JFA.jp

JFA.jp

EN

U-20フットサル日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-20フットサル 2021年 > 最新ニュース一覧 > U-20フットサル日本代表候補 1か月ぶりに活動を再開

ニュース

U-20フットサル日本代表候補 1か月ぶりに活動を再開

2021年06月22日

U-20フットサル日本代表候補 1か月ぶりに活動を再開

U-20フットサル日本代表候補は21日(月)、静岡県浜松市で活動を開始しました。AFC U-20フットサル選手権2021の中止を受けて大会2連覇の機会を失いながらも、木暮賢一郎監督のもと1日も早くフットサル日本代表、トップカテゴリーの一員として世界で活躍することを念頭に置きながら活動をしてきたU-20フットサル日本代表候補。3日間のトレーニングキャンプの最終日はFリーグに所属する地元のアグレミーナ浜松とのトレーニングマッチを行います。

5月以来約1か月ぶりの活動となった今回のキャンプには19名の選手が招集され、GKの井戸孔晟選手、FPの靏谷春人選手がU-20フットサル日本代表候補に初招集されました。また2019年のAFC U-20フットサル選手権で大会MVPを受賞し、現在はスペインでプレーする大澤雅士選手が現体制となってからは初の招集となりました。

チームは6月21日の朝に浜松のチームホテルに集合してPCR検査を受け選手・スタッフ全員の陰性を確認してから始動しました。冒頭のミーティングで小西鉄平 JFAフットサルテクニカルダイレクターより6月末に計画していたフットサル日本代表候補との親善試合が昨今の情勢を受けて開催ができなくなってしまったことが説明されました。木暮監督からは「チームが置いていた大きな目標を再度失って心理的なダメージはあると思うが、選手である限り目の前の現状を受け入れて気持ちを切り替えて今回のトレーニングや最終日の試合に臨んでほしい。世代別の大会で優勝する事は通過点でしかなく、目指すべきものはチーム発足後から変わらずトップカテゴリーの一員としてワールドカップを戦うということ。現在、このチームから5人の選手がトップカテゴリーの候補の活動に招集されていて、そのメンバーには最後までくらいついて欲しいと思う。仮に今夏のワールドカップにこのチームから誰も参加できなかったとしても2024年の次回大会に参加するためには次のチーム発足後すぐにメンバーとして名前を連ねなければならないことを意識して毎日を過ごしてほしい」とメッセージが伝えられ、選手たちは最初のトレーニングに向かいました。

週末にFリーグでプレーしていた選手が多く、コンディション状況にばらつきがあったため、初日のトレーニングはFP陣には下地達朗フィジカルコーチ、GK陣には内山慶太郎GKコーチが担当し、入念なウォーミングアップを実施。その後は3対1での攻撃や条件付きの紅白戦など90分間のトレーニングに全員で取り組みました。ピッチでの最後のクロージングでは大澤選手より「移動の疲れがあったり、やり慣れていないメンバーとのプレーで合わない部分もあり、今日のトレーニングは自分含めてあまり質の高い内容ではなかったかもしれないが、代表エンブレムを背負ってプレーする限りはそういったことは関係なくて、いつでも最高のプレーができるよう良い準備をして明日以降より良い活動にしていこう」と締めくくられました。

選手コメント

GK 井戸孔晟 選手(デルミリオーレクラウド群馬セグンド)
このような状況の中、今回のトレーニングキャンプを開催していただいたことにすごく感謝しています。午後の1セッションの練習しかありませんでしたが強度の高い中で練習することができました。残り二日間も妥協することなく全力で取り組み、最終日のアグレミーナ浜松に勝てるように頑張ります。

FP 黒田智暉 選手(Y.S.C.C.横浜)
今回も合宿に呼んで頂いて大変光栄で、嬉しく思います。また合宿を行うにあたって協力してくださった方々には大変感謝します。
大会の中止も決まり、トレーニングセッションも残り少なくなってきました。最後まで貪欲に学び続けパワーアップしていきます。また、シーズン中の開催で難しいコンディション下でも質にこだわり責任を持って取り組みたい。

FP 靏谷春人 選手(湘南ベルマーレ)
初日の練習、チームとしても個人としても凄くいい練習ができたと思います。このコロナ禍でこのようないい練習ができる環境とこの合宿を開いてくれた沢山の方々に感謝しています。
日本代表というエンブレムを背負えてることに嬉しく思っています。そして、この合宿では自分の持っている力を全部出し切り、アピールしていきます。まずチームとしては、最終日のアグレミーナ浜松戦に勝利するためにトレーニングしています。個人としては、トップカテゴリーの代表に呼ばれる為に少しでも成長し、チームではもっと活躍できるように頑張りたいです。残りの2日間、濃い時間にできるように頑張っていきます。

FP 山中翔斗 選手(ペスカドーラ町田)
今回、この合宿を開催するにあたって多くの方々が協力してくれたことに感謝しています。初めてシーズン中の開催になりますが、気持ちをしっかりと切り替え3日間という短い合宿なので、代表選手としての自覚を持ち1分1秒も無駄にせず活動して行きます。また、自身4度目の招集となるので、チームとしてやるべきプレーと個人の得意なプレーを両方出していきたいと思います。残りの2セッションと最終日のトレーニングマッチに向けて、クオリティを高めていけるように取り組みたいと思います。

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー