JFA.jp

JFA.jp

EN

U-18日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-18 2019年 > 最新ニュース一覧 > U-18日本代表AFC U-19選手権 2連勝で予選突破を掛けてベトナム戦へ!

ニュース

U-18日本代表AFC U-19選手権 2連勝で予選突破を掛けてベトナム戦へ!

2019年11月09日

U-18日本代表AFC U-19選手権 2連勝で予選突破を掛けてベトナム戦へ!

AFC U-19選手権2020 予選 U-18日本代表 vs. U-18モンゴル代表
2019年11月8日(金) キックオフ時間 16:00(現地時間) 試合時間 90分(45分×2本)
Thong Nhat Stadium(ベトナム/ホーチミン)

U-18日本代表 9-0(前半3-0、後半6-0)U-18モンゴル代表

得点
7分 大森真吾(U-18日本代表)
12分 大森真吾(U-18日本代表)
45+2分 晴山岬(U-18日本代表)
49分 中村拓海(U-18日本代表)
66分 加藤聖(U-18日本代表)
73分 晴山岬(U-18日本代表)
76分 晴山岬(U-18日本代表)
87分 晴山岬(U-18日本代表)
89分 大森真吾(U-18日本代表)

スターティングメンバー
GK:山田大樹
DF:中村拓海、木村誠二、山﨑大地、バングーナガンデ佳史扶
MF:石浦大雅、柴田壮介、川崎颯太、川本梨誉
FW:大森真吾、晴山岬

サブメンバー
GK:小久保玲央ブライアン、小畑裕馬
DF:西尾隆矢、三原秀真、林田魁斗、加藤聖
MF:岩本翔、松本凪生、鮎川峻、武田英寿
FW:櫻川ソロモン、染野唯月

交代
HT 川本梨誉 → 林田魁斗
59分 バングーナガンデ佳史扶 → 加藤聖
72分 石浦大雅 → 武田英寿

マッチレポート

11月8日(金)、AFC U-19選手権2020予選、グループJのU-18日本代表は第2戦でU-18モンゴル代表に9-0で快勝し、2連勝を飾りました。
初戦から全メンバーを変更して臨んだ日本は、立ち上がりから引いてくる相手を圧倒します。ボールを素早く動かしながら、効果的にサイドチェンジを繰り返し、チャンスを作ります。7分には、DF山﨑大地選手からのロングパスをDF中村拓海選手が右サイドでボールを受けると、サイドからのクロスにFW大森真吾選手が合わせ早速均衡を破ります。さらに12分には再び同じ形から、中村選手の速いクロスに大森選手が上手く相手のGKとDFの間に入り込み2点目を奪います。日本はさらに押し込みたい所でしたが、少しリズムを掴めない時間が続きます。ゴール前まで迫るも、初戦同様焦りからか最後のパスの精度が足りず、連携面も合わない場面が目立ち、耐える時間が続きます。前半終了間際にカウンター攻撃から、MF石浦大雅選手が抜け出し、相手選手と転倒しながらもこぼれ球を拾ったFW晴山岬選手が決めて3点目を奪い、3-0で前半は終了します。
ハーフタイムに影山雅永監督から「相手に合わせない、改めて自分から強烈なアクション起こして試合を動かそう」と檄を貰った日本は、初戦同様後半ゴールラッシュを迎えます。49分には、左サイドで大森選手が切り込み、石浦選手と繋ぎ、さらに右に繋ぐと走り込んだ中村選手が右足で決め4点目。守備も3バックのラインが安定して相手の攻撃の芽を摘むと、サイドを起点にチャンスを何度も作ります。66分には、流れるような展開で石浦選手からのクロスを途中出場のDF加藤聖選手が上手くトラップし流し込み5点目。73分、76分と晴山選手が相手DFの背後を奪うと、それぞれ冷静に相手のGKを交わして、さらにPKも決めて7点目を奪います。その後も攻撃の手を緩めない日本は、87分にゲームキャプテンを努めたMF柴田壮介選手のロングパスを、ダイレクトで中村選手が繋ぐと、MF武田英寿選手が中央に折り返し、ボールを受けた晴山選手が見事なロングシュートを決めて8点目。89分には、大森選手が最後を締めくくり、後半攻め続けた日本が9-0で相手を圧倒し勝利を収めました。

いよいよ最終戦は、10日(日)に予選突破を掛けて同じく2連勝中の地元U-18ベトナム代表と対戦します。厳しいアウェイの環境が予想される中、U-18日本代表は大一番を迎えます。

選手コメント

DF #3 山﨑大地 選手(順天堂大学)
本日の試合を振り返り、結果としてチームは勝利しましたが、個人の内容としては納得のいかないプレーでした。映像を見ながら、修正していきたいです。
予想していた通り、最終戦のU-18ベトナム代表との試合は決定戦になると思いますし、完全アウェイの雰囲気の中でどれだけ自分たちがやれるかだと思います。チームコンセプトのベースの部分を無くさず、色々なアイディアを出しつつも、必ず勝利を掴み取りたいです。もっと自分の強みを出していくことと、チーム全体で上手いチームではなく、強いチームを作り上げていきたいです。

DF #15 バングーナガンデ佳史扶 選手(FC東京U-18)
自分はチームの事情により代表を離脱してからの再合流だったので、ベトナムに到着してから気温や湿度に慣れるまで少し時間がかかりました。U-18グアム代表戦からの2日間はチーム全体でミーティングやトレーニングにて良い準備をして試合に臨めたと思います。本日のU-18モンゴル代表との試合は、無失点で終われたことは良かったと思います。しかし、前回の試合に引き続き決めるべきところで決めきれないシーンがあったり、クロスが中と合わないシーンが何度かあったのでそこは修正したいと思います。次のU-18ベトナム代表戦が何より大一番だと思いますので、気を引き締めてチーム一丸となって3連勝して予選突破を決めたいと思います。

MF #7 柴田壮介 選手(湘南ベルマーレ)
初戦で対戦したU-18グアム代表同様、本日のU-18モンゴル代表も相手が引いてきて自分たちが多くボールを持っている中でどうやって得点を取るかにチームとしてフォーカスして試合をしました。個人としては時間がある中での簡単なミスもありましたし、一本のパスの質をもっと精度を上げないといけないと感じました。最終戦は相手も自分たちのペースで繋いできて、一気にカウンターを仕掛けてくると思いますので、今までやってきたようにボールを良い形で奪うことと、攻撃の連携の部分をさらに上げてチームとして勝ってこの遠征を締めくくりたいと思います。

FW #13 晴山岬 選手(帝京長岡高)
初戦と本日の第2戦を終えて、自分たちが目指しているサッカーがやり通せているのは非常にいいと思います。大量得点が取れて、無失点で勝てているのもみんなが集中力を保って戦えていて、チーム状況はとても良いと思います。最終戦も自分たちのサッカーをやれるように全員で一体感を持って戦い、しっかりと予選を突破できるように頑張ります。最終戦もたくさん走って得点して、チームに貢献できるように全身全霊で戦い、AFC U-19選手権2020に繋げます。

スケジュール

AFC U-19選手権2020 予選 グループJ
11月6日(水) 10-0 vs. U-18グアム代表(Thong Nhat Stadium)
11月7日(木) AM トレーニング
11月8日(金) 9-0 vs. U-18モンゴル代表(Thong Nhat Stadium)
11月9日(土) AM トレーニング
11月10日(日) 19:00 vs. U-18ベトナム代表(Thong Nhat Stadium)

※時間は全て現地時間となります。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

AFC U-19選手権2020予選

大会期間:2019/11/06(水)~2019/11/10(日)
会場:ベトナム/Thong Nhat Stadium

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー