JFA.jp

JFA.jp

EN

U-22日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-22 2021年 > 最新ニュース一覧 > U-22日本代表 AFC U23アジアカップ予選の初戦を前に公式練習

ニュース

U-22日本代表 AFC U23アジアカップ予選の初戦を前に公式練習

2021年10月26日

U-22日本代表 AFC U23アジアカップ予選の初戦を前に公式練習

U-22日本代表は10月26日(火)、AFC U23アジアカップウズベキスタン2022予選の初戦を迎えます。第1戦の相手はU-22カンボジア代表。カンボジアは初戦でU-22香港代表に4-2で勝利し、勢いに乗っています。日本は、22日(金)から活動を開始、24日(日)夜にはJリーグ公式戦を終えた選手も集まり、23名全員が揃いました。この日25日(月)はJヴィレッジスタジアムで公式トレーニングを行い、初戦に向けて選手たちのモチベーションも高まっています。トレーニング前には内山篤日本代表サブダイレクターが日本代表アイデンティティの考え方を改めて選手たちと共有し、2018年より積み上げてきたこのチームの活動を映像と共に振り返り、全員で最終調整を行いました。選手は、ピッチコンデション、スタジアムの雰囲気を十分感じながら、チーム間での連係面を繰り返し確認していました。

新型コロナウイルスの影響を受け、SAMURAI BLUE(日本代表)と東京オリンピックに出場したU-24日本代表以外の男子カテゴリーの活動の多くは、中止・延期になったままです。2019年のFIFA U-17ワールドカップ以来となる公式戦に臨むMF田中聡選手も、「この状況下で国際大会ができるありがたみを感じている」とコメントしていました。いよいよ26日(火)、育成年代の日本代表の国際試合がJヴィレッジでようやく再開されます。

監督・選手コメント

冨樫剛一 監督
初戦にコンディションをしっかり合わせて戦える選手でスタートしたいと考えています。カンボジアはいい選手が多いですし、上手さもある。想像通りいいチームだと感じています。我々もアンダーカテゴリーで積み上げてきたものがありますし、攻守において一体となって戦えることは日本の武器です。ゴールをより意識して取り組んできましたので、それを含めてピッチ上で見せられると思います。選手たちをスカウティングするうえでは、誰が国際試合を戦えるのか、SAMURAI BLUEにつながるのかという視点で選出し、トレーニングキャンプを積んできました。選手たちがその成果を出してくれることを願っています。

MF #13 田中聡 選手(湘南ベルマーレ)
いよいよ始まるという感覚です。久しぶりの海外とのゲームですし、どれだけボールを獲れるか、対人で対応できるかにしっかり取り組みたいです。(カンボジアは)上手ですし、決して甘く見てはいけないチーム。スペースを与えないように、隙を作らないように、全員で意識したいです。どういう状況に置かれても、焦らずに日本らしいサッカーを出していければ結果は出せると思います。他の選手たちもモチベ―ションが高いですが、ただ試合をするのではなくて、日本を背負って必ず勝たなければいけないと思っているのと同時に、簡単ではないことも全員が理解しています。

MF #14 藤田譲瑠チマ 選手(徳島ヴォルティス)
FIFA U-17ワールドカップブラジル2019ではノックアウトステージ初戦でメキシコと対戦して、サッカーにかける思いの差をすごく感じました。これまで、それを意識してやってきましたが、カンボジア対香港の映像を見て、すごく勢いがありましたし、1対1にかける思いが映像越しでもすごく伝わってきました。もう一度気を引き締めて、1対1の局面で負けないという部分が大事だと思います。
U-24日本代表にトレーニングパートナーとして帯同して思ったのは、技術がものすごく高いのはもちろんですが、ハーフタイムや試合前の互いの要求の質、量が僕たちのカテゴリーとは全然違ったことでした。要求を増やしていって、チームとしての考えをすり合わせていきたいです。

FW #9 細谷真大 選手(柏レイソル)
国際試合が初めてなので、自分自身も楽しみです。背番号が9番というのも意識しながら、このチームを勝たせるんだぞ、という気持ちで臨みたい。(味方の)プレースタイルもわかっているので、あとは試合で合わせるだけです。日の丸を背負ってプレーすることは責任と覚悟が必要。自分が持っているものを100%出して、いい結果を出したいです。
これまで年代別代表に選ばれていなかったということは、そのシーズンで結果を残せていなかったからだと自覚しています。結果を出すことを継続しなければいけないですし、それができれば代表にもつながるかなと思って頑張っています。

AFC U23アジアカップウズベキスタン2022予選

2021年10月26日(火) 13:00 キックオフ(予定) vs カンボジア代表
2021年10月28日(木) 13:00 キックオフ(予定) vs 香港代表
会場:福島/Jヴィレッジスタジアム
TV放送:CS日テレジータス

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー