JFA.jp

JFA.jp

EN

U-21日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-21 2022年 > 最新ニュース一覧 > U-21日本代表 今大会最終戦 オーストラリア戦も絶対に負けられない試合に

ニュース

U-21日本代表 今大会最終戦 オーストラリア戦も絶対に負けられない試合に

2022年06月18日

U-21日本代表 今大会最終戦 オーストラリア戦も絶対に負けられない試合に

AFC U23アジアカップウズベキスタン2022の3位決定戦オーストラリア戦を翌日に控えたU-21日本代表は17日(金)、実施された公式会見に大岩剛監督とキャプテンの藤田譲瑠チマ選手が登壇し、午後のトレーニングは非公開で行いました。

対戦するオーストラリアを「非常に力のあるチームだと分析している」と評した大岩監督は、「3位決定戦ではありますが、リバウンドメンタリティを持ってしっかりと準備して臨みたい」と話しました。準決勝までの全5試合に出場し、先発出場した4試合でキャプテンマークを巻いてきた藤田選手は、「オーストラリア戦が今大会の最後の試合。いい内容で勝って、パリオリンピックに向けた次の活動につなげたい」と意気込みを語りました。

「体の大きさやスピードといった我々にはない特徴を持った相手に、注意深く試合に入らないといけない」と大岩監督が警戒するオーストラリアは、イラク、ヨルダン、クウェートといった中東勢が同組に入ったグループBを2勝1分の1位で突破。迎えた準々決勝ではトルクメニスタンを2-0で退けて大会ベスト4入りを果たしましたが、準決勝でサウジアラビアに0-2と完封負けを喫しています。前回大会でも3位決定戦に勝利し、2大会連続の上位フィニッシュを狙うオーストラリアとの試合は、パリオリンピック出場権が懸かる次回大会の組み合わせにも影響するため、大岩監督も「消化試合ではない」と話す極めて重要な一戦となります。

今大会最後の試合となる3位決定戦オーストラリア戦は、18日(土)日本時間22時キックオフ予定です。

選手コメント

DF #5 木村誠二 選手(モンテディオ山形)
代表活動の締めは勝利であるべきですし、1位にはなれないので全開の笑顔とはいきませんが、笑って終わりたいので、絶対に勝って日本に帰りたいです。ここまで全て中2日の試合で、目に見えて疲労が出ていると感じますし、あらゆる方法で回復を図っていますが、MAXまで戻すのは難しいと実感しました。練習で上手くいかなかったり、試合でも課題があったり、そうした部分のストレスが溜まってはいる中で、サッカー選手として試合に出れないのは悔しいですが、練習や試合を通じた監督の評価だと思うので、そこは真摯に受け止めています。ここまでチームは一緒に過ごす時間が長く、話す時間もある中で、最初の頃はあまり話さなかった選手とも話すようになるなど、ピッチの外での関係性にも大きく変化はあったと思います。

DF #16 内野貴史 選手(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)
優勝を目指してやってきて、そのチャンスがない状況で少し残念な気持ち、後悔している気持ちはあります。もう1試合、次のポット分けにも関わってくる大事な試合だと分かっていますし、今後も代表に選ばれ続けるためにも、どんな試合でも自分が持っている力を100%発揮していいプレーを見せないと生き残れません。今後のチームの活動のためにも、自分の立ち位置のためにも重要な試合だと考えています。大会にかける熱い気持ちは大会を通じて高まっていたり、悔しさをエネルギーに変える部分もあったり、このチームの活気の良さにもつながっていると思います。疲労は多少はありますが、気持ちの面で、その疲労を補えているくらいのポジティブな「気」をこのチームからは感じます。長い時間をともにして、話す時間も多く、プレー面での選手それぞれの特徴もつかんできて、チームの成熟度は増してきていると思います。3位決定戦は何が何でも勝ちにいきます。

MF #19 松木玖生 選手(FC東京)
3位決定戦は重要な試合になるので、絶対に勝たないといけないと思っています。グループステージと準々決勝では自分たちらしいサッカーでいい結果が出せたと思いますが、準決勝のウズベキスタン戦では出ていた選手に疲労の色も見えて、自分が試合に入ったときにどういう風にチームに貢献できるか考えながら準備していました。出場時間は短かかったですが、チームとしての成長はできていると感じています。ピッチに入ったときに、全員が勝利のメンタリティを持って、全員で声を掛け合っていて、そこは3月のドバイカップではあまり感じなかった部分でした。チームの完成度という点ではまだまだですが、そういった意識の部分は高まっていると感じます。相手も同じく勝利を目指してくるので、まずは試合の入り方を間違えないようにして、そして何が何でも自分がしっかりとゴールを決めてチームを勝たせられるように頑張ります。

MF #20 三戸舜介 選手(アルビレックス新潟)
グループステージの最後でレッドカードで退場して2試合出場停止になり、チームに迷惑をかけたので、3位決定戦はやるだけですし、やりきらないといけないと思っています。試合には出れませんでしたが、その分荷物を運んだり片付けをしたり、そのへんは意識をしていましたし、練習中も自分が暗い表情を見せないようにと意識していました。2試合の出場停止を聞いたときは落ち込みましたが、準々決勝でチームが勝ってくれて最後に試合に戻ってこれたので、みんなには感謝していますし、余計に気合が入っています。試合ができる喜びを感じていますし、次回大会でポット1に入るためには負けられない試合なので、みんな勝とうと思っていますし、全員のモチベ-ションは高いです。3位決定戦はゴールやアシストという結果でチームに貢献したいです。

AFC U23アジアカップ ウズベキスタン2022

大会期間:2022/6/1(水)~2022/6/19(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー