JFA.jp

JFA.jp

EN

U-17日本女子代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-17女子 2020年 > 最新ニュース一覧 > U-17日本女子代表候補 男子高校生とのトレーニングマッチを行い、成果と課題を認識

ニュース

U-17日本女子代表候補 男子高校生とのトレーニングマッチを行い、成果と課題を認識

2020年10月29日

U-17日本女子代表候補 男子高校生とのトレーニングマッチを行い、成果と課題を認識

U-17日本女子代表候補は、Jヴィレッジで行っているトレーニングキャンプの3日目となる10月27日(火)、東日本国際大学附属昌平高校と25分×4本のトレーニングマッチを行いました。試合は1-3で敗戦こそしましたが、新型コロナウイルスの影響で海外のチームと対戦ができない中、スピードある男子高校生を相手に、選手は気づきや学びを得る貴重な機会となりました。
翌28日(水)、午後のトレーニング前には、前日に行われたトレーニングマッチの振り返りを、映像を使いながらチーム全員で行いました。試合を通して、チームの成果と課題を共通認識することで、チームとしても個人としても成長に繋げていきます。攻守に分かれ、攻撃陣はシュートを、守備陣はクロスの守備を中心にトレーニングに臨みました。FIFA U-17女子ワールドカップまで残り3ヶ月となりました。トレーニングキャンプは明日最終日を迎えますが、数少ない代表活動の場を大切に、残り1日のトレーニングに励みます。

選手コメント

GK 服部茜汐香 選手(JFAアカデミー福島)
はじめに、たくさんの方々の支えがあって、この良い環境でサッカーができたことにとても感謝しています。私は今回、U-17女子代表候補に初めて招集してもらいました。U-16女子代表の時とは違い、個々がとても成長していて、たくさん刺激をもらいました。さらに、男子高校生との練習試合では、フィジカルやスピードが劣るにも関わらず、みんな落ち着いてプレーしていて、正確なパスで何度もチャンスを作ることができました。しかし、それでも少しのミスが失点に繋がり、勝ち切ることはできませんでした。だからこそ、次の日のトレーニングでは、クロスの対応など数的不利な状況の守備を中心に課題に取り組みました。ワールドカップまでの日数は限られています。その中で、少しでも多くの課題を解決し、ワールドカップで良い結果を残せるようにチーム一丸となって頑張っていきたいです。

DF 小山史乃観 選手(セレッソ大阪堺レディース)
昨日の試合を振り返って、個人としては最初男子のスピードに少しとまどう部分があり、1対1の対応がうまくいかないことがありましたが、徐々にスピードに慣れてきて、奪いきれるシーンが増えたことは良かったです。チームとしては、飛距離のあるロングボールに対してのラインコントロールがうまくいかず、その部分が改善点として残りました。今日の練習では、改善点であったラインコントロールの部分を練習し、ラインの上げ下げのタイミングを共有したので、飛距離のあるロングボールでも対応出来るようになりました。普段とは違うスピードを体感することができたので、この経験を生かして成長していきたいです。

MF 西郡茉優 選手(ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ)
今回のトレーニングマッチでは、このチームのコンセプトであるアグレッシブさと、局面、球際の強さを意識し、またゴール前でのコンビネーションにもトライしました。相手である東日本国際大学附属昌平高校の男子高校生は、スピードもパワーも自分たちよりも上回るチームでしたが、1人1人が対峙した相手に対し、「あらかじめ」予測し、アグレッシブにボールにチャレンジしました。コンビネーションの部分では、トレーニングでやった形を試合の中で表現でき、ゴールに迫ることができました。しかし、ラストパスの精度やシュートを打ち切るという部分で課題が出たので、そこを改善して得点できるようにするためにトレーニングでは、コンビネーションからのシュートをディフェンスがいる状況でやりました。試合でうまく行かなかったシーンも選手同士で話し合いながら改善しました。ワールドカップに向けてチームの中でイメージのすり合わせや、精度を高めて得点を増やしていきたいです。

スケジュール

10月25日(日) PM トレーニング
10月26日(月) AM/PM トレーニング
10月27日(火) AM/PM トレーニング
10月28日(水) AM/PM トレーニング
10月29日(木) AM トレーニング

※一部の選手は26日PMのトレーニングから合流します。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※全チームスタッフ、選手は集合時にSmartAmp法検査を実施します。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一般の方におかれましてはトレーニングの見学は一切できません。
※選手やスタッフによるサイン、握手、写真撮影、プレゼント受け渡し等の対応も自粛させていただきます。
皆さまのご理解とご協力を、よろしくお願いいたします。

※FIFA U-17女子ワールドカップインド2021:2021年2月17日~3月7日(予定)

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー