JFA.jp

JFA.jp

EN

U-17日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-17 2020年 > 最新ニュース一覧 > U-17日本代表 鹿児島県選抜との第1戦に勝利 ~JENESYS2019 青少年サッカー交流大会~

ニュース

U-17日本代表 鹿児島県選抜との第1戦に勝利 ~JENESYS2019 青少年サッカー交流大会~

2020年02月27日

U-17日本代表 鹿児島県選抜との第1戦に勝利 ~JENESYS2019 青少年サッカー交流大会~

JENESYS2019 青少年交流大会 vs. U-19鹿児島県選抜
2020年2月26日(水) キックオフ時間14:00 試合時間80分(40分×2本)
指宿いわさきホテル

U-17日本代表 7-1(前半2-0、後半5-1)U-19鹿児島県選抜

得点
4分 東廉(U-17日本代表)
12分 勝島新之助(U-17日本代表)
47分 青木俊輔(U-17日本代表)
48分 勝島新之助(U-17日本代表)
51分 青木俊輔(U-17日本代表)
54分 福田師王(U-17日本代表)
55分 勝島新之助(U-17日本代表)
73分 失点(U-19鹿児島県選抜)

スターティングメンバー
GK:高橋一平
DF:松田隼風、諏訪間幸成、波本頼、清水和馬
MF:東廉、安田虎士朗、松木玖生、青木俊輔
FW:福田師王、勝島新之助

サブメンバー
GK:黒川雷平
DF:工藤孝太、屋敷優成、チェイスアンリ
MF:藤原健介、豊田晃大
FW:真家英嵩

交代
50分 清水和馬 → 豊田晃大
59分 福田師王 → 真家英嵩
59分 東廉 → 屋敷優成
67分 諏訪間幸成 → 工藤孝太
67分 松田隼風 → 藤原健介
67分 波本頼 → チェイスアンリ

マッチレポート

鹿児島県指宿市でJENESYS 2019青少年交流大会に参加しているU-17日本代表は、2月26日(水)にグループステージ第1戦となる地元鹿児島県選抜との試合(40分ハーフ)を迎えました。
試合前にホテルで行われたミーティングではセットプレーの確認と、ゴール前や球際で闘う姿勢の大切さを選手たちに伝え、試合に臨みました。

試合は開始早々に動きます。前半4分、日本が右サイドを崩し低いクロスを入れると逆サイドのMF東廉選手が合わせ、早くも先制点を奪います。12分にもFW勝島新之助選手がドリブルで中に切り込み、力強いシュートを決めリードを広げます。
鹿児島県選抜もカウンターやサイド攻撃から何度か決定的なチャンスを作りますが得点には至りません。日本も前半間際にDF清水和馬選手のスルーパスから裏に抜け出したFW勝島選手が相手GKと1対1になりますが決定機を決めることができず、前半は2-0で折り返します。

後半の立ち上がりは巻き返しを狙う鹿児島県選抜にゴール前でフリーでシュートを放たれるものの、GK高橋一平選手が体を張ったセーブで失点を許しません。
そのプレーで流れを掴んだ日本は、前線のプレスが機能しはじめ、高い位置でボールを奪うと立て続けに良い形を作ります。47分にはゴール前のこぼれ球をMF青木俊輔選手が押し込み得点を奪うと、直後にはクロスボールに対して打点の高いヘディングでFW勝島選手が得点。51分にはMF青木選手が左足で決めると、直後にも地元鹿児島からの招集となったFW福田師王選手がショートカウンターから抜け出し冷静にゴール。最後はFW勝島選手がドリブルからこの日3点目となるシュートを決め、後半開始から15分で5得点を奪い、試合を決定付けます。
終盤、日本も運動量が落ちスペースが空き始めた所を、鹿児島県選抜にドリブルで切り込まれて失点しますが、7-1で初戦を勝利で飾りました。
翌日(27日)はU-19ラオス代表との第2戦に臨みます。

選手コメント

DF #15 松田隼風 選手(JFAアカデミー福島U18) 
U-19鹿児島県選抜との試合では、練習で取り組んでいたゴール前の質を発揮することができ、7対1で勝利することが出来ました。個人の所では積極的な攻撃参加をし、チャンスを作ることが出来ましたがパスの質が悪かったのでそこを次の試合で直していきたいです。

MF #5 青木俊輔 選手(東福岡高)
初戦の鹿児島県選抜戦は、緊張した部分もありましたが、早い時間に先制点を取れてよかったです。チームとしても練習して来た形からゴールを決めることができていたので、もっと質を高めてコミュニケーションをとり、残り3試合勝ちたいと思います。
個人としても結果にこだわりたいと思います。

MF #8 安田虎士朗 選手(FC東京U-18) 
U-19鹿児島県選抜との試合では、トレーニングからやっていたコミュニケーションをとりながら連動したプレスを試合の中で徐々に合わせることができ、ショートカウンターなどで得点をできる場面が多く、良かったと思います。
攻撃の所では、単純なパスミスが多く、もっとプレーの質にこだわる必要があると感じました。

スケジュール

2月24日(月) AM/PM トレーニング
2月25日(火) AM/PM トレーニング
2月26日(水) 7-1 第1戦 vs 鹿児島県高校選抜U-18(指宿いわさきホテルサッカー場)
2月27日(木) 14:00 第2戦 vs U-19ラオス代表(指宿いわさきホテルサッカー場)
2月28日(金) 14:00 第3戦 vs U-17マレーシア代表(指宿いわさきホテルサッカー場)
2月29日(土) 10:30または14:00 第4戦 順位決定戦(指宿いわさきホテルサッカー場)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

JENESYS2019 青少年サッカー交流大会 概要

日程:2月26日(水)~2月29日(土)
会場:指宿いわさきホテル サッカー場(鹿児島県指宿市)
参加チーム:ASEAN 4ヶ国(カンボジア、ラオス、マレーシア、ミャンマー)、東ティモールのU-17~U-19代表、U-17日本代表、鹿児島県高校選抜U-18、鹿児島ユナイテッドFC U-18の8チーム

U-17日本代表 今後の活動予定

5月24日(日)~5月27日(水) 国内トレーニングキャンプ(福島/Jヴィレッジ)
9月16日(水)~9月22日(火・祝) 第24回国際ユースサッカー in 新潟
10月~12月調整中 海外遠征(未定)
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー