JFA.jp

JFA.jp

EN

U-24日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-24 2021年 > 国際親善試合 [6/5] TOP > 最新ニュース一覧 > U-24日本代表、SAMURAI BLUEとの一戦に「この試合ができることの喜びが大きい」

ニュース

U-24日本代表、SAMURAI BLUEとの一戦に「この試合ができることの喜びが大きい」

2021年06月02日

U-24日本代表、SAMURAI BLUEとの一戦に「この試合ができることの喜びが大きい」

東京オリンピックに向けて活動をスタートしたばかりのU-24日本代表は1日(火)、SAMURAI BLUEとの対戦決定を受けて急きょ札幌入りし、夕方から札幌市内でトレーニングを行いました。

前日、夕食後に移動の可能性を伝えられていた選手たちは手慣れた様子で荷物をまとめ、就寝。翌朝SAMURAI BLUEと同じチャーター便で移動しました。トレーニングでは、少し肌寒い気候のなか、ボール回しのあとにパス&コントロールやミニゲームなどを精力的にこなしました。この日来日したMF食野亮太郎選手もジョギングなどで汗を流し、ピッチには全27選手が揃いました。

「急きょ言われて移動してきたけれど、この試合ができることの喜びの方が大きい。試合が多いほうが僕たちにはアピールするチャンスが増えるし、歓迎している」とMF三好康児選手。オーバーエイジとして今回からU-24日本代表に参加しているMF遠藤航選手も、「U-24の選手たちはSAMURAI BLUEと対戦できる、と非常に楽しみにしている。素晴らしい強化試合になると思っている」と、それぞれがポジティブに捉えています。

新型コロナウイルスの影響で東京オリンピックが一年延期となり、選手たちは個人の成長を自身で促してきました。昨年1月のAFC U-23選手権タイ2020以来の代表招集となり、ドイツで磨きをかけてきた遠藤渓太選手もその一人。「このままじゃいけない、なにか変わらないといけないと思ったのが海外に行った理由の一つ。しっかり自分自身のプレーを見せたい」と話しました。

まずは6月3日(木)。SAMURAI BLUEとの一戦に臨みます。

選手コメント

MF 遠藤航 選手(VfBシュツットガルト/ドイツ)
リオオリンピックの際と比べるとSAMURAI BLUEでプレーしている選手が多いので、僕らオーバーエイジも問題なくU-24に加われると思っています。国内組とのトレーニングはこれからですが、彼らとのコミュニケーションにフォーカスすることができます。今回、SAMURAI BLUEと試合ができることに対してすごくポジティブで、モチベーションが高い選手たちが多いなという印象を持っています。試合数が1試合増えましたが、すごく実りある合宿になると予想しています。U-24日本代表として大事なのは、チームとしてどういうサッカーをするか。オーバーエイジが入って初めての試合。チームとしてどういう戦い方ができるのかにフォーカスすることが大事ですし、そこに注目してほしいです。

MF 三好康児 選手(ロイヤル・アントワープFC/ベルギー)
まだ一回しかトレーニングしていないですし、何が変わったかわからない部分はありますが、オーバーエイジの選手たちが入ってきたことで、メンバーが絞られていくという危機感はありますし、全員がピリッとした雰囲気があると思います。アピールしなければそこに入っていくことはできないですし、必然という選手は誰もいない。全員がその気持ちを持っていると思います。2列目の攻撃的選手として、攻撃を活性化させ、得点チャンスを作る、得点を取ることを意識してやっていきたいです。トレーニングからこのチームの指針、方向性を全員で示していく、そしてこのU-24日本代表というチームを全員が作っていくことを意識することを大事にしたいです。

MF 遠藤渓太 選手(1.FCウニオン・ベルリン/ドイツ)
オリンピックまで時間がないですし、自分は今いる選手たちに追いついていかなければいけない立場。練習でも試合でも目に見える結果が大事だと思っています。
ドイツでは今シーズン、試合にずっと出ることはできなかったですし、これがいまの自分の実力と捉えています。知り合いがいるわけでもない、誰も助けてはくれない、自分でなんとかしなくてはいけない状況に身を置いて、プレー面でも、球際の激しさ、守備の強度などを学ぶことができたと思っています。自分の武器はドリブルやスピード。どんどんサイドで仕掛けていきたい。サイドアタッカーだとしても守備は求められているので、その部分での強度も見せたいです。

MF 橋岡大樹 選手(シントトロイデンVV/ベルギー)
(SAMURAI BLUEとの対戦は)なかなかこうしてやる機会はないので、チャンスに変えたいです。試合をすると聞いて「絶対に負けたくない」という気持ちが強かったですが、誰が相手でもやることは変わりません。気をつけないといけないのは、相手をリスペクトしすぎて消極的になってしまうこと。今回はオリンピック選考前の大事なキャンプ。目の色を変えて、いま自分ができることを精一杯やって悔いのないようにしたいです。東京オリンピックは近くにある、一番の目標です。出場して、それからワールドカップ、その先の夢、と一つ一つ叶えていきたいと思っています。誰よりも熱いプレーがしたいし、こういう時期だけれど、日本中の皆さんに戦っている姿を見てもらって、元気、勇気を届けられれば、と心がけながらやりたいです。

SAMURAI BLUE 対 U-24日本代表

開催日時:2021年6月3日(木) 19:30 キックオフ(予定)
会場:北海道/札幌ドーム

大会情報はこちら

国際親善試合

U-24日本代表 対 U-24ガーナ代表
開催日時:2021年6月5日(土) 19:25 キックオフ(予定)
会場:福岡/ベスト電器スタジアム

大会情報はこちら

U-24日本代表 対 ジャマイカ代表
開催日時:2021年6月12日(土) 13:35 キックオフ(予定)
会場:愛知/豊田スタジアム

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー