JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eサッカー
ホーム > 日本代表 > 日本代表 サッカー女子 2019年 > 最新ニュース一覧 > チャイニーズ・タイペイ戦に向けて非公開練習 ~EAFF E-1サッカー選手権2019

ニュース

チャイニーズ・タイペイ戦に向けて非公開練習 ~EAFF E-1サッカー選手権2019

2019年12月11日

チャイニーズ・タイペイ戦に向けて非公開練習 ~EAFF E-1サッカー選手権2019

大会初戦となるチャイニーズ・タイペイ女子代表戦を翌日に控えたなでしこジャパン(日本女子代表)は12月10日(火)、非公開練習を実施しました。

開催地の韓国/釜山に入って2日目ですが、大会初戦の前日ということで冒頭15分以降を非公開にして集中力を高めます。公開された15分の間に行われたウォーミングアップで見せた笑顔から一転、試合に向けた具体的なトレーニングになると選手たちは引き締まった表情を見せてボールを追いかけていました。

前日の公式会見で「他の3チームと違って自分たちは優勝を目指す位置にいない」と謙遜気味に話した越後和男監督率いるチャイニーズ・タイペイに対して、高倉麻子監督は、「アジア大会でも素晴らしい戦いぶりを見せていて、非常に伸びているチーム」と分析、油断は見せません。

この日開幕した大会の女子初戦では、ホスト国の韓国が中国と0-0のスコアレスドローに終わって勝ち点1を分け合ったため、なでしこジャパンは首位スタートを狙ってチャイニーズ・タイペイ戦に臨みます。また、なでしこジャパンに先んじて大会に登場したSAMURAI BLUE(日本代表)は、前後半に1点ずつを奪い、終盤に追いすがる中国を振り切って男女アベック優勝に向けて弾みをつける1勝をあげています。

なでしこジャパンの大会初戦となるチャイニーズ・タイペイ戦は、11日(水)16:20キックオフ予定です。

選手コメント

DF #4 三宅史織 選手(INAC神戸レオネッサ)
2017年に日本で開催された前回大会は、キャプテンの熊谷選手が不在の中で3試合に出場しましたが、優勝することができず、熊谷選手の大きさを改めて感じた大会でした。今大会も熊谷選手は不在ですが、同じポジションとして穴を埋めないといけないですし、その中で誰がアピールするのか、名乗りを上げるのか、そこも競争だと思っています。アジアでの戦い、それも短期決戦ということで、難しいことは分かっています。東京オリンピックまで残された時間も少なく、代表チームの活動期間も多くはありません。今回のような公式大会は貴重な機会なので、難しさをしっかり感じて、メンバー間でよく話して、合わせるところは合わせていかないともったいないと思っています。この大会で結果を残すことと同様に、チームとして完成度を高めることが重要だと考えています。

MF #17 三浦成美 選手(日テレ・ベレーザ)
今大会は、いわゆる「普通の大会」とは思っていません。ここに来る前に、東京オリンピックまでの逆算をして、そこまでの試合数も考えて、直前の試合はおそらく調整の意味合いが強くなると思うので、今回のE-1選手権はとても大事な機会になると感じています。メンバーそれぞれがチャレンジすることは大事ですが、お互いに高め合うために話す時間も大切にしないといけないと思っています。ピッチの上だけでなく、オフの時間も生かしてグループで話したりしています。個人的には、自分の強み・弱みを書き出して、何ができて何ができていないか、再確認してきました。展開力、ミドルシュートは課題なので、最近の試合でも意識して取り組んできましたし、今大会でどこまで発揮できるか、トライしようと思います。

FW #11 小林里歌子 選手(日テレ・ベレーザ)
今大会は東京オリンピックに繋げる大会にしないといけないと感じています。チームには夏のワールドカップで出た課題があり、そこに対して積み上げてきたものがあり、その成果をここで出すということもありますが、それにプラスして、東京オリンピックのためにやるべきことをやらないといけないと思っています。まずは優勝することですが、試合の中で「何か合わないな」と思うところや、「あそこは決めないといけなかった」というところを減らして、合わせていかないといけません。この時期だからこそなおさら最後の部分を詰めていく時間にしないといけないと思います。自分はフォワードの選手として、結果=ゴールにはこだわっていきたいですし、周りに合わせるだけでなく、自分からアクションを起こして自分のプレーを表現することに意識して取り組んでいこうと思います。

スケジュール

12月9日(月) PM 公式会見
TBC トレーニング
12月10日(火) TBC トレーニング
12月11日(水) 16:20 第1戦 vs.チャイニーズ・タイペイ女子代表(Busan Asiad Main Stadium)
12月12日(木) TBC トレーニング
12月13日(金) TBC トレーニング
12月14日(土) 15:55 第2戦 vs.中国女子代表(Busan Gudeok Stadium)
12月15日(日) TBC トレーニング
12月16日(月) TBC トレーニング
12月17日(火) 19:30 第3戦 vs.韓国女子代表(Busan Gudeok Stadium)

※時間はすべて現地時間です。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

EAFF E-1サッカー選手権2019 決勝大会

大会期間:2019年12月10日(火)~18日(水)
会場:韓国/Busan Gudeok Stadium、Busan Asiad Main Stadium
女子出場国:チャイニーズ・タイペイ、中国、日本、韓国

大会情報はこちら

 

OFFICIAL PARTNER
KIRIN
OFFICIAL SUPPLIER
adidas
SUPPORTING COMPANY
  • 朝日新聞
  • SAISON CARD
  • 大東建託
  • Family Mart
  • JAPAN AIRLINES
  • au
  • Mizuho
  • MS&AD
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー