JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-22日本代表 AFC U23アジアカップ予選に向けて最終調整スタート!楢葉町、広野町から温かいおもてなし

ニュース

U-22日本代表 AFC U23アジアカップ予選に向けて最終調整スタート!楢葉町、広野町から温かいおもてなし

2021年10月23日

U-22日本代表 AFC U23アジアカップ予選に向けて最終調整スタート!楢葉町、広野町から温かいおもてなし

U-22日本代表が参加するAFC U23アジアカップウズベキスタン2022予選がいよいよ開幕します。このチームは、2001年生まれのU-20世代がメインで、2019年にベトナムで開催されたAFC U-19選手権予選に参加して以来、新型コロナウイルスの影響で一度も海外遠征を経験できず、AFC U-19選手権、FIFA U-20ワールドカップも中止となり、新たにパリオリンピック2024に向けて活動を開始していました。2年ぶりとなる待望の国際大会であり、この状況下でもホスト国として、予選突破を目標にこの大会に臨みます。

冨樫剛一監督のもと、9月、10月と急ピッチでチーム作りを進め、今回は所属チームのご理解をいただき、選手23名を招集。1999年生まれのJリーグ選手や大学生から、2004年生まれの高校生まで幅広く6世代が融合したチームとなります。週末にJリーグの試合があることから、各選手の集合タイミングは異なり、22日(金)に集合した選手は9名。激しい雨が降る中での初日となりましたが、いよいよ本番が間近のため、やる気に満ち溢れたトレーニングとなりました。他の選手たちは随時集合し、チームは26日(火)にU-22カンボジア代表、28日(木)にU-22香港代表と対戦します。

今回の予選が無観客で行われることから、試合会場のJヴィレッジに隣接する楢葉町と広野町の中学生(楢葉中学校・広野中学校)より、カンボジア、香港、日本の各チームに寄せ書きのバナーが届きました。練習後にこれを目にした福島県いわき市出身のMF松井蓮之選手(法政大)や、JFAアカデミー福島7期生のDF山原怜音選手(筑波大)がじっくりとコメントに目を通していました。

選手コメント

DF #2 山原怜音 選手(筑波大)
中学・高校とJFAアカデミー福島に在籍していたこともあり、震災の影響で活動自体は静岡県になりましたが、当時もそして現在も富岡町、広野町、楢葉町をはじめとする福島県には特別な想いを抱いています。今大会を通して開催地である福島県の方々ならびに応援していただいている方々に勇気や感動を届けることができるようにチームが一丸となり戦いたいと思います。
(予選では)サイドからのクロスや深い位置への侵入など、目先を変える展開が必要だと思います。ゴールに関わるプレーを意識しているので、チャンスの数を多く増やして、アシスト、得点で貢献していきたいです。

MF #6 松井蓮之 選手(法政大)
まず、コロナ禍で厳しい中、たくさんの方々がご尽力してくださりAFC U23アジアカップウズベキスタン2022予選が無事開かれることに本当に感謝しています。福島は地元なので、本当は多くの方に観に来てほしいですが、残念ながら無観客試合となります。しかし、僕らの活躍から少しでも多くの方々に勇気や希望を届けることができ、結果を出せるよう日本代表としての責任と覚悟を持ち頑張ります。

MF #11 佐藤恵允 選手(明治大)
明治大学で積み重ねてきたことがここにつながりましたし、今までやってきたことが間違いではなかったと思います。初めての国際大会。国を代表して戦う自覚と誇り、責任を持って、学生らしく貪欲にチャレンジしていきたいです。前への推進力を武器としているので、ゴールに直結するプレーや得点で自分を示すことができればと思います。ゴリゴリと、パワーとスピードを持って相手の守備を崩し、守備においても泥臭く守れる、チームのためになるプレーをしたいです。

MF #17 松木玖生 選手(青森山田高)
ここでやれることに感謝して、いるだけでは意味がないと思っているので、日の丸を背負っているからこそ、結果を残したいです。(周りの選手と)しっかりとコミュニケーションを取って、この2試合でアピールできればと思います。(引いてくることが予想される相手に対して)実際にプレーしてみないとわからないですが、ミドルシュートや崩しの部分では上回れると思いますので、焦れずにできればと思っています。

FW #10 LIM Pisoth(リム・ピソット) 選手(U-22カンボジア代表)
歓迎メッセージをいただき、ありがとうございます。中学生の皆さんのメッセージを見て、とても嬉しかったです。温かい出迎えをしていただいたことに感謝します。日本で行われる2試合は勝利を目指して戦います。

GK #1 TSE Ka-wing(ツェ・カ・ウィン) 選手(U-22香港代表)
福島の学生のみなさんが用意してくれたバナーには、応援の言葉がたくさん書かれていて、私たちの心を鼓舞し、力を与えてくれました。福島の気候は寒いかもしれませんが、学生の方々の応援は、監督や選手、スタッフなどチーム全体に大きな温かさとパワーをくれました。地元のみなさんの新たな力に後押しされて、私たちも目標を叶えるべく全力で進んでいきます。

AFC U23アジアカップウズベキスタン2022予選

2021年10月26日(火) 13:00 キックオフ(予定) vs カンボジア代表
2021年10月28日(木) 13:00 キックオフ(予定) vs 香港代表
会場:福島/Jヴィレッジスタジアム

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー