JFA.jp

JFA.jp

EN

U-15日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-15 2020年 > 最新ニュース一覧 > U-15日本代表候補 トレーニングキャンプ最終日は紅白戦を実施

ニュース

U-15日本代表候補 トレーニングキャンプ最終日は紅白戦を実施

2020年12月04日

U-15日本代表候補 トレーニングキャンプ最終日は紅白戦を実施

11月30日(月)より千葉県の高円宮記念JFA夢フィールドで国内トレーニングキャンプを行っている、U-15日本代表は、最終日となる12月3日(水)に紅白戦を実施しました。
今回の遠征を通し、自分を表現しこの機会で積極的にアピールすることの重要性を伝えられた選手たちは、高いモチベーションをもって今回のキャンプの山場となる紅白戦に臨みます。
トレーニングマッチは37名の選手を3チームに分け、30分×3本の三つ巴戦の形で行われ、球際での激しい奪い合いや、気持ちのこもったプレーが随所に見られます。また少ない時間ながらも、選手同士がお互いに要求し合い、主体的にコミュニケーションを図る姿も印象的でした。また各選手がしっかりと自分の長所をアピールし、収穫のある紅白戦となりました。
今回参加した選手の多くは中学3年生の選手が多く、来年から新しいチームに行く選手も少なくありません。森山佳郎監督からは、来年新しいチームに入ってもすぐにレギュラーを取れるように、日常から努力してほしいこと、また来年上旬開催予定のAFC U-16選手権(FIFA U-17ワールドカップ出場権がかかったアジア最終予選)に臨む、一つ上のカテゴリーのU-16日本代表への飛び級招集も目指してほしいという話がされました。
選手たちには、今回の代表活動で得た刺激を糧に、所属チームでのさらなる奮起と活躍が期待されます。

監督・選手コメント

森山佳郎 監督
本来なら今年の2月にチームが立ち上がり、3月のスペイン遠征でイングランドやブラジル、スペインなどの強豪国と対戦できるチャンスがあったのですが、新型コロナウイルスの世界的流行で残念ながら中止となりました。
今年いっぱいは世界大会の予選が行われる年代以外の活動は見送られる公算が強かったのですが、各方面からの実現して欲しいという要望と、たくさんの方々の陰の努力、ご尽力のおかげで、U-15日本代表国内キャンプを実現することが出来ました。
3泊4日の短いキャンプでしたが、5回のトレーニングセッションと10回のミーティングを行い、技術・個人戦術面、心構え、メンタル面など様々な角度から選手を刺激することが出来ました。
またスタッフには元日本代表の川口能活GKコーチにも全日程参加してもらい、選手たちは4日間の活動を通して目をキラキラさせ意欲的、積極的に取り組んでくれました。
この年代は特徴ある個性的な選手も多く、サイズのある選手やドリブル仕掛けの武器を持った選手など、1学年上のチーム(U-16日本代表)に入れてみたい選手も複数名いました。
早生まれで既に高校生の選手も4名参加していますが、大半の選手は来年はクラブのユースチームや高校へカテゴリーを一つ上げる選手が多い中、一刻も早く試合出場機会をつかんで、成長の速度を速めて欲しいと思います。
今回の本活動の実現は非常に難しかったのですが、所属クラブのスタッフの皆様、学校の先生方、保護者の方々のご理解とご協力のおかげでキャンプを行うことが出来ました。この場をお借りして心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。
選手たちも周りの方々への感謝の気持ちを忘れることなく、このキャンプをきっかけに意識、取り組む姿勢(日常)を変え、大きく成長して欲しいと思っています。

GK 西方優太郎 選手(横浜FCジュニアユース)
今回のキャンプに呼んでいただいたことをとても嬉しく思います。
全日程が終わり、全国トップレベルの人達とサッカーをして自分にあるものないもの、吸収するべきものなど、足りないものが分かり、自分はまだまだと再確認することが出来ました。自分の武器が通用することもわかりましたが、自分のレベルと現在地が分かりました。分かった上で危機感を感じました。自分よりうまい人達がいる限り自分は代表では活躍できないからです。だからこそもう負けません。負けないための練習、試合をひとつひとつ重ねて行きます。
この先自分が1番になるために頭を使い、このキャンプで貰った自分が上手くなるためのヒントを有効活用し、自分の良さを出し続けA代表に繋げて行きます。
最後にこのキャンプに協力して頂いた方々やこのキャンプに送り出してくれた親、自チームに感謝を忘れずに努力を続けて行きます。

FW 石井久継 選手(湘南ベルマーレU-15)
まずは、このコロナ禍の中U-15日本代表候補トレーニングキャンプを開いてくださったこと、素晴らしい環境でサッカーが出来ましたことに感謝します。今回招集されてとても嬉しく思いました。
トレーニングでは、一人一人の個の力がみんな高くて、この中でプレー出来たことがすごく嬉しく楽しかったです。
自分は、チャンスを作ること、点を決めることを意識して取り組みました。
今何が通用するのか、何を改善しなくてはいけないかが分かったので、自チームに帰ってもここからもっと努力して成長していこうと思います。
そして、日本代表メンバーにまた招集されるよう定着出来るよう、自チームに貢献出来るように日頃から強い気持ちを持って、これからも努力します!4日間ありがとうございました。

スケジュール

11月30日(月) PM トレーニング
12月1日(火) AM/PM トレーニング
12月2日(水) AM トレーニング
12月3日(木) AM トレーニング

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※全チームスタッフ、選手は集合時にSmartAmp法検査を実施します。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一般の方におかれましてはトレーニングの見学は一切できません。
※選手やスタッフによるサイン、握手、写真撮影、プレゼント受け渡し等の対応も自粛させていただきます。
皆さまのご理解とご協力を、よろしくお願いいたします。

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー