して全体で練習を行ってきました。

イラク戦を翌日に控えたこの日の練習では、ランニングやスプリント、パス練習などに取り組んだ後にハーフコートで実戦形式の練習で戦術や連係などを確認。FW宇佐美貴史選手(ガンバ大阪)やFW原口元気選手(ヘルタ・ベルリン)らが機敏な動きを見せていました。

「3月の2試合とは今度は状況が少し違う。より良い選手を探している」と語り、イラク戦はワールドカップ予選初戦を意識したメンバー構成になることを示唆しています。
 イラクはアジア2次予選では日本とは別のグループですが、今年1月のAFCアジアカップではグループステージで日本と対戦。日本が1-0で勝利しましたが、イラクはその後大会を勝ち進み4位に入る活躍を見せました。

現在のチームは大会後、代表監督に5度目の復帰をしたアクラム・セルマン監督が率い、3月下旬にはコンゴとの国際親善試合2連戦に勝利。来日したチームの半数が今年のアジアカップのメンバーで、新たにスウェーデンやサウジアラビアでプレーしている選手らが加わりました。

ハリルホジッチ監督は、「イラクは良い相手なので、次の試合へ向けて良いテストができる」と話し、「ワールドカップ予選と同じ気持ちでやりたい」と話しました。
さらに、「(3月の)勝利のスパイラルを続けてしっかり自信をつけたい。9月以降はほとんどアウェイになるので、高い目標を設定した。2015年は1試合も負けない、美しい年にする」と、意気込みを口にしました。

イラク戦は横浜・日産スタジアムで11日19時キックオフの予定です。


監督・選手コメント

ヴァイッド・ハリルホジッチ SAMURAI BLUE(日本代表)監督
チームは団結してよいトレーニングをしています。選手の能力を改めて感じましたが、戦術、フィジカル、メンタル面でもっと伸ばして欲しいところがまだ多くあります。今回、個人的に話す時間を多く作り、何をすれば伸びるのかという話をしてきました。「もっと野心と熱意を持ってやってほしいし、他人だけでなく自分のこともリスペクトして、誰も怖がる必要はない」という話もしました。イラク戦は我々の次の試合へ向けて良いテストになるので、ワールドカップ予選と同じような気持ちで臨みたいです。3月の2試合もかなり高い目標設定で臨みましたが、今回の2試合でも勝ち続けて、チームとしてしっかり自信をつけたいです。特に9月以降のワールドカップ予選ではアウェイも続きます。高い目標を設けて臨もうと考えて、2015年は1試合も負けずに美しい年にしたいと考えました。できるだけ多く勝利できることを望んでいます。

長谷部誠 選手(アイントラハト・フランクフルト)
イラクはフィジカル的にも強くて若いメンバーも多く、非常に良いチームだと思います。アジアカップの対戦では自分たちが勝ちましたが、大会では自分たちより良い結果でした。でも今回は僕らのホームなので、内容結果ともに圧倒するぐらいのゲームはしたいですし、観ている人たちに新しいなにかを感じてもらえるような内容にしたいと、選手みんなが思っています。勝っていくことで成長していけると思うので、今年に限らず、日本代表は常に勝ち続けたいです。

宇佐美貴史 選手(ガンバ大阪)
イラクは力のあるチームです。中東のチームはファウルも厭わない激しいプレーで来ますが、その中でも自分たちのコンビネーション使っていけば崩せると思います。結果を残さないと代表には残れないので、試合に出られたら結果を残したいです。自分が出られたら自分らしいプレーをしたいですし、チームに得点をもたらすプレーを心掛けたいと思っています。

原口元気 選手(ヘルタ・ベルリン)
感覚的には悪くないので、チャンスを貰えれば良いプレーができるのではないかと思っています。監督の考え方や目指しているプレーが見えてきたので、そういうものを表現できたらいいですし、そういう準備をしてきたつもりです。速いプレー、ゴールに直結するようなスピード感のあるプレーが出せたら自分らしさも出せますし、チームが目指しているサッカーにも近いのではないかと思います。

槙野智章 選手(浦和レッズ)
監督は全試合に勝つと言っていますが、僕自身は内容にもこだわっていきたいです。攻撃で前に出ることは代表ではあまり考えていません。ボールを速く動かしたり、守備での強さを僕は求められていると思いますし、相手に仕事をさせないことやゴールから遠ざけるなど、相手が嫌がることをできるのが自分の良さだと思っています。

アクラム・セルマン イラク代表監督
日本の3月の2試合を見て、改めて強いチームだと感じました。技術もスピードもあり、優秀な選手がいて、アジアでもトップレベルです。特にホームでいつもとても強いチームです。我々にも優秀な選手がいて、私は5回目の代表監督就任でワールドカップのロシア大会へチームを導くべく、チーム作りをしています。明日の試合は我々のワールドカップ予選へ向けてとても良い準備になりますし、我々の選手たちも私自身も学ぶことを多く発見できる、意味のある試合になると期待しています。

JFA-TV

  • ヴァイッド・ハリルホジッチ 監督 インタビュー

  • 宇佐美貴史 選手(ガンバ大阪) インタビュー

  • 長谷部誠 選手(アイントラハト・フランクフルト) インタビュー

  • 吉田麻也 選手(サウサンプトン/イングランド) インタビュー

スケジュール

6月1日(月) PM トレーニング
6月2日(火) AM/PM トレーニング
6月3日(水) 17:00 トレーニング
6月4日(木) 17:00 トレーニング
6月5日(金) 17:00 トレーニング
6月6日(土) 17:00 トレーニング
6月7日(日) 17:00 トレーニング
6月8日(月) PM トレーニング
6月9日(火) PM トレーニング
6月10日(水) PM 公式練習
6月11日(木) 19:00
キックオフ(予定)
キリンチャレンジカップ2015
VS. イラク代表(神奈川/日産スタジアム)
6月12日(金) PM トレーニング
6月13日(土) PM トレーニング
6月14日(日) PM トレーニング
6月15日(月) 未定 公式練習
6月16日(火) 19:30
キックオフ(予定)
2018FIFAワールドカップロシア アジア2次予選 兼
AFCアジアカップUAE2019 予選
VS. シンガポール代表(埼玉/埼玉スタジアム2002)

※ スケジュールを変更する場合があります。

キリンチャレンジカップ2015

SAMURAI BLUE(日本代表) vs イラク代表
6月11日 19:00 キックオフ(予定) 
神奈川/日産スタジアム
テレビ朝日系列にて全国生中継
大会情報はこちら

2018FIFA ワールドカップロシア アジア2 次予選兼AFC アジアカップUAE2019 予選

SAMURAI BLUE(日本代表) vs シンガポール代表
6月16日 19:30 キックオフ(予定) 
埼玉/埼玉スタジアム2002
大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー