JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン パナマ女子代表戦前日、国立競技場で公式練習を実施

ニュース

なでしこジャパン パナマ女子代表戦前日、国立競技場で公式練習を実施

2021年04月11日

なでしこジャパン パナマ女子代表戦前日、国立競技場で公式練習を実施

国際親善試合・パナマ女子代表戦を翌日に控えた4月10日(土)、なでしこジャパンは試合会場の国立競技場で公式練習を行いました。

パナマ戦の会場となる国立競技場は、「サッカーの聖地」と呼ばれてきた長い歴史に一旦幕を閉じ、改修工事を経て現在の新しい姿で戻ってきました。東京オリンピックでは「オリンピックスタジアム」と呼ばれるこのスタジアムは、女子サッカー競技の決勝戦が行われる会場でもあり、まさになでしこジャパンが目指す場所です。

国立競技場に足を踏み入れたチームは、真新しく美しい外観と上質な絨毯のような芝生にしばし言葉を失い、感動していました。目標である東京オリンピック決勝の舞台で試合ができる喜びを新たに感じながら、少し動けば汗ばむような暖かい陽気の下、チームは11:30から公式練習を開始。真新しい芝の感触を確かめるように、選手たちは丁寧に長短のパス練習を行いました。GKの3選手は、クロスボールの対応やハイボールの処理を入念にチェック。この日の前日にチームに合流した長谷川唯選手も軽快な動きでボールを蹴り、選手同士で互いに声を掛け合いながら綿密なコミュニケーションを取っていました。国立競技場に選手たちの声が響く中、公式練習は冒頭15分をメディアに公開し、それ以降は非公開で練習を続けました。

「パナマ戦の90分間、1秒も気を抜かない。そうしないと、オリンピックの決勝で、あの国立で力を発揮することなんてできない」とミーティングで高倉監督は選手に発破をかけます。「向こう何十年と続いていく新しい国立競技場の歴史で、なでしこが最初の代表戦を戦う。絶対に恥ずかしい試合はできない」と続け、自分たちの力で歴史を切り開いていく決意を新たにしました。

パラグアイ戦に続いて2連勝を目指して戦う国際親善試合・パナマ女子代表戦は、4月11日(日)13:30キックオフ予定です。

監督・選手コメント

高倉麻子 監督
まず遠くパナマから来てくださったパナマ代表チームにお礼を申し上げます。今日国立競技場で練習をさせていただき、素晴らしいスタジアムで試合ができることを、チーム一同喜ばしく思っています。開催に向けてご尽力いただいた皆さまには、本当にお礼を言いたいと思います。仙台からの移動もオリンピックを想定しながら時間を過ごしています。パラグアイ戦の反省やうまくできたことをチームで共有しながら、また少しフレッシュな力も入れて明日の試合に臨みたいと思います。自分たちからアクションを起こし、たくさんの変化を生みながらゴールを目指す姿を楽しんでほしいですし、守備でも球際で負けない部分を強く出してゲームを進めていければと思います。

MF #14 長谷川唯 選手(ACミラン)
久しぶりに日本代表で練習をして、やはりしっくりくるものがあると感じました。もちろんイタリアならではの楽しさもありますが、技術の高い日本の選手や昔から知っている選手とのプレーは楽しいと改めて感じました。イタリアでは体格の優れた選手と試合や練習をしてきたので、今回の国際親善試合や代表活動の中でそういった経験を生かしていきたいです。そしてこれまで通り、皆さんに楽しんでもらえるようなプレーも明日の試合では出したいと思います。

MF #20 林穂之香 選手(AIKフットボール)
パラグアイ戦ではたくさんボールを受けてボールを前に運び、シュートや得点チャンスを作り出そうと入りました。そんなに緊張もせずいつも通りのプレーを出せたと思います。(高倉監督から)「ボールをテンポよくさばいて、試合のテンポを上げてほしい」と言われて入ったので、それも意識していました。 国立競技場ではプレーしたことがなかったのですが、今日は素晴らしいピッチで練習ができました。明日も自分が積み上げてきたものを100%出し切りたいです。

FW #10 籾木結花 選手(OLレインFC)
今回の2試合は1年ぶりの試合ということで、すごく多くの方に支えられているなと感じています。オリンピックまで日数も少なく集まれる機会も少ないので、この短い時間をチームの完成度を上げるために費やしています。パラグアイ戦は、代表のユニフォームに袖を通す責任や誇りを改めて感じる試合になりました。実戦の中でしか成長できない部分もあると思うので、明日の試合やアメリカでのプレシーズン大会でさらに経験を積み上げ、オリンピックに向かっていけたらと思います。

イグナシオ・キンタナ 監督(パナマ女子代表)
まず今回、日本にご招待いただいたことに感謝申し上げます。日本との対戦は選手たちに成長をもたらしてくれるものでありますし、パナマ代表がどこへ向かおうとしているのかが、明確になる試合だと思っています。明日の試合は選手たちに大きなインスピレーションを与えてくれると思います。今回のパナマ代表には経験豊かな選手や若手選手が混在して、ベストメンバーと言えます。ぜひいい試合を皆さんに披露したいと思います。

国際親善試合

なでしこジャパン(日本女子代表)対 パナマ女子代表
開催日:2021年4月11日(日) 13:30キックオフ(予定)
会場:東京/国立競技場

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー