JFA.jp

JFA.jp

EN

U-16日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-16 2020年 > 最新ニュース一覧 > U-16日本代表 チェコ代表との親善試合第2戦は3-0で勝利

ニュース

U-16日本代表 チェコ代表との親善試合第2戦は3-0で勝利

2020年02月01日

U-16日本代表 チェコ代表との親善試合第2戦は3-0で勝利

国際親善試合
2020年1月31日(金) キックオフ時間14:30(現地時間) 試合時間90分(45分×2本)
Bogazkent(トルコ/アンタルヤ)

U-16日本代表 3-0(前半2-0、後半1-0)U-16チェコ代表

得点
24分 千葉大舞(U-16日本代表)
40分 鈴木大翔(U-16日本代表)
74分 鈴木大翔(U-16日本代表)

スターティングメンバー
GK:宮本流維
DF:竹内諒太郎、土肥幹太、田代紘、手塚樹
MF:楢原慶輝、後藤啓介、坂井駿也、田中侍賢
FW:鈴木大翔、千葉大舞

サブメンバー
GK:松原快晟
DF:植田悠太、齋藤晴
MF:佐藤海空斗、大迫塁、小幡季生、北野颯太
FW:前澤拓城、南野遥海

交代
HT 竹内諒太郎 → 佐藤海空斗
HT 坂井駿也 → 小幡季生
65分 田中侍賢 → 齋藤晴
65分 千葉大舞 → 前澤拓城
77分 後藤啓介 → 大迫塁
77分 鈴木大翔 → 南野遥海

マッチレポート

トルコのアンタルヤに遠征中のU-16日本代表は、1月31日(金)に親善試合の第2戦目となるU-16チェコ代表戦に臨みました。前日のチュニジア戦では退場者が出て数的不利の状況の中、引き分けという結果に終わりましたが、この試合では勝ちを狙います。

試合前にホテルで行われたミーティングでは前日のチュニジア戦を映像で振り返りました。1人少なくなりながらも、運動量でカバーできた点はポジティブに捉え、さらに相手をもっと観察してプレーすることやDFの対応など改善点も確認しました。

試合は、序盤は静かな展開が続き、両チームともチャンスを作れないまま時間が経過します。
試合が動いたのは前半24分、相手のライン間でボールを受けたMF楢原慶輝選手が前を向いて縦にスルーパスを送ると、抜け出してGKと1対1になったFW千葉大舞選手がゴールに流し込み、日本が先制します。33分にはFW鈴木大翔選手のポストプレーからチャンスを作り、最後はMF田中侍賢選手が決定機を迎えますが、決めることが出来ません。
追加点は前半40分。カウンターのロングボールが相手DFの頭を超えると、FW鈴木大翔選手が独走。一度は相手DFに追いつかれるものの、うまく背中で相手DFを押さえながら、飛び出しかけたGKの頭上を超すループシュートを決め、前半を終えます。

後半に入り、テンポの良いパスワークとクイックネスで上回る日本が何度も良い形を作ります。後半29分には途中出場のMF佐藤海空斗選手のパスを足元で受けたFW鈴木大翔選手が、この日2点目となる強烈なミドルシュートを決め、3-0とリードを広げます。
一方のチェコ代表は、国内キャンプを経て前日夜にトルコ入りした影響か、徐々に疲労が見え始めます。日本はその後も、サイドを駆け上がったDF齋藤晴選手がGKと1対1のチャンスを作り、直後にはFW前澤拓城選手のミドルシュートが相手ゴールのポストを叩くなど、終盤だけで4回ほど立て続けに決定機を迎えますが、追加点は奪えず試合終了。3-0で第2戦を終えました。

U-16日本代表は明日のインターバルを挟み、再度U-16チェコ代表と2月2日(日)にもう一度試合を行います。

選手コメント

MF #11 楢原慶輝 選手(サガン鳥栖U-15)
今日の試合では1試合目よりも自分達が意図的にボールを動かすことができ、チャンスを多く作ることが出来たと思います。しかしそこで決めきる決定力やフィニッシュの質はまだまだ全体で求めていく必要があると思います。自分は今日の試合でキャプテンをやらせてもらってチームを引っ張る立場だったと思うので、もっとチームが良くなるように色々なことを呼びかけていきたいです。次の試合も良いところは続けて改善するところはもっと良くして、良い試合にしたいです。

FW #15 前澤拓城 選手(大宮アルディージャU15)
今回、U-16日本代表に初選出されて、とても嬉しく思います。
なかなか出来ないフィジカルの強い海外選手と対戦しましたが、得意のポストプレーなどの通用したところは自信にし、そうでないところは今後の課題として、しっかり取り組んでいきたいと思います。
そして、対戦相手からも素晴らしいチームメイトからもメンタル的なところ、技術面全てを吸収して帰りたいと思います。

FW #17 鈴木大翔 選手(ガンバ大阪ジュニアユース)
今日の試合ではテンポよくボール回せる場面が多くありました。
その中で先制点を奪い追加点などを取れたことは大きかったと思います。
しかしボールロストなどミスも多くボールの失い方が悪かったり、決定機がたくさんあったもののフィニッシュの質のところが低かったのでチームとしても個人としても高めてきたいです。まだあと2試合があるので少しでも課題を改善していき、少しでもレベルアップできるようにしたいです。

スケジュール

1月28日(火) PM トレーニング
1月29日(水) AM/PM トレーニング
1月30日(木) 1-1 第1戦 vs.U-16チュニジア代表
1月31日(金) 3-0 第2戦 vs.U-16チェコ代表
2月1日(土) AM トレーニング
2月2日(日) 14:30 第3戦 vs.U-16チェコ代表
2月3日(月) AM トレーニング
2月4日(火) 10:00 第4戦 vs.U-16チュニジア代表

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

国際親善試合 ~トルコ遠征~

日程:2020年1月30日(木)~2020年2月4日(火)

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー