JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン 東京オリンピック初戦は強豪カナダと1-1で引き分ける

ニュース

なでしこジャパン 東京オリンピック初戦は強豪カナダと1-1で引き分ける

2021年07月22日

なでしこジャパン 東京オリンピック初戦は強豪カナダと1-1で引き分ける

7月21日(水)、札幌ドームで行われた東京オリンピック初戦で、日本はFIFAランク8位のカナダ女子代表と対戦し、1-1の同点で勝ち点1を分け合いました。新型コロナウイルス感染拡大の影響により無観客で行われた試合は、日本のキックオフでスタート。張り詰めた緊張感の中、両チームの選手たちの声や迫力あるパスやシュートの音、体が激しくぶつかり合う音が響きました。

試合は思わぬ形で幕を開けました。立ち上がりからカナダの素早いプレッシャーに押し込まれた日本は開始6分、左サイドをニシェル・プリンス選手に突破され、最後は、クリスティーヌ・シンクレア選手に押し込まれて失点。シンクレア選手はこの試合で代表キャップ数「300」を記録したカナダの大黒柱です。
日本は、早い段階で修正を試みます。2トップの一角で先発し、厳しくマークされていた岩渕真奈選手が2列目に下がってボールを受け、ポゼッションを安定させながら攻め手を探ります。しかし、相手陣内では世界トップクラスのセンターバックの一人、カデイシャ・ブキャナン選手を中心とした堅守に、連動した攻撃は影を潜めます。
9分には三浦成美選手がミドルシュートを放ち、右サイドをオーバーラップした清水梨紗選手のクロスに塩越柚歩選手が飛び込みますが、惜しくも合わず。左右両サイドが流動的にポジションを変えるなど、攻撃の糸口を探りましたが、ミスも多く、リズムを掴めないまま前半を折り返します。

 
流れを変えたのは、後半からピッチに立った田中美南選手でした。長谷川唯選手のアーリークロスをペナルティエリア内で受けたところで田中選手とGKステファニー・ラビ選手が交錯。このプレーにはVARが適用され、判定の結果、日本がPKを獲得。しかし、キックはGKラビ選手に止められてしまいます。
決定的なチャンスをものにできなかった日本は、60分にはあわや2失点目という場面でしたが、ここはオフサイドの判定。一つのミスが失点に直結する緊張感の中、高倉麻子監督は62分に遠藤純選手、76分には杉田妃和選手を投入。左サイドに変化が生まれ、日本にペースを引き寄せます。
その後もカナダの強固な守備に苦しんだ日本ですが、粘り強く攻撃を続けた末に、ついに決定機が巡ってきました。
84分、絶妙にコントロールされた長谷川選手のロングボールに、ハーフウェーラインから長い距離を走って抜け出した岩渕選手が、GKの位置を確認して右足を一閃。ボールはゴール右隅に吸い込まれました。
エースの起死回生のゴールで、チームは再び活気づきます。その後も両者2点目を目指し、8分のアディショナルタイムも緊迫した展開が続きましたが、スコアは動かずタイムアップ。
初戦の難しさの中、追う展開で貴重な勝ち点「1」を得た日本。決勝トーナメント進出に向けた大一番となる第2戦の相手は、初戦でチリに2-0で勝った英国です。今大会は、初戦で優勝候補のアメリカがスウェーデンに0-3で敗れるなど、波乱を予感させるスタートとなりました。同じく優勝候補の一角・英国との第2戦は、再び札幌ドームで24日(土)19:30キックオフです。

監督・選手コメント

高倉麻子 監督
大変な中でのオリンピック開催になりましたが、私たちの初戦を迎えることができました。ご尽力くださった皆様に感謝の気持ちを伝えたいと思います。初戦は「勝ち点3を取りに行こう」と話して試合に入りましたが、早い時間帯に失点して硬い雰囲気もあり、うまく攻撃が組み立てられませんでした。後半は修正して日本のリズムになる時間帯も多く、粘り強く選手が戦う中で、岩渕がエースの仕事をしてくれました。勝ち点1を取れたことをプラスに捉え、私たちは一戦一戦成長していきたいと考えているので、次はもっといい試合ができるように準備をして、全力で戦っていきたいと思います。


DF #4 熊谷紗希 選手(FCバイエルン・ミュンヘン/ドイツ)
立ち上がりに失点したことが試合を難しくしてしまい、初戦の難しさを改めて感じました。失点シーンは、センターバックが引き出されるその前の段階で防ぐことができたと思います。ただ、簡単な試合が一つもないことは分かっていましたし、勝ち点1を取れたことは次に繋がって良かったです。ここから中2日で修正できることは多くないかもしれませんが、それでもできることをやって、勝ち点3を取りにいきます。

MF #6 杉田妃和 選手(INAC神戸レオネッサ)
早々の失点で、自分たちが思っていた以上にやりにくい流れになってしまったと思いますが、失点シーンや、その後もどこで戦っているのか、ベンチから見ていて歯がゆいシーンがありました。もっと自信を持ってボールを動かせると思うし、攻撃面でもできることがあったと思います。英国戦はもっといい形を作りたいですし、自分たちが戦うべきところで戦えるように、いい準備をしていきたいです。

FW #10 岩渕真奈 選手(アーセナル/イングランド)
立ち上がりの失点で、時間は十分ありましたし、「やってきたことをやり続けようよ」と声をかけました。自分だけでなく(熊谷)紗希を中心にいろいろな選手が声を出してピッチで盛り上げていましたし、無観客は寂しいですが、その分ベンチからのパワーを感じました。ゴールの場面は事前のスカウティングが生きましたし、(スタッフも含めた)全員の気持ちが乗ったゴールだったと思います。結果には悔しさもありますが、次は勝利を日本の皆さんに届けたいです。

FW #11 田中美南 選手(INAC神戸レオネッサ)
前半は相手のディフェンスラインが硬くて、ゴール前のシーンが作れませんでしたが、後半はスペースが空いてくると思ったので狙っていました。PKの場面は岩渕さんと話して、自分はPKから逃げたくなかったし、「決めてやる」という強い思いがありました。自分が決めていれば勝てた試合だと思います。この結果を受け止めて、勝ち点1を取れたことをポジティブに考えて次の試合に臨みたいです。

第32回オリンピック競技大会(2020/東京)

サッカー競技日程:2021年7月21日(水)~2021年8月7日(土)

大会情報はこちら

アーカイブ
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー