JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2023年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-23フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 日本代表 サッカー女子 2022年 > 最新ニュース一覧 > 【Match Report】U-17日本女子代表 初の海外遠征を3連勝で締めくくる

ニュース

【Match Report】U-17日本女子代表 初の海外遠征を3連勝で締めくくる

2022年09月03日

【Match Report】U-17日本女子代表 初の海外遠征を3連勝で締めくくる

8月31日(水)、U-17日本女子代表は、国際親善試合第2戦に臨みました。

国際親善試合

試合日時:2022年8月31日(水)17:00キックオフ 45分✕2
試合会場:Centre National du Football

U-17日本女子代表 4-0(前半1-0)U-19フランス女子代表

得点
23分 中谷莉奈(セレッソ大阪堺ガールズ)(PK)
68分 谷川萌々子(JFAアカデミー福島)(PK)
72分 谷川萌々子(JFAアカデミー福島)
89分 松永未夢(日テレ・東京ヴェルディメニーナ)

スタート
GK:1 岩崎有波(ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ)
DF:11 古賀塔子(JFAアカデミー福島)、5 中谷莉奈(セレッソ大阪堺ガールズ)、4 楠さやみ(セレッソ大阪堺ガールズ)、3 中嶋琉七(ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ)
MF:6 丸井優奈(セレッソ大阪堺ガールズ)、14 柴田瞳(ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ)、20 久保田真生(藤枝順心高)、9 三冨りりか(神村学園高)
FW:12 板村真央(JFAアカデミー福島)、13 高岡澪(藤枝順心高)

交代
HT 3 中嶋琉七(ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ) → 19 吉岡心(JFAアカデミー福島)
HT 6 丸井優奈(セレッソ大阪堺ガールズ) → 7 谷川萌々子(JFAアカデミー福島)
58分 14 柴田瞳(ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ) → 16 今野真帆(三菱重工浦和レッズレディースユース)
58分 9 三冨りりか(神村学園高) → 22 白垣うの(セレッソ大阪堺レディース)
60分 12 板村真央(JFAアカデミー福島) → 8 辻澤亜唯(藤枝順心高)
80分 13 高岡澪(藤枝順心高) → 10 松永未夢(日テレ・東京ヴェルディメニーナ)
80分 5 中谷莉奈(セレッソ大阪堺ガールズ) → 17 岡村來佳(三菱重工浦和レッズレディースユース)

出場なし
18 鹿島彩莉(JFAアカデミー福島)
21 ウルフジェシカ結吏(日テレ・東京ヴェルディメニーナ)
2 大矢さくら(ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ)
15 眞城美春(日テレ・東京ヴェルディメニーナ)

選手コメント

GK #1 岩崎有波 選手(ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ)
このフランス遠征では色々なことが学べました。トレーニングではあまり自分のプレーがうまくいかないこともありましたが、ミーティングでレジリエンスやエンパワーメントのことを教えてもらったことで、自分の気持ちの切り替えの大切さや失敗を恐れないことの大切さを知り、それからのトレーニングでは自分の良さを発揮できたと思います。フランス代表戦では日本で味わうことの出来ない緊張感を感じました。相手はチームとしての力だけではなく個々の能力が高く、スピードの速い選手やフィジカルの強い選手が多く1対1では勝てないこともありましたが、私たちはチームとして一つになり連係した守備で勝ち切れたことはすごく良かったと思います。またワールドカップのグループステージを想定した3戦を無失点で終えられたこと、そして全勝できたことを今後に生かしていけるように頑張りたいと思います。そして、ワールドカップまでの2か月間で日本代表として胸を張ってピッチに立てるまでに成長したいと思います。

DF #5 中谷莉奈 選手(セレッソ大阪堺ガールズ)
私にとって初めての海外遠征でしたが不安な気持ちは全く無く、楽しみな気持ちでいっぱいでした。このチームはFIFA U-17女子ワールドカップ優勝を目標に掲げていて、今回の遠征では自分たちが世界とどれだけ戦えるのか、世界と対等に戦うためには何が足りないのかを知ることが出来ました。実際に3試合戦ってみて、世界の選手の特徴であるパワー・スピードはやはり日本とは全然違うなと感じました。その中で、私はいつもより早く準備をすることや常に予測してプレーすることを意識しました。準備がしっかり出来ている時は速い相手に対してもしっかり対応することが出来ました。
チームとしては、無失点で3連勝出来たことはとても自信に繋がりました。この遠征でまた一歩チームが成長出来たと思います。しかし、ワールドカップ優勝の目標を達成する為にはまだまだです。だからこそ、1人1人が自分達で掲げた目標に向かって1か月間努力することが大事だと思います。
自分はこのチームに欠かせない存在になって、世界中の人の心を動かすプレーをし、ワールドカップ優勝メンバーの一員でいることが目標です。またチームを先頭で引っ張っていける選手でありたいと思っています。その為にやらなければいけないことはたくさんあります。この1か月間、本気でサッカーと向き合いレベルアップ出来るように努力します。
そして、世界一を獲ってみんなで最高の景色を見れるように個人としてもチームとしても日々成長していきます。
この遠征を行うにあたって関わって下さった全ての方に本当に感謝しています。ありがとうございました。

DF #11 古賀塔子 選手(JFAアカデミー福島)
今回のフランス遠征での3戦目でU-19フランス女子代表と戦いました。自分達よりも一つ上のカテゴリーの選手で、個人個人の身体能力が高くて、やりづらい部分もありましたが、攻守にアグレッシブに日本らしいサッカーをすることができ、無失点で勝ちきることができてよかったです。
今回のフランス遠征で海外の選手の強さや速さを体感することができて、自分の通用する部分とまだまだ足りない部分を知れるきっかけになってよかったです。ワールドカップまであと1か月なので、レベルアップして集合できるように、自チームでもがんばりたいです。

アーカイブ
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー