JFA.jp

JFA.jp

EN

U-23日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-23 2020年 > 最新ニュース一覧 > 「序列は変えられる」 U-23日本代表候補トレーニングキャンプ

ニュース

「序列は変えられる」 U-23日本代表候補トレーニングキャンプ

2020年12月24日

「序列は変えられる」 U-23日本代表候補トレーニングキャンプ

U-23日本代表候補のトレーニングキャンプは23日(水)に活動2日目を迎え、前日に引き続き午前・午後の二部練習を行いました。

今回のトレーニングキャンプで練習のすべてを取り仕切っているのは横内昭展コーチです。森保一監督がSAMURAI BLUE(日本代表)と東京オリンピック世代を兼務していることから、これまでU-23日本代表の活動の多くは横内コーチが指揮を執ってきました。2021年も3月と6月はSAMURAI BLUEと活動が重なるため、東京オリンピック直前までは横内コーチが監督を務め、U-23日本代表専任の栗原克志コーチ、川口能活GKコーチとともにチーム作りを進めていきます。

午後のビルドアップの練習時にも横内コーチの大きな声が響き渡っていました。「奪った瞬間、ボールをどこにつけるか」、「周りがいかに動いてパスコースを作ってあげるか」と選手たちに意識を植え付けつつ、「アイディア悪くないよー」「ブラボー!」と声をかけてテンポよく練習が進んでいきます。練習の前後には、横内コーチ、森保監督が選手個々とピッチ上で話し込むシーンがあちこちで見られました。

「この年代の序列が変わっている」と森保監督が口にしていたように、今回は初選出が9名で、久しぶりに参加している選手もいます。来年のオリンピック、その先のカタールワールドカップを見据え、森保監督は「SAMURAI BLUEの活動に参加したオリンピック世代7名が見せたピッチ内外での自己表現能力をベースに考えて、国内合宿でも選手を見たい」と活動の意図を話していました。

これに応えるように、2017年のチーム立ち上げ当初から選出され、成長を遂げてきたFW上田綺世選手は「立ち位置や序列をよく聞かれるけれど、自分がどの位置にいるかというのは関係ない。それぞれ特長を評価されて呼ばれていると思うし、どう出して結果に結びつけるか、チームにどう効果を与えるかが重要」と話していました。

トレーニングキャンプはあと3日です。

選手コメント

DF 渡辺剛 選手(FC東京)
AFC U-23選手権タイ2020の経験はすごく自分に生きていると感じています。勝たなければいけない試合で勝てなかった、勝ち上がらなければいけないところで勝ちあがれなかったのは自分たちの、そして自分自身の力不足だと感じた大会でした。力をつけて、代表に向かわなければいけないと思っていましたし、一年間活動はなかったけれど、あの経験が今年のリーグ戦やサッカー人生にいい意味でいい影響を与えたと思います。
(オリンピックの延期は)AFC選手権を経て、精神的にも技術的にもオリンピックで活躍できるだけのものはないなと思っていたので、レベルアップする期間や経験する機会も増えて、個の力が強くなって集まれるいい機会だと感じました。

MF 安部柊斗 選手(FC東京)
世代別を通しても初めての日本代表ですし、ここを目標のひとつとしてやってきたので(選出は)嬉しかったです。ポジションが本職じゃないところでもできる選手が上に行く選手だし、いい選手だと思っているので、与えられたポジション、役割を全うすることを意識してやっています。自分の特長である運動量、得点に絡むプレーを出していきたいです。
(ACLを経験して)得点を取らなければ勝てないですし、先制されると逆転までもっていくのはまた難しい。決定力というのは大事だなと感じた大会でした。決めるべきところで決める、攻撃に絡むところでパスを通す、ゴールを決めるプレーをしたいと思いますし、こだわっていきたいです。

MF 齊藤未月 選手(湘南ベルマーレ)
今シーズン、所属クラブではダブルボランチのひとつ前のポジションでプレーする機会が増えて、ゴールに関わるプレー、ゴールの近くに行く回数が多くなりました。これを継続して、目に見えるアシストや得点を増やしていきたいと思っています。
自分の一番の良さは、動き続けていろんなところに顔を出すこと。(来シーズンプレーするロシアでも)試合全体を通して多くボールに関わって、守備の部分でも攻撃の部分でも関われるプレーができたらいいなと思っています。

スケジュール

【2021年 U-24日本代表スケジュール】
3月26日(金) 国際親善試合(東京スタジアム)
3月29日(月) 国際親善試合(北九州スタジアム)
6月5日(土) 国際親善試合(ベスト電器 スタジアム)
6月12日(土) 国際親善試合(豊田スタジアム)
7月12日(月) キリンチャレンジカップ2021(長居球技場)
7月17日(土) キリンチャレンジカップ2021(ノエビアスタジアム神戸)
7月22日(木)~8月7日(土) 第32回オリンピック競技大会

※全チームスタッフ、選手は集合時にSmartAmp法検査を実施します。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一般の方におかれましてはトレーニングの見学は一切できません。
※選手やスタッフによるサイン、握手、写真撮影、プレゼント受け渡し等の対応も自粛させていただきます。
皆さまのご理解とご協力を、よろしくお願いいたします。

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー