JFA.jp

JFA.jp

EN

U-16日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-16 2020年 > 最新ニュース一覧 > U-16日本代表 SBSカップに向けてJFAアカデミー福島U-18とトレーニングマッチを実施

ニュース

U-16日本代表 SBSカップに向けてJFAアカデミー福島U-18とトレーニングマッチを実施

2020年09月18日

U-16日本代表 SBSカップに向けてJFAアカデミー福島U-18とトレーニングマッチを実施

トレーニングマッチ
2020年9月17日(木) キックオフ時間15:30 試合時間80分(40分×2本)
時之栖スポーツセンター(裾野市)

U-16日本代表 1-1(前半1-0、後半0-1)JFAアカデミー福島U-18

得点
8分 福田師王(U-16日本代表)
82分 失点

スターティングメンバー
GK:宮本流維
DF:溝口修平、杉田隼、土肥幹太、齋藤晴
MF:梶浦勇輝、福井太智、北野颯太、橋本陸斗
FW:福田師王、南野遥海

サブメンバー
GK:森脇真一、齋藤朝陽
DF:田代紘、池谷銀姿郎、植田悠太、行德瑛、石川晴大
MF:山崎太新、楢原慶輝、坂井駿也、大迫塁、髙橋隆大、桒原陸人
FW:内藤大和

交代
20分 土肥幹太 → 池谷銀姿郎
30分 橋本陸斗 → 山崎太新
HT 福田師王 → 大迫塁
HT 溝口修平 → 土肥幹太
HT 宮本流維 → 齋藤朝陽
47分 北野颯太 → 植田悠太
56分 山崎太新 → 桒原陸人
62分 福井太智 → 髙橋隆大
62分 齋藤晴 → 石川晴大
62分 杉田隼 → 行德瑛
67分 大迫塁 → 楢原慶輝
71分 植田悠太 → 田代紘
71分 梶浦勇輝 → 坂井駿也
71分 南野遥海 → 内藤大和

レポート

U-16日本代表は9月16日(水)より静岡県にて活動を行っています。新型コロナウイルスの影響による活動休止期間後、7月のトレーニングキャンプ、8月トレーニングキャンプを経て、今回が3回目の活動となります。
今回は21日(月・祝)、22日(火・祝)に静岡県で行われる2020SBSカップドリームユースサッカーに向け、大会5日前から静岡県に集合し活動を行っています。
例年海外チームを招待して行われるSBSカップ国際ユースサッカーですが、新型コロナウイルスの影響で海外チームの招聘が難しいため、静岡ユース(静岡県選抜)、清水エスパルスユース、ジュビロ磐田U-18、そしてU-16日本代表を加えた4チームの国内大会として実施されます。国際試合ができないU-16日本代表にとっては、大会という真剣勝負の場に参加させて頂き、格上の相手と試合ができる貴重な機会です。

集合翌日の17日(木)、御殿場高原時之栖で活動を行うJFAアカデミー福島U-18とトレーニングマッチを行いました。U-16日本代表は、SBSカップに向けチームとしての一体感や雰囲気作りを意識しながら試合に臨みます。
試合は序盤からU-16日本代表が戦う姿勢を前面に出し、前線から激しい守備を行います。「所属チーム(JFAアカデミー福島)にも、力を示してこい」と森山佳郎監督から送り出されたJFAアカデミー福島所属の齋藤晴選手が素早い出足から相手のパスをインターセプトすると、北野颯太選手が相手DFラインの裏にパスを送り、今回U-16日本代表に初選出された福田師王選手が飛び出した相手キーパーの頭上を抜くループシュートを決め、先制に成功します。
一方、JFAアカデミー福島も、アルビレックス新潟への加入が内定している三戸舜介選手を中心にゴールに迫ります。前半終了間際にもカウンターから決定機を作られますがシュートは枠を外れます。
後半はJFAアカデミー福島の巧みなポゼッションによりボールを奪うことができず、相手のペースになります。54分にはゴール前でフリーになった相手選手にシュートを打たれるも、GKの齋藤朝陽選手が素早い反応でゴールを割らせません。その後も幾度となく決定機を作られ、なんとか耐える展開が続きますが、後半終了間際に力尽きて失点。1対1の引き分けで試合を終了しました。

翌日は、昨年の全国高校サッカー選手権優勝校の静岡学園高とのトレーニングマッチに臨みます。

選手コメント

DF #3 杉田隼 選手(横浜FCユース)
今回新型コロナウイルスの影響がまだある中で、様々な方々のサポートのおかげで代表活動ができていることに感謝しています。
前回のトレーニングマッチで出たチームの課題を共有して試合に臨み、前半はハードワークして良い攻撃や良い守備ができている部分がありましたが、後半に入り一人一人の疲労がたまり前半のようなプレーが出来なくなりました。
後半に入っても前半と変わらずプレーできるように自分がリーダーとなり試合運びなど考えてチームを引っ張っていきたいと思います。
AFC U-16選手権までにチームの課題を改善していき、個人的にも長所を伸ばし短所を克服してレベルアップし、チームを引っ張り勝利に導ける選手になります。

MF #8 北野颯太 選手(セレッソ大阪U-18)
JFAアカデミー福島U-18戦を振り返り、年上の相手に通用する所とまだまだな部分がハッキリとしたいい試合になりました。守備の迫力だったりスライドの速さは通用する手応えはあり、これからも続けていかないといけない部分です。ただ、ずっとあのテンションと強度を90分維持するのは難しいので、もっと自分たちで相手を動かしながらボールを保持する力も必要だと感じました。チームの雰囲気はすごく良かったので次の試合に向けてチーム一丸となって頑張りたいです。

MF #21 桒原陸人 選手(ガンバ大阪ユース)
いつもはU-18日本代表が参加しているSBSカップに、今回はU-16日本代表として参加させて頂ける事にまずは感謝したいです。
昨日は、AFC U-16選手権でのワールドカップ出場権獲得までの4試合をイメージした第1試合目として、JFAアカデミー福島U-18とトレーニングマッチを行いました。
チームとしては後半、守備の時間が長く試合終盤に失点してしまい勝ち切れませんでした。個人としては途中から出場したのですが、そこで試合の流れを変え、結果を残せる選手になりたいと思います。
AFC U-16選手権では前半で負傷などのアクシデントがあるかもしれないのでそういう事も想定して試合に臨んで行きたいです。そして次は静岡学園高とのトレーニングマッチがあります。SBSカップ優勝に向けてチーム全員で戦い、絶対に勝ちたいと思います。

スケジュール

9月16日(水) PM トレーニング
9月17日(木) 1-1 トレーニングマッチ vs JFAアカデミー福島U-18
9月18日(金) PM トレーニングマッチ vs 静岡学園高
9月19日(土) AM トレーニング
9月20日(日) AM トレーニング
2020SBSカップドリームユースサッカー 
9月21日(月・祝) 14:00 準決勝 vs 清水エスパルスユース(@静岡県草薙総合運動場 球技場)
9月22日(火・祝) 11:00 3位決定戦(@静岡県草薙総合運動場 陸上競技場)
13:55 決勝(@静岡県草薙総合運動場 陸上競技場)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※全チームスタッフ、選手は集合時にSmartAmp法検査を実施します。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一般の方におかれましてはトレーニングの見学は一切できません。
※選手やスタッフによるサイン、握手、写真撮影、プレゼント受け渡し等の対応も自粛させていただきます。
皆さまのご理解とご協力を、よろしくお願いいたします。

大会日程:2020年9月21日(月・祝)~2020年9月22日(火・祝)

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー