JFA.jp

JFA.jp

EN

U-20日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-20 2021年 > 最新ニュース一覧 > U-22日本代表 AFC U23アジアカップ予選、予選突破に向けて最終調整!

ニュース

U-22日本代表 AFC U23アジアカップ予選、予選突破に向けて最終調整!

2021年10月28日

U-22日本代表 AFC U23アジアカップ予選、予選突破に向けて最終調整!

U-22日本代表は10月28日(木)、AFC U23アジアカップウズベキスタン2022予選の第2戦(最終戦)を迎えます。初戦はU-22カンボジア代表相手に4-0で勝利。この年代にとって国際レベルでの公式戦を経験している選手は少なく、「さすがに緊張しました」と話す選手が多い中、日本は序盤から相手を攻め込み、選手それぞれがアグレッシブに個性を発揮し、前半で2点を奪い、後半も勢いを落とさず2点を奪い、守備陣も集中力高く無失点で抑えて大事な初戦を制しています。試合後には冨樫剛一監督から、「この年代にとって2年ぶりの国際試合となるので、日本代表のユニフォームを着て、試合前に国歌を聴くと、ピッチに立った瞬間からやはり硬さが見られたなと感じています」と公式コメントがあった言葉通り、改善点も見られましたが、貴重な勝ち点3を手にしています。

初戦で勝利した勢いをもって臨みたい第2戦の相手はU-22香港代表。初戦のカンボジアとの試合を2-4で落としているとはいえ、今大会第1ポッドだけに好ゲームが期待されます。U-22日本代表は試合前日の27日(水)、午前中にトレーニングを実施。冨樫剛一監督から「初戦、無失点での勝利は大きい。けれど内容含め満足している選手は誰もいないと思う。初戦よりしっかり内容含め改善し、勝って次に繋げよう」と冒頭ミーティングでアドバイスを受けました。カンボジア戦に出場した選手は、ダウン中心のリカバリーメニューで、中1日の試合に備えました。出場時間が短かった選手らは、週末からのJリーグ出場から日数も経ち、試合に向けてコンデションを上げてきている様子を見せていました。相手は中4日なこともあり、チーム全員で予選突破に向けて準備していきます。この状況下で国際大会ができるありがたみを感じながら、AFC U23アジアカップウズベキスタン2022予選最終戦に臨みます。

この試合の結果をもってグループKの1位になると、来年6月にウズベキスタンで予定されているAFC U23アジアカップウズベキスタン2022の出場が決定します。AFC U23アジアカップウズベキスタン2022には、予選各グループ1位の11チームと、各グループ2位のうち成績上位の4チームにホスト国のウズベキスタンを加えた16チームが出場します。

選手コメント

DF #16 半田陸 選手(モンテディオ山形)
周りの選手と話し合いながら、いい距離感でサッカーができればと思います。サイドで何度も何度も追い越す、いいクロスをピンポイントで入れることを大事に、また守備ではカウンターを受けないようにまわりとコミュニケーションを取って相手の起点をつぶし続けられればと思います。日の丸をつけてプレーできることを嬉しく思いますし、日本の代表としての覚悟と責任を持って戦わなければいけないと思います。
海外の選手と戦うことで、試合中にもどんどん成長できますし、チームとしても一回りも二回りも大きくなれます。(新型コロナウイルスの影響で)これまで試合がなかったのは残念ですが、この予選の一試合を大事にして、チームがひとつになって戦います。最高のパフォーマンスを出せるようにいい準備をしたいと思います。

MF #10 郷家友太 選手(ヴィッセル神戸)
カンボジア戦同様に難しい試合になるかもしれないので、チーム全員でスピード感を持ってプレーしたいですし、チャンスを1回も与えないくらいの守備をお見せできたらと思います。僕らの世代も、FIFA U-20ワールドカップの予選だったアジアの戦いでサウジアラビアに負け、ワールドカップでは韓国に負けています。アジアのレベルは上がっていて、日本が簡単に勝てる試合は少なくなっていると思っています。世界を基準にして、選手一人一人がやっていかなければいけないということを、SAMURAI BLUEの試合を見たりして、強く思っています。(今回はU-22世代が数名招集されたが)自分たちの年代がどれだけ重要か、また呼んだ意味も冨樫監督からお聞きして、役割もしっかりと与えてもらっています。その期待に応えたいですし、役割を全うしたいです。オフの部分、そして試合のなかで一番声を出す、プレーで見せるといった面で引っ張っていきたいと思います。

FW #19 中村仁郎 選手(ガンバ大阪ユース)
(カンボジア戦の得点は)試合に入ったときは難しくて、あまり足にボールがつかなかったですが、ゴールシーンに関しては上手く相手を見ながらコースも見えたので、自信を持って蹴り込みました。スタートから出られなかった悔しさもありましたし、中学生のときから代表活動で切磋琢磨してやってきた同世代の仲間が得点を決めていたので、自分も決めたろうと強く思えました。攻撃面で見ている人がワクワクするプレーをどんどんしたいと思います。

AFC U23アジアカップウズベキスタン2022予選

2021年10月26日(火) 13:00 キックオフ(予定) vs カンボジア代表
2021年10月28日(木) 13:00 キックオフ(予定) vs 香港代表
会場:福島/Jヴィレッジスタジアム
TV放送:CS日テレジータス

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー